ドデカネス諸島の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギリシャにおけるドデカネス諸島の位置

ドデカネス諸島の戦い(ドデカネスしょとうのたたかい)は、イタリア降伏後の1943年9月にイギリス軍を中心とする連合国軍が、エーゲ海にあるイタリア領のドデカネス諸島を攻略し、そこをドイツ占領下にあるバルカン半島に対する反攻の拠点として使用しようとしたことで開始された戦いである。この連合国軍の作戦は失敗に終わり、ドデカネス諸島全体が2ヶ月以内にドイツ軍の手に落ちた。そして、連合国軍は人員や艦船に大きな被害を受けた。1943年9月8日から11月22日まで続いたこの戦いは、戦争中最後の、大きなドイツ軍の勝利であった。

背景[編集]

ドデカネス諸島はエーゲ海の南東部に浮かぶ島々で、伊土戦争以降イタリア領となっていた。イタリア統治下で、戦略的に重要な位置にあるこれらの島は、地中海東部におけるイタリアの領土的野心の中心となった。諸島で最大の島、ロードス島(ロドス島)は、主要な陸軍及び航空部隊の基地となった。良港を持つレロス島は、強固に要塞化された航空基地になり、ムッソリーニは「地中海のコレヒドール」と豪語した。

1941年4月にギリシャが陥落し、5月には連合国はクレタ島を失ったことで、ギリシャ本土と多くの島々はドイツ軍とイタリア軍の占領下に置かれた。最終的に1942年10月に枢軸国が北アフリカでの戦いで敗北すると、この地域に興味を持っていたウィンストン・チャーチルは、ドデカネス諸島に視野を向けた。イギリスはドデカネス諸島とクレタ島攻略作戦を考えた。そして、それは枢軸国から地中海の優れた前線基地を奪うだけではなく、中立国トルコの参戦への圧力を与えるものでもあった。カサブランカ会談において最初の行動許可は得られ、1943年1月27日にチャーチルは計画策定を命じた。

アコレイド作戦 (Operation Accolade) というコードネームがつけられた計画は、3個歩兵師団、1個装甲旅団とその支援部隊によるロードス島及びカルパトス島への直接攻撃であった。強固に防備され、強力なドイツ軍のいるロードス島への上陸は、取りやめになった。計画者が直面した大きな問題は、航空戦力の不足によりドイツ空軍への対抗が困難である、ということであった。さらに、シチリア島への上陸作戦が迫っていたことで、実行はより難しくなった。アメリカはこの作戦に懐疑的であり、この作戦がイギリスの戦後の利益を目的としたものだとみなしており、また、イタリアへの侵攻にとっても不必要な陽動であると考えていた。そうして、アメリカは支援を拒否した。

イタリア降伏の可能性が高まると、1943年8月にイギリスはその好機を利用するため、アコレイド作戦をスケールダウンした作戦の準備を開始した。第8歩兵師団を中心とした部隊が集結を開始し、アメリカにP-38による支援が要請された。しかしながら、ケベック会談でアメリカはイギリスの計画に同意せず、作戦のため集結していた戦力は他の戦線に送られた。それは9月8日のイタリアの降伏の、わずか1週間前のことであった。

初期の連合国とドイツの動き――ロードス島の陥落[編集]

休戦を知らされると、ドデカネス諸島駐留イタリア軍の大半は、連合国と共に戦うか、または本国へ戻ることを望んだ。しかし、主にギリシア本土に展開していたドイツ軍はイタリアの降伏を予期しており、多数の島々を占領するためにアレクサンダー・レーア上級大将 (Alexander Löhr) 指揮下のE軍集団の部隊を急行させた。

ドデカネス諸島において最も有力な部隊は、ウルリッヒ・クレーマン中将 (de:Ulrich Kleemann) 指揮下の突撃師団「ロードス」 (Sturm-Division Rhodos) の7,500名であった。同師団は1943年夏、ロードス島において編成されたが、同島はドデカネス諸島の行政の中心であると同時に、3ヵ所の軍用飛行場を擁しており、連合国とドイツどちらにとっても主要な軍事目標であった。

