ドラゴンフルーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンフルーツ (台湾 嘉義

ドラゴンフルーツ英語:dragon fruit)、またはピタヤ英語:pitaya)は、サボテン科ヒモサボテン属のサンカクサボテン果実を指す。スペイン語ではPITAHAYAと表記し、西語の法則で「H」を発音しない、「Y」がヤ行とジャ行の中間の発音になるため、「ピタジャ」「ピタヤ」と聞こえる。また中米の多くの栽培現場では「ピタジャ」「ピタージャ」と発音されるが、元来の「ピタハヤ」と発音し、「PITAJAYA」(西語では「J」はハ行の発音をする)という表記を用いる地区もある。日本ではピタヤ、またはピターヤとも読書きされる。中国語名は 火龙果(火龍果; ピン音: huǒlóngguǒ)。メキシコおよび中南米原産。日本では果皮が黄色いものを区別してピタヤ(イエローピタヤ)と呼んでいるが、ピタヤは本来サンカクサボテンの果実の総称であり、ドラゴンフルーツとはピタヤをベトナムから輸出する際に中国語の漢字を単に英語にしただけの販売用の商品名である。ベトナムマレーシアなど東南アジア、台湾中国南部とイスラエルなどで主に栽培されている。近年になって、日本においても沖縄九州での農業栽培がされている。

果実の特徴[編集]

果実アボカド程度の大きさと形をしており、表面にサボテン科果実特有の葉のような緑色の突起物がある。果皮は光沢のある鮮やかな赤色が代表的だが黄色のものもある。果肉は白もしくは赤いゼリー状で豊富な果汁を含んでおり、一面に胡麻粒のような黒い種子がある。この種子は取り除かずに果肉ごと食べられるため、果肉を食べたときにキウイフルーツと同じようなショリショリとした食感がある。栄養素は、アルブミン、アントシアン、ブドウ糖、リン酸、ポリフェノール、食物繊維、カロチン、カルシウム、鉄、ビタミンB1・B2、ナイアシン、ビタミンCなどが含まれており、健康食品として注目されている。赤肉種に含まれる色素は天然色素として染料や口紅などに使われ、衣服などに付着すると落ちにくいので注意が必要である。

ホワイトピタヤはほのかな甘味と酸味を持ち、レッドピタヤはホワイトピタヤより甘くほのかな酸味を持つ。イエローピタヤは、ホワイトピタヤやレッドピタヤよりも甘くさっぱりとしていて酸味はない。ピンクピタヤは濃厚な甘味を持ち、一般に出回っているピタヤの中では最も甘い[1]。ゴールデンドラゴンはホワイトピタヤよりも更に薄味と評されており、ミニドラゴンはホワイトピタヤに近い味とされる。

日本では一般的に味が薄い(もしくは無い)と誤解されているピタヤだが、日本で流通しているものの殆どは輸入品であり、これらは日持ちさせるために未熟果の段階で収穫され、収穫後のピタヤはほとんど追熟して糖度を増さない果物なので、その結果として味が薄いという感想を抱く事になる。また、東南アジアでは一番流通量が多く殆どの人が目にするのは白肉種であり、品種改良されていない原種に近いものであったり、未熟なためか果物というより野菜と言った風味の場合がある。固定された品種できちんと樹上で完熟させる管理と施肥をすれば糖度も20度程度と甘くなるのだが、代わりに日持ちがしなくなるために一般市場には流通せず、そうしたものを日本で目にする機会は非常に少ない。

ドラゴンフルーツHylocereus undatus 
ドラゴンフルーツ果肉の赤い品種Hylocereus costaricensis 
ピタヤ(イエローピタヤ) Selenicereus megalanthus 
ドラゴンフルーツの実るサボテン 

園芸植物としてのドラゴンフルーツ[編集]

近年日本では園芸用としてこのサボテンの人気が上がってきており、苗木は標準和名ヒモサボテンではなく「ドラゴンフルーツ」という園芸名で流通している。そのため、果実だけでなくこの品種自体を示す名前として「ドラゴンフルーツ」は広まり始めている。

非常に強壮なサボテンで、寒さに弱い点を除けばこれといって手のかかる事はない。日当たりが良く、水はけの良い土壌に植え付けるだけで誰でも簡単に栽培できる。ただ、自由に成長させると10メートル程にもなる大型サボテンで、新芽も1年で1メートル以上伸びる事がままあるので狭い場所では栽培が困難である。サボテンであるため日光に強いという感覚を持つが、原産地などでは、強すぎる太陽光を遮るような工夫もされている。日本でも温室などで栽培するとまれに日焼けを起こすことがある。

登攀(とうはん)性の植物であるため自立はしないので支柱が必要。1メートル~2メートル以上の大きさに育った株の下垂した枝に花が付くので、1メートルほど上方に伸ばしたら、そこから新たに出た枝を紐で縛って下に誘引(見た目が開いた傘のような感じになる)してやると良い。あまり伸ばしすぎると管理に支障を来たすので、ある程度の大きさになったらそれ以上伸びた部分は切り詰める。

