情報サービス産業協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一般社団法人 情報サービス産業協会(じょうほうさーびすさんぎょうきょうかい, JISA)は、日本を代表するシステム・インテグレータや有力ソフトウェア開発企業、シンクタンクを中心として、主要な情報サービス企業734社で構成する業界団体である。1984年に、(社)日本情報センター協会と(社)ソフトウェア産業振興協会の両協会が合併して発足した。

2007年5月29日、業界最大手であるNTTデータの元代表取締役社長 浜口友一が7代目新会長に就任した。

活動内容[編集]

業界各社の経営や技術の高度化、国際交流、社会全般における情報化の推進等、高度情報化社会の実現をとおして社会に貢献することを目的とし、次のような活動をしている。

  • (1) 情報サービス産業の振興に関する調査研究
  • (2) 情報関連技術の研究開発の促進
  • (3) ソフトウェアの開発及び利用の促進
  • (4) 情報サービス産業に関する国際交流の促進
  • (5) 情報サービス産業に係る行政施策に関する建議
  • (6) その他前条の目的を達成するために必要な事業

歴代会長[編集]

第6代会長[編集]

棚橋康郎(たなはし やすろう)(新日鉄ソリューションズ代表取締役会長)

略歴は以下のとおり。

  • 1941年 岐阜県生まれ
  • 1963年 慶應義塾大学経済学部卒業
  • 1963年 富士製鐵(現・新日本製鐵)入社
  • 1995年 新日本製鐵取締役エレクトロニクス情報通信事業部長
  • 1997年 新日本製鐵常務取締役
  • 2000年 新日鉄情報通信システム代表取締役社長
  • 2001年 新日鉄ソリューションズ代表取締役社長
  • 2003年 新日鉄ソリューションズ代表取締役会長
  • 2005年 情報サービス産業協会会長(第6代)

棚橋は会長就任に際してマスコミのインタビューに応え、「情報交換や経営者間の懇親が目的の全てでは、いわば仲良しクラブ。経営者が貴重な時間を割いて参加し、加盟するには、本来の目的に立ち戻らなければならない。」と苦言を呈している。

外部リンク[編集]