9月8日、カステロリゾ島のイタリア軍守備隊はイギリス軍の分遣隊に降伏し、数日のうちに連合国海軍の艦艇によって増援が送りこまれた。翌9日、ジェリコー卿 (Jellicoe) を長とするイギリスの使節団が、イタリアの指揮官イニーゴ・カンピオーニ (Inigo Campioni) に対して連合国側に加わるよう説得するために、落下傘でロードス島に降下した。しかし、ドイツ軍はすばやい行動によって先手を取った。同日、イタリア側の決定を待たずに、クレーマンは40,000名からなるイタリア軍に対し攻撃を開始し、11日までに降伏に追い込んだ。

この挫折にもかかわらず、イギリスは他の島、特にコス島サモス島、レロス島の3島の攻略を推し進めた。それらの島を拠点に、イタリアの協力を得て最終的にロードス島に対する効果的な攻撃がおこなえると期待されていたからである。9月10日から17日の間に、イギリス軍第234歩兵旅団とSBS、LRDGが、イギリス海軍とギリシャ海軍艦艇の支援の下でコス島、カリムノス島、サモス島、レロス島、シミ島アスティパレア島を攻略した。これに対してドイツ軍もすぐに行動を開始し、9月19日までにカルパトス島、カソス島およびイタリア占領下にあったスポラデス諸島キクラデス諸島の島がドイツ軍の手に落ちた。9月23日、クレタ島にいたドイツ軍第22歩兵師団のフリードリッヒ=ヴィルヘルム・ミュラー中将 (Friedrich-Wilhelm Müller) に対して、コス島とレロス島の占領が命令された。

コス島の戦い[編集]

コス島の連合国側唯一の飛行場の重要さを認識し、ドイツ空軍は9月18日から島に対する爆撃を始めた。同時に、航空機の増援も到着し始め、10月1日までにこの地域のドイツの作戦機は362機になった。

コス島のイギリス軍は約1500名であった。他に約3500名のイタリア軍がいた。10月3日、ドイツ軍は島への上陸(Eisbär作戦)を成功させ、その日のうちに島の首都の郊外に達した。イギリス軍は夜の内に撤退し、翌日降伏した。コス島の失陥は連合国にとって大きな打撃となった。これにより連合国軍は航空支援を失うことになった。 9月11日のヒトラーによる、捕らえたイタリアの士官は処刑せよ、との命令に従い、10月3日、ドイツ軍は捕らえた島のイタリア軍の指揮官Felice Leggioと111名の士官を処刑した。

レロス島の戦い[編集]

島のイギリス軍は約3000名で、他に8500名のイタリア軍がいた。9月26日から始まった長期間にわたる島に対する爆撃の後、11月12日に海と空から同時にドイツ軍の侵攻(レオパルト (Leopard) 作戦、後にタイフン (Taifun) 作戦)が開始された。ドイツ軍は速やかに島を二つに分断し、連合国軍は11月16日に降伏した。ドイツ軍の死傷者は520名で、イギリス兵3200名とイタリア兵5350名が捕らえられた。

海軍の作戦[編集]

戦いの舞台は多くの島が散在する場所であり、両軍とも増援や補給は海上部隊に頼らざるを得ないため、この戦いでの海軍の役割ははっきりしている。しかし、最初は両軍の海軍の存在は大きくなかった。連合国の艦船の多くは、地中海中央部でイタリアでの戦いの支援に当たっており、一方ドイツはエーゲ海に大きな海軍兵力は有していなかった。しかし、ドイツは優勢な航空兵力を有していて、連合国軍の艦船に多くの損害を与えた。

エーゲ海のドイツ軍の司令官、ヴェルナー・ランゲ中将 (Vizeadmiral en:Werner Lange) は、孤立したドイツ軍への増援や連合国軍に対する作戦を行い、同時にイタリア人捕虜の本土への移送も行っていた。一方、連合国の船はそれらの阻止を行おうとしていた。

