メティス (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メティス
Metis
Metis.jpg
撮影:ガリレオ探査機
発見
発見日 1979年3月4日
発見者 スティーヴン・P・シノット
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 128,000 km (1.792 RJ)[1][2]
近木星点距離 (q) 127,974 km[3]
遠木星点距離 (Q) 128,026 km[3]
離心率 (e) 0.0002[1][2]
軌道周期 0.294780 d (7 h 4.5 min)[1][2]
平均軌道速度 31.501 km/s[3]
軌道傾斜角 (i) 0.06°(木星赤道面に対して)[1][2]
木星の衛星
物理的性質
三軸径 60×40×34 km³[4]
半径 21.5 ± 2.0 km[4]
体積 ~42,700 km³
質量 3.6 ×1016 kg[3]
平均密度 0.86 g/cm³(仮定上)
表面重力 0.005 m/s² (0.0005 g)[3]
脱出速度 0.012 km/s[3]
自転周期 7h 4.5m
アルベド(反射能) 0.061 ± 0.003[5]
赤道傾斜角 0[4]
表面温度 ~123 K
■Project ■Template

メティス英語:Metis、確定番号:Jupiter XVI)は、木星アマルテア群衛星の中で最も内側の軌道にある衛星。

1979年ボイジャー1号によって発見され、S/1979 J3という仮符号が付けられた。メティスという名前に公式に変更されたのは1983年である。ゼウスの最初の妻でありアテーナーの母であるギリシャ神話ティーターンの1人、メーティスに因んで命名された。

メティスは木星のの中にあり、またほぼ同じ物質でできていると推測されているため、環の素になっているかもしれないと推測されている。木星の自転周期の中にあり、潮汐力の影響を受けるため、その軌道は徐々に縮小している。木星のロシュ限界の中にあるが、十分に小さいため潮汐力の影響で破壊されることはない。

小惑星帯に同じ名前の天体、メティスがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Evans, M.W.; Porco, C.C.; Hamilton, D.P. (2002). “The Orbits of Metis and Adrastea: The Origin and Significance of their Inclinations”. Bulletin of the American Astronomical Society 34: 883. http://adsabs.harvard.edu/abs/2002DPS....34.2403E. 
  2. ^ a b c d Burns, J.A.; Simonelli, D.P.; Showalter, M.R.; Hamilton, D.P. (2004), "Jupiter’s Ring-Moon System", in Bagenal, F.; Dowling, T. E.; McKinnon, W. B., Jupiter: The planet, Satellites and Magnetosphere, Cambridge University Press, http://www.astro.umd.edu/~hamilton/research/preprints/BurSimSho03.pdf
  3. ^ a b c d e f Calculated on the basis of other parameters
  4. ^ a b c Thomas, P.C.; Burns, J.A.; Rossier, L.; et al. (1998). “The Small Inner Satellites of Jupiter”. ICARUS 135: 360–371. doi:10.1006/icar.1998.5976. http://adsabs.harvard.edu/abs/1998Icar..135..360T. 
  5. ^ Simonelli, D.P.; Rossiery, L.; Thomas, P.C.; et al. (2000). “Leading/Trailing Albedo Asymmetries of Thebe, Amalthea, and Metis”. ICARUS 147: 353–365. doi:10.1006/icar.2000.6474. http://adsabs.harvard.edu/abs/2000Icar..147..353S. 

関連項目[編集]