エアチェック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エアチェック: Aircheck) は、テレビラジオ放送番組録画録音して楽しむこと、またその録画・録音した媒体の意味で使われる言葉。

かつて日本では、AM放送よりもFM放送の音質が良いことから、FMチェックと呼ばれる事も多かった。1990年代後半により音質がCD並みのCS-PCM音声放送が登場してからは再び「エアチェック」と呼ばれるのが普通である。

概要[編集]

本来はコマーシャルが契約通り放送されているか提供者が視聴検査することをいったが、日本では特に視聴者(聴取者)が気に入った番組やアーティストなどをビデオテープカセットテープCD-RMDDVDBlu-ray Discなどに記録する時に「エアチェックする」という表現がよく使われている。

FM放送のエアチェック[編集]

1970年代の音楽媒体はアナログレコードが主流であったが、日本ではこの時期にコンパクトカセットが広く普及し、レコードを買い揃えるよりFM放送の音楽番組をエアチェックするほうが安価になったうえ、カセットテープの性能も向上して音質的にも満足できる状況となった。このため、複数のFM情報誌が販売され、それを参考にエアチェックすることが盛んに行われていた。

また、オーディオマニアは番組全体をオープンリールPCMプロセッサーを接続したビデオデッキで録音し、そこから必要な曲だけをカセットにダビングするような方法を採る場合もあった。

しかし、レンタルレコード業の登場で手軽に目当ての曲