オロミア州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国内におけるオロミア州の位置
オロミア州の旗

オロミア州(Oromia Region)は、エチオピア。エチオピアの中央部から南部にかけて位置し、エチオピアの11州中最大の人口・面積を持つ。人口26,553,000人、面積353,632km²。州都はアダマ。公用語はオロモ語。1995年民族ごとに州が再編された際、オロモ人が多数を住める地域をまとめて組織された。

北西部をベニシャングル・グムズ州、北部をアムハラ州、北東部をアファール州、東部をソマリ州およびディレ・ダワ自治区、南部をケニア、南西部を南部諸民族州、西部をガンベラ州およびスーダンと接する。また、州中央部にアディスアベバ自治区、州東部にハラリ州が存在する。

1995年、バレ州、ハラルゲ州、イルバボール州、カファ州、シェワ州、シダモ州、およびウォールガ州からオロモ人多数地域を分離して作られた。

民族構成はオロモ人(87.8%)、アムハラ人(7.22%)、グラジェ人[1](0.93%)。宗教は47.5%がイスラム教、30.5%がエチオピア正教、17.7%がプロテスタント、3.3%が伝統宗教である。

脚注[編集]

  1. ^ Sebat Bet GurageSoddo GurageSilt'eを含む。

関連項目[編集]