シーサッチャナーライ郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯17度31分2秒 東経99度45分37秒 / 北緯17.51722度 東経99.76028度 / 17.51722; 99.76028

シーサッチャナーライ
位置画像
シーサッチャナーライの位置
情報
タイ語名 อำเภอศรีสัชนาลัย
スコータイ県
地理番号 6405
郵便番号 64130
統計
面積 2,050.511 km2
人口 95,198 人 (2005年)
人口密度 46.4 人/km2
行政
テンプレートを表示

シーサッチャナーライ郡タイスコータイ県にある郡(アンプー)である。

名称[編集]

シーサッチャナーライとは「吉祥なる銀の出るところ」を意味する。旧称チャリエン (ชะเลียง) 、ハートシアオ (หาดเสี้ยว) 。サワンカローク (สวรรคโลก) 、サンカローク (สังคโลก) とも称したが現在はこの名称はサワンカローク郡のものとなっている。

歴史[編集]

ワット・チャーンローム

3世紀頃の人間の形跡もみられる。クメール王朝時代の遺構も見つかっており。タイ族到達以前からの人類の痕跡がある。

スコータイ王朝期には4大ムアン(ムアンルークルワン)の一つとなり、スコータイの副王の統治する町となった。スコータイ王ラームカムヘーンは中国から陶磁器の製法を輸入し、シーサッチャナーライ周辺では陶器産業が盛んになった。また、ラームカムヘーン王はここに仏塔を建て仏舎利を奉納している。スコータイ王リタイは即位するまではシーサッチャナーライの国主であり、即位の後もシーサッチャナーライに寺院など多数建立し現在シーサッチャナーライ歴史公園と呼ばれ残る遺跡を作り上げた。

その後、アユタヤ王朝に帰順したがトライローカナート王の時代の1460年にはサワンカローク(シーサッチャナーライ)の国主は宗主国であったアユタヤに離反し北方のラーンナーに帰順した。その翌年、サワンカロークの国主はチエンマイの国王を連れて、ピッサヌロークやカムペーンペットを得ようとしたが失敗に終わる[1]。この後、このサワンカロークの国主はチエンマイの王に不忠であるとされチエンマイに送られ、ラムパーンの国主が代わりにサワンカロークの国主となった[2]。この後、トライローカナートはサワンカロークを取り返している。

1767年のアユタヤ陥落の際には見捨てられ。後のラッタナコーシン王朝時に町は再建された。そのころは街はハートシアオと呼ばれていたが、1939年に現在の名前に改称された[3]

地理[編集]

南部にはヨム川の形成した台地が広がり、北部には山岳地帯が広がる。

交通は国道101号線が南北に通っており、北はプレー方面と、南はスコータイ方面とつながっている。国道102号線が東に延びておりウッタラディット方面とつながっている。

経済[編集]

郡内の主な産業は農業であり、米の生産が盛んである。

行政区分[編集]

郡は11のタムボンがあり、さらにその下位に148の村(ムーバーン)が存在する。郡内には二つのテーサバーン(自治体)が設置されており以下のようになっている。

  • テーサバーンタムボン(タムボン自治体)・シーサッチャナーライ・・・タムボン・シーサッチャナーライ、タムボン・ターチャイの全体およびタムボン・ノーンオーの一部。
  • テーサバーンタムボン・ハートシアオ・・・タムボン・ハートシアオの一部。

また、郡内には8つのタムボン行政体が設置されている。以下はタムボンの一覧である。

  1. タムボン・ハートシアオ・・・ตำบลหาดเสี้ยว
  2. タムボン・パーギウ・・・ตำบลป่างิ้ว
  3. タムボン・メーサム・・・ตำบลแม่สำ
  4. タムボン・メーシン・・・ตำบลแม่สิน
  5. タムボン・バーントゥック・・・ตำบลบ้านตึก
  6. タムボン・ノーンオー・・・ตำบลหนองอ้อ
  7. タムボン・ターチャイ・・・ตำบลท่าชัย
  8. タムボン・シーサッチャナーライ・・・ตำบลศรีสัชนาลัย
  9. タムボン・ドンドゥー・・・ตำบลดงคู่
  10. タムボン・バーンケーン・・・ตำบลบ้านแก่ง
  11. タムボン・サーラチット・・・ตำบลสารจิตร

外部リンク[編集]

脚注[編集]