システム防護隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
システム防護隊
創設 2005年(平成17年)3月28日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 諸職種混成
兵種/任務/特性 対クラッキング
所在地 東京都 新宿区
編成地 市ヶ谷
上級単位 通信団
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

システム防護隊(しすてむぼうごたい、JGSDF System Protect Unit:SPU)は陸上自衛隊通信団の隷下部隊であり、陸上自衛隊の電算機システムをサイバー攻撃から防護すること及びサイバー関連情報に関する調査研究を主たる任務とする。所在は市ヶ谷駐屯地2000年(平成12年)に発生した中央省庁ホームページ改竄事案を機に設立された部隊である。

沿革[編集]

  • 2001年(平成13年)1月:e-japan戦略における防衛庁(当時)の施策として陸上自衛隊通信団にサイバーテロ対処部隊を編成することを決定
  • 2003年(平成15年)3月:準備組織としてシステム防護技術隊を編成
  • 2005年(平成17年)3月28日:システム防護技術隊をシステム防護隊に改編

部隊編成[編集]

  • 隊本部
  • 防護隊
  • 技術隊
歴代の隊長
氏名 在任期間 前職 後職
システム防護技術隊長(1等陸佐(三))
1 伊藤豊 2003.3.26 - 2005.3.27 通信保全監査隊監査隊長 関東補給処情報処理部長
システム防護隊長(1等陸佐(二))
1 伊東寛 2005.3.28 - 2007.3.31 第1電子隊 退職[1]
2 鈴木勉 2007.4.1 - 2009.3.31 技術研究本部技術開発官(陸上担当)付
第6開発室長
装備実験隊副隊長
3 武藤吉昭 2009.4.1 - 2011.8.1 開発実験団本部計画科長 退職・陸将補
4 蔦末真 2011.8.1 - 2014.3.22 東北方面通信群 研究本部主任研究開発官
5 大澤 満 2014.3.23 - 陸上幕僚監部装備部通信電子課

脚注[編集]

  1. ^ 工学博士、退職後はシマンテックの総合研究所首席アナリストとして再就職の傍ら、予備役ブルーリボンの会副代表、日本文化チャンネル桜コメンテーターを務め、現在は情報セキュリティ企業「ラック」の「サイバーセキュリティ研究所」所長

関連項目[編集]

外部リンク[編集]