S/2003 J 15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

S/2003 J 15 は、木星衛星の一つ。スコット・S・シェパード(Scott S. Sheppard)率いるハワイ大学の天文学者チームが2003年に発見した。

S/2003 J 15 の直径は約2kmで、軌道長半径は2272万1000km、公転周期は699.676日である。離心率は約0.0932であり、軌道傾斜角黄道面に対して142°、木星の赤道面に対して109°である。

S/2003 J 15 は、木星から1930万kmと2270万kmの間の距離を変則的な逆行軌道で公転し、軌道傾斜角が150°前後の衛星のグループであるアナンケ群の最も外側の天体である。

関連項目[編集]