9月14日、連合国軍艦船に最初の損失が生じた。ギリシャの潜水艦カトソニス (Katsonis) が駆潜艇UJ2101に体当たりされ沈んだ。9月18日、イギリスの駆逐艦エクリプスフォルクナーとギリシャの駆逐艦ヴァシリッサ・オルガ (Vasilissa Olga) は、スタンパリア島 (Stampalia) 島の近くで、駆潜艇UJ2104と2隻の貨物船からなる船団を全滅させた。9月23日、ロードス島の南で、イギリスの駆逐艦エクリプスがイタリア人捕虜1576名を輸送中の船 Donizetti を沈め、護衛の水雷艇 TA10 を大破させた。1ヵ月後、再びイタリア人捕虜を乗せた貨物船 Sinfra が B-25ボーファイターに沈められた。2389名のイタリア人捕虜が乗っており、そのうち救助されたのは539名であった。

ドイツ空軍も攻撃をおこない、9月26日に、25機の Ju 88 がギリシャの駆逐艦ヴァシリッサ・オルガとイギリスのイントレピッドをレロス島ラッキ湾 (Lakki Bay) で撃沈した。さらにドイツ空軍は、10月1日にはイタリアの駆逐艦エウロを撃沈。10月9日にはイギリスの駆逐艦パンサーを沈め、防空巡洋艦カーライルに修理不能の損害を与えた。


コス島と航空機の支援の喪失後、連合国の海軍はレロス島とサモス島への補給に重点を移した。その活動は主に夜間に行われた。10月22日から24日の間に、カリムノス島の東のドイツの機雷原でイギリスの駆逐艦ハーワース、エクリプスが沈み、ギリシャの駆逐艦アドリアス (Adrias) は艦首を失った。アドリアスはどうにかトルコへ逃れ、そこからアレクサンドリアへ向かった。

11月10日から11日の夜、イギリスの駆逐艦ペタードロックウッドとポーランドの駆逐艦クラコヴィアック (Krakowiak) はカリムノス島を砲撃し、イギリスの駆逐艦フォルクナーは、レロス島攻撃のためドイツ軍が集結していたコス島を攻撃した。だが、25隻の小艦艇に護衛されたドイツの船団は、無事に11月12日にレロス島に到着した。続く夜、連合国の駆逐艦はドイツ船を捜索したが、何も発見できず、レロス島のドイツ軍陣地を攻撃したに留まった。11月16日にレロス島が陥落すると、連合国の艦艇は撤退した。

この時までにドイツ軍は誘導爆弾 Hs 293 を搭載する Do 217 の部隊を配備していて、11月11日にイギリスの駆逐艦ロックウッド大破、その二日後にダルヴァートン撃沈という戦果をあげた。

一連の戦闘で、連合国は1隻の巡洋艦、6隻の駆逐艦、2隻の潜水艦などを失った。

その後[編集]

レロス島の陥落後、サモス島や他の小さな島は放棄された。ドイツ軍はサモス島に対して Ju 87 による爆撃を行い、2500名のイタリア軍は11月22日に降伏した。ドイツ軍は11月18日にパトモス島、フルニ島、イカリア島を占領し、これでドデカネス諸島はすべてドイツ軍が占領した。そして、戦争の終わりまで保持していた。このドデカネス諸島の戦いは、マーケット・ガーデン作戦を除くと第二次世界大戦における、イギリス陸軍の最後の大きな敗北であり、また、ドイツ軍最後の勝利の一つである。ドイツの勝利は主に制空権を保持していたことによる。ドイツの航空部隊は連合国軍、特に艦艇に大きな損害を与え、ドイツ軍は効果的に部隊の補給、支援が可能となった。

参考文献[編集]

  • Jeffrey Holland (1988). The Aegean Mission: Allied Operations in the Dodecanese, 1943. United Kingdom: Greenwood Press. ISBN 978-0-313-26283-8. 
  • Anthony Beevor (1991). Crete, The Battle and the Resistance. United Kingdom: John Murray (Publishers). ISBN 0-7195-6831-5. 
  • Peter Schenk (2000). Kampf um die Ägäis. Die Kriegsmarine in den griechischen Gewässern 1941-1945. Germany: Mittler & Sohn. ISBN 978-3-8132-0699-9. 
  • Anthony Rogers (2007). Churchill's Folly: Leros and the Aegean — The Last Great British Defeat of World War II. Athens: Iolkos. ISBN 978-960-426-434-6. 

外部リンク[編集]