ジェームズ・ギャンドルフィーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ガンドルフィーニ
James Gandolfini
James Gandolfini
本名 James Joseph Gandolfini Jr.
生年月日 1961年9月18日
没年月日 2013年6月19日(満51歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ウエストウッド
死没地 イタリアの旗 イタリアローマ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
配偶者 Marcy Wudarski (1999-2002)
デボラ・リン (2008-)

ジェームズ・ガンドルフィーニJames Joseph Gandolfini Jr., 1961年9月18日 - 2013年6月19日 )は、アメリカ合衆国俳優

来歴[編集]

ニュージャージー州出身。身長185センチ、体重120キロと大柄。ラトガース大学を卒業後、ニューヨークの舞台でキャリアを積む。

ブロードウェイ・デビューは1992年のジェシカ・ラング主演『欲望という名の電車』。また同年、『刑事エデン/追跡者』で殺人の容疑者になるイタリア系のチンピラ役で映画デビュー(彼自身もイタリア系である)。

トゥルー・ロマンス』で注目されて以降、多数の話題作に主に悪役で出演する。『ザ・メキシカン』への出演は共演のジュリア・ロバーツからの推薦によるもの。

1999年から放送されたテレビドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』の主人公トニー役が絶賛され、エミー賞(3回)、ゴールデングローブ賞、俳優組合賞などで主演男優賞を受賞。

2013年6月19日イタリアシチリアタオルミーナで開催される第59回タオルミーナ映画祭に出席するため滞在していたローマ心臓発作のため急死した。51歳[1]。死後に公開された『おとなの恋には嘘がある』で第20回全米映画俳優組合賞助演男優賞をはじめ、様々な映画賞にノミネートされ、第34回ボストン映画批評家協会賞では助演男優賞を受賞した。

私生活[編集]

1999年に結婚し、男児が誕生するが、2002年12月に離婚。2年後、映画監督助手のローラ・ソモーザと婚約した[2]。しかし翌年婚約解消が報道された[3]。2008年には元モデルのデボラ・リンと婚約した[4]

サックスの演奏が特技。


出演[編集]

映画[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1991 ラスト・ボーイスカウト
The Last Boy Scout
クレジットなし
1992 刑事エデン/追跡者
A Stranger Among Us
トニー
1993 ビッグ・マネー・ブルース
Money for Nothing
ビリー・コイル 日本劇場未公開
トゥルー・ロマンス
True Romance
ヴァージル
最高の恋人
Mr. Wonderful
マイク
1994 愛に気づけば…
Angie
ヴィニー
ターミナル・ベロシティ
Terminal Velocity
ベン・ピンクウォーター
1995 アメリカの贈りもの
Le nouveau monde
ビル
クリムゾン・タイド
Crimson Tide
ボビー・ドガーティ大尉
1996 ゲット・ショーティ
Get Shorty
ベアー
陪審員
The Juror
エディ
NY検事局
Night Falls on Manhattan
ジョーイ
1997 シーズ・ソー・ラヴリー
She's So Lovely
キーファー
12人の怒れる男 評決の行方
12 Angry Men
陪審員6番 テレビ映画
ペルディータ
Perdita Durango
ウッディ
真夜中のサバナ
Midnight in the Garden of Good and Evil
クレジットなし
1998 悪魔を憐れむ歌
Fallen
ルー
マイ・フレンド・メモリー
The Mighty
ケニー・ケイン
シビル・アクション
A Civil Action
アル・ラヴ
1999 8mm
8mm
エディ・ポール
2001 ザ・メキシカン
The Mexican
ウィンストン
バーバー
The Man Who Wasn't There
ビッグ・デイヴ・ブリュースター
2002 ラスト・キャッスル
The Last Castle
ウインター大佐
2004 恋のクリスマス大作戦
Surviving Christmas
トム・ヴァルコ 日本劇場未公開
2006 ロスト・ストーリー
Lonely Hearts
チャールズ・ヒルダーブラント 日本劇場未公開
オール・ザ・キングスメン
All the King's Men
タイニー・ダフィ
2007 ロンリーハート
Lonely Hearts
チャールズ・ヒルダーブランド
2009 サブウェイ123 激突
The Taking of Pelham 1 2 3
ニューヨーク市長
かいじゅうたちのいるところ
Where the Wild Things Are
キャロル 声の出演
ロストガール
Welcome to the Rileys
ダグ・ライリー 日本劇場未公開
みんなのしらないセンダック
Tell Them Anything You Want: A Portrait of Maurice Sendak
本人役
2011 天使の処刑人 バイオレット&デイジー
Violet & Daisy
マイケル
2012 ジャッキー・コーガン
Killing Them Softly
ミッキー
ゼロ・ダーク・サーティ
Zero Dark Thirty
レオン・パネッタ
2013
The Incredible Burt Wonderstone
ダグ・ムーニー

Nicky Deuce
Bobby Eggs テレビ映画
おとなの恋には嘘がある
Enough Said
アルバート 第34回ボストン映画批評家協会賞助演男優賞受賞
2014
The Drop
Cousin Marv

テレビシリーズ[編集]

日本語題
原題
役名 備考
1999-2007 ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア
The Sopranos
トニー・ソプラノ 主演

CM[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]