冬に8度以下になる地域では、鉢植えにして室内に取り込んでおけば後は断水気味に栽培すれば越冬可能。霜や雪、凍結に注意すれば枯らすことはまず無い。農薬や化学肥料などは必要とせず、時々有機肥料をやるくらいで良い。ただ、果実を充実させる為には11月ごろと3月頃に追肥してやった方が味の良い物が出来る。

日本では「果実」だけを食するのが普通であるが、原産国では食用サボテンとして「花(蕾)」も「葉肉」も食べられており、捨てるところのない植物として重宝されている。

ミニドラゴンフルーツ[編集]

ミニドラゴンフルーツは、ドラゴンフルーツの矮性品種として販売されているが、実際には別属のサボテンである。石化月下美人という名で販売されている事もある。成長しても20センチ~40センチ程にしかならないので、比較的狭い場所でも栽培可能。栽培方法もドラゴンフルーツとさほど違いが無いが、支柱は使わずとぐろを巻いたような独特な株姿を楽しむ。果実は小さいものの食べることができる。

品種[編集]

日本では販売する側からして非常に大まかな区別しかしていないために、流通しているもののほとんどは正しい品種名が不明。実際には20種類を軽く越える品種が存在し、品種改良により新たな品種も生まれ続けている。

  • 白肉種(Hylocereus undatus)…「ホワイトドラゴン」、「ホワイトピタヤ」などの商品名で販売。栽培が簡単で収穫量も多いため、ドラゴンフルーツの中では最大の生産量を誇る。自家親和性の品種と自家不親和性の品種がある。自家不親和性の品種は他の品種と交配しなければ結実しない。主にアメリカと台湾で品種改良が行われている。
  • 赤肉種(Hylocereus costaricensisHylocereus polyrhizusの2種)…「レッドドラゴン」、「レッドピタヤ」などの商品名で販売。自家不親和性と自家親和性の2種類があり、自家不親和性のものは別の品種を植えなければ実が付かない。
  • 黄皮白肉種(Hylocereus polyhizus)…「ゴールデンドラゴン」という商品名で販売。主にニュージーランド産のものが入ってきている。後述のイエローピタヤとは別物。
  • 黄皮白肉種(Selenicereus megalanthus)…「イエローピタヤ」、「ゴールデンピタヤ」、「イエロードラゴン」などの商品名で販売。主にコロンビア産のものが入ってきている。これは前述のゴールデンドラゴンとは別属のSelenicereus属の果実で、Hylocereus属の物とは果実の形が異なる。自家親和性だが人工授粉した方が実の付きが良くなる。学術的には、この種を他のドラゴンフルーツと同属の(Hylocereus megalanthus)として扱う場合もある。
  • 桃肉種…「ピンクドラゴン」という商品名で販売。日本で交配された品種と海外で交配された品種がある。日本産は白肉種(Hylocereus undatus)と赤肉種(Hylocereus ocanponis:明の明星)の交配種で、一般には今のところはこれ一種類しかないが、この品種を親としていくつかの品種が国内で作られ始めている。桃肉種は最新品種のためまだ一般の流通ルートなどで見かける事はあまりなく、通信販売などでの限定生産がメイン。海外のものは白肉種(Hylocereus undatus)と赤肉種(Hylocereus polyrhizus)の交配種で、数種類が存在する。近年になって岐阜県の農家がアメリカから導入したものが流通している。
  • 橙色皮種(Hylocereus undatus又はHylocereus costaricensisSelenicereus megalanthusの雑種と考えられる)…「オレンジドラゴン」は、果肉の色が白色か桃色、又は赤色であり、味も様々である。しかし、国内外共に選抜されて安定した品種が存在しないため、一般に目にすることは殆どない。また、果実は一般には流通していない。

生態[編集]

ピタヤおよび近縁の属に属している種の生態については、森林性のサボテンであり、また半着生の特殊なサボテンであるためあまりよく知られていなかった。そのため、沖縄県で急速に栽培面積を広げつつあるピタヤの生態調査は急務であった。琉球大学農学部が行った実験によると、ピタヤは、CAM型光合成植物であるが、乾燥帯に生息するサボテンよりも、高温、高湿度、そして低い温度変化で一番CAM性が認められたと記されており、これはピタヤが熱帯地方原産の種であるために森林環境下でも生息できるように適応したものと推測されている。また、同大学が行った二酸化炭素添加実験では、とくに低温下で二酸化炭素添加による二酸化炭素交換速度の上昇がみられた。現在も盛んに研究がおこなわれていく中で、徐々にピタヤに最適な栽培環境が確立されてきている。

脚注[編集]

  1. ^ 商業栽培には適さず、市場に出回らない品種の中には更に糖度の高いものも存在する。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]