テルクシノエ (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テルクシノエ
Thelxinoe
視等級 (V) 23.5
発見
発見日 2003年2月9日
発見者 スコット・S・シェパード
デービッド・C・ジューイット
ジャン・クレイナ
ブレット・J・グラッドマン
ジョン・J・カヴェラース
ジャン=マール・プティ
リン・アレン
軌道要素と性質
平均公転半径 21,162,000 km (0.14146 AU)
離心率 (e) 0.2206
軌道周期 628.03 日 (1.719 年)
軌道傾斜角 (i) 151.417°
木星の衛星
物理的性質
平均直径 2 km
質量 ~1.5×1013 kg
平均密度 2.6 (?) g/cm3
表面重力 ~0.00081 m/s2 (0.002 g)
アルベド(反射能) 0.04
■Project ■Template

テルクシノエ英語:Thelxinoe、ギリシア語 : Θελξινόη、確定番号:Jupiter XLII)は木星衛星である。

発見[編集]

テルクシノエは2003年2月9日に撮影された画像から、スコット・S・シェパード率いるハワイ大学の天文学者チームが2004年に発見し、当初はS/2003 J 22という仮符号が与えられた。発見は国際天文学連合回報(IAUC)8276号で発表された[1]2005年3月30日に、国際天文学連合(IAU)によって公式にテルクシノエと命名された。ギリシア神話テルクシノエは、何人かのギリシアの作家によると元々の4人のムーサの1人であり、ゼウス(木星)とムネモシュネとの間に生まれた娘である。

軌道の特徴[編集]

テルクシノエの木星からの平均距離は2116万2000kmであり、公転周期は628日43分である。離心率は0.2206であり、軌道傾斜角黄道面に対して151.417°、木星の赤道面に対して103°である。公転方向は惑星の自転方向と逆行している。

テルクシノエは、木星から1930万kmと2270万kmの間の距離を変則的な逆行軌道で公転し、軌道傾斜角が150°前後の衛星のグループであるアナンケ群に属している。

物理的特徴[編集]

テルクシノエの直径は2kmと非常に小さく、密度は2.6g/cm³と推定されている。主にケイ酸塩岩から構成されている可能性がある。表面は非常に暗く、アルベドは0.04である。すなわち、入射した日光の4%しか反射しない。見掛けの等級は23.5等で極めて暗い。

関連項目[編集]