カルメ群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルメ群(カルメぐん、英語:Carme group)は木星衛星のグループである。

軌道長半径が平均2340万4000km 、軌道傾斜角が165.2±0.3度、離心率が(1個の例外を除き)0.238~0.272の、境界が明瞭ではないグループである。カルメがこのグループ最大の衛星で、全体の質量のほとんどが集中している。各衛星の軌道半径長と傾斜角がほぼ同じであることから、1個の母衛星から衝突・分離して形成され、母衛星はカルメと同程度のサイズであったと推測されている。また、色指数より、起源の推測もなされている。

確実にこのグループに属するのは15個であり、2個の衛星がこのグループに属する可能性がある。

グループに属する衛星

グループに属する可能性がある衛星