デジャヴ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デジャヴ
Déjà Vu
監督 トニー・スコット
脚本 テリー・ロッシオ
ビル・マーシリイ
製作 ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 マイク・ステンソン
チャド・オーマン
テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
バリー・ウォルドマン
出演者 デンゼル・ワシントン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 ポール・キャメロン
編集 クリス・レベンゾン
製作会社 ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ
配給 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年11月22日
日本の旗 2007年3月17日
上映時間 127分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $75,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $64,038,616[1]
世界の旗 $180,557,550[1]
テンプレートを表示

デジャヴ』(原題: Déjà Vu)は、2006年に製作されたアメリカ映画。ハリケーン・カトリーナで壊滅的な打撃を被ったニューオリンズを舞台にしている。プロデューサーは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを手掛けたジェリー・ブラッカイマー、監督はトニー・スコット

2007年8月3日Blu-ray DiscDVD発売。Blu-ray Disc版、DVD版ともに本編の他に特典映像も収録。特典内容は共通で、各シーンのメイキングを収録。さらに、監督によるコメンタリ付きの未公開シーンや追加シーンも収めている。

あらすじ[編集]

2006年2月28日マルディグラの日、ニューオリンズのカナルストリートで543名もの犠牲者を出す大規模なフェリー爆発事故が発生。現場を捜査した結果、爆発がテロによるもので、爆発現場の近くで発見された女性の死体が、殺人によるものだということも判明した。

アメリカ連邦捜査機関ATFのダグ・カーリンは、FBI特別捜査班への協力を要請される。そこで“スノーホワイト”と名付けられた監視システムにより記録された4日と6時間前の映像を見せられる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ダグ・カーリン(ATF捜査官) デンゼル・ワシントン 大塚明夫
クレア・クチヴァー(爆発の被害者) ポーラ・パットン 安藤麻吹
ポール・プライズワーラ(FBI捜査官) ヴァル・キルマー 木下浩之
キャロル・オースタッド(テロの犯人) ジム・カヴィーゼル てらそままさき
アレクサンダー・デニー博士 アダム・ゴールドバーグ 鉄野正豊
ガナース エルデン・ヘンソン 櫻井章喜
シャンティ エリカ・アレキサンダー 鈴木佳由
ジャック・マクレディ(FBI捜査官) ブルース・グリーンウッド 谷口節
アビー エル・ファニング 根本圭子
ラリー・ミヌーティ(ATF捜査官) マット・クレイヴン 水内清光
ケヴィン・ドネリー(ATF捜査官) マーク・フィンニー 後藤敦
スタルハス(捜査官) リッチ・ハッチマン 清水明彦
クレアの父 エンリケ・カスティーロ 世古陽丸

スタッフ[編集]

評価[編集]

批評家の感想は賛否両論だった。Rotten Tomatoesでの平均は55% (5.9/10)。[2]映画サイトMetacriticでの32人のプロの評論家の平均も59点。[3] ABCニュースのJoel Siegelは、映画の技術面では「よくできている」が、タイムトラベルの科学的説明は「お馬鹿で退屈」と評した。[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Deja Vu (2006)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年11月29日閲覧。
  2. ^ Deja Vu Movie Reviews, Pictures - Rotten Tomatoes”. Rottentomatoes.com. 2008年10月20日閲覧。
  3. ^ Deja Vu (2006): Reviews”. Metacritic. CNET Networks, Inc. (2006年). 2008年10月12日閲覧。
  4. ^ Siegel, Joel (2006年11月22日). “Joel's Thanksgiving Weekend Movie Guide”. ABC News. http://abcnews.go.com/Entertainment/JoelSiegel/story?id=2673530 2008年10月12日閲覧。 
  5. ^ Dargis, Manohla (2006年11月22日). “Deja Vu (2006) After a Big Bad Boom, Clues Lead Anywhere, Even Back in Time”. The New York Times. 2008年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]