テーベ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テーベ
Thebe
Thebe.jpg
(画像はガリレオ探査機から、2000年1月4日)
仮符号・別名 S/1979 J 2
Jupiter XIV
分類 木星の衛星
軌道の種類 木星内部衛星群
発見
発見日 1979年3月5日
発見者 スティーヴン・P・シノット
ボイジャー1号
軌道要素と性質
平均公転半径 221,900 km (0.001483 AU)
[[近点・遠点|近点]]距離 (q) 218,000 km (0.00146 AU)
[[近点・遠点|遠点]]距離 (Q) 226,000 km (0.00151 AU)
離心率 (e) 0.0177
公転周期 (P) 0.6745日 (16時間11.3分)
軌道傾斜角 (i) 3.12°(横道面)
0.90°(木星の赤道)
物理的性質
直径 96 km (110×90 km)
表面積 33,500 km2
質量 1.5×1018kg
平均密度 1.45g/cm3
表面重力 ~0.040m/s2
脱出速度 ~0.063km/s
アルベド(反射能) 0.047
赤道傾斜角
表面温度 ~124K
大気圧 0
■Project ■Template

テーベ英語:Thebe、確定番号:Jupiter XIV)は、木星衛星の1つ。内側から4番目の衛星。木星の4つの内衛星の1つ。仮符号はS/1979 J 2。

1979年にアメリカのスティーヴン・P・シノット(Stephen P. Synnott、サイノットの表記もあり)が発見した。

ギリシア神話の川の神アーソーポス(Asopos)の娘で、大神ゼウスアンティオペーの息子ゼートスの妻となったニンフテーベーに因んで命名された。

木星からの平均距離は22万1887 km、公転周期と自転周期はともに13時間。直径は約100 kmで、直径40 kmほどの大きなクレーターがある。

関連項目[編集]