ティグレ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国内におけるティグレ州の位置
ティグレ州の旗

ティグレ州Tigray Region)は、エチオピアチグレ州ともいう[1]。人口4,334,996人、面積50,078km²。州都はメケレ英語版

地理[編集]

エチオピア最北部に位置し、北部をエリトリアに、東部をアファール州に、南部をアムハラ州に接する。

歴史[編集]

アクスム王国の故地である。

旧ティグレ州をほぼ引き継ぎ、1995年民族ごとに州が再編された際、ティグレ人を中心とする地域で作られた。

1998年に州内のバドメの街の帰属を巡ってエチオピア・エリトリア国境紛争が起き、現在も冷戦状態が続いている

住民[編集]

民族[編集]

人口構成は、ティグレ人(96.55%)、アムハラ人(1.63%)、Irob(0.71%)、アファール人(0.29%)、アガウ人英語版(0.19%)、オロモ人(0.17%)、クナマ人(0.07%)。

宗教[編集]

宗教は、エチオピア正教(95.6%)、イスラム教(4%)、カトリック教会(0.4%)、P'ent'ay[2](0.1%)。

世界遺産[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 資源開発環境調査・エチオピア連邦民主共和国-独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構,{{{1}}} (PDF) ,P6,2011-02-08閲覧。
  2. ^ アムハラ語で「プロテスタント」の意味。
  3. ^ Abeba Aregawi: a new champion in new colours” (2013年8月15日). 2013年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。

関連項目[編集]