S/2010 J 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
S/2010 J 2
分類 木星の衛星
軌道の種類 アナンケ群
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 2030万7150 km
離心率 (e) 0.307
公転周期 (P) 588.82 日
(1.61 年)
軌道傾斜角 (i) 150.4 °
木星の衛星
物理的性質
直径 約1 km
発見
発見年 2010年
発見者 Christian Veillet
■Project ■Template

S/2010 J 2 は、木星の衛星である。

S/2010 J 2 は、2010年9月7日に撮影され、2011年6月1日に公表された衛星である。直径が1kmの小さな岩塊であると推定され、木星から2031万km離れたところを、1.6年かけて公転する。アナンケ群に属すると考えられている。

関連項目[編集]

出典[編集]