サブウェイ123 激突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サブウェイ123 激突
The Taking of Pelham 1 2 3
監督 トニー・スコット
脚本 ブライアン・ヘルゲランド
デヴィッド・コープ(ノンクレジット)
原作 ジョン・ゴーディ
サブウェイ・パニック
製作 トッド・ブラック
トニー・スコット
ジェイソン・ブルメンタル
スティーヴ・ティッシュ
製作総指揮 バリー・ウォルドマン
マイケル・コスティガン
ライアン・カヴァノー
出演者 ジョン・トラボルタ
デンゼル・ワシントン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 トービアス・シュリースラー
編集 クリス・レベンゾン
製作会社 レラティビティ・メディア
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
エスケイプ・アーティスツ
スコット・フリー・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 SPE/コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年6月12日
日本の旗 2009年9月4日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1億ドル[1]
興行収入 1億5016万6126ドル[1]
テンプレートを表示

サブウェイ123 激突』(サブウェイひゃくにじゅうさん げきとつ、原題: The Taking of Pelham 1 2 3)は、2009年アメリカ映画ジョン・ゴーディの小説『サブウェイ・パニック』を原作としており、1974年版、1998年版に続いて3回目の映画化となる。

あらすじ[編集]

午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバーは、ペラム発1時23分の電車「ペラム123号」が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダーと名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。無線を通じて彼らと粘り強い交渉を続け、人質の解放と事件解決を図る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウォルター・ガーバー デンゼル・ワシントン 石塚運昇
ライダー ジョン・トラボルタ 山路和弘
カモネッティ警部補 ジョン・タトゥーロ 諸角憲一
フィル・レイモス ルイス・ガスマン 後藤哲夫
ジョン・ジョンソン マイケル・リスポリ 天田益男
市長 ジェームズ・ガンドルフィーニ 池田勝
デルガドー ラモン・ロドリゲス 西健亮
ジョージ アレックス・カルジュスキー 川野剛稔
ウォレス ベンガ・アキナベ 林和良
ラサール ザック・プール 根本泰彦
テレーズ・ガーバー アーンジャニュー・エリス 斎藤恵理
エムリ Robert Vataj 新田英人
バシュキン ヴィクター・ゴイチャイ 中西としはる
役員モラン J・バーナード・キャロウェイ 鈴森勘司
ジェリー・ポラード ゲイリー・バサラバ 町田政則
スターマン 金子由之
監督 伊井篤史
ステイリー 堂坂晃三
少女 中司ゆう花
母親 片貝薫
少年 タルタエリ
ニュースリポーター 足立友

Blu-ray/DVD[編集]

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントよりBlu-ray DiscDVDがリリースされている。

  • サブウェイ123 激突 ブルーレイ(1枚組、2010年2月17日発売)
  • サブウェイ123 激突 DVD(1枚組、2010年2月24日発売)

イベント[編集]

2009年8月20日、デンゼル・ワシントンが来日。都営地下鉄一日運輸司令所長に任命され、都営地下鉄大江戸線国立競技場駅でアナウンスを日本語で披露した。また、都営12-000形1編成に当映画のラッピングを施して運行された。

脚注[編集]

  1. ^ a b The Taking of Pelham 1 2 3 (2009)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]