カリロエ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリロエ
Callirrhoe
S1999j1.jpg
軌道の種類 パシファエ群
発見
発見日 1999年10月6日
軌道要素と性質
平均公転半径 24103000km
離心率 (e) 0.2829
軌道周期 758.77 d (2.1 a)
軌道傾斜角 (i) 152.818°(黄道に対して)
147.167°(木星赤道面に対して)
近日点引数 (ω) 30.477°
昇交点黄経 (Ω) 89.00°
木星の衛星
物理的性質
半径 ~8.6 km
アルベド(反射能) 0.04 (推測)
■Project ■Template

カリロエ英語:Callirrhoe、確定番号:Jupiter XVII)はパシファエ群に属する木星の第17衛星1999年10月6日アリゾナ大学の小惑星探査プロジェクト、スペースウォッチによって発見されたが、小惑星として報告され、国際天文学連合から小惑星の仮符号1999 UX18が与えられた。

その後2000年7月18日に、同じくアリゾナ大学のティモシー・スパールによって木星の衛星であることが確認され、衛星の仮符号 S/1999 J 1 が与えられた。

ギリシア神話の、オーケアノステーテュースの娘カリロエーに因んで命名された。

カリロエの直径は約8.6 kmで、軌道長半径は2436万6030 km、公転周期は776.543335日である。黄道面に対する軌道傾斜角は約141°、木星の赤道面に対する軌道傾斜角は約132°である。離心率は約0.2644である。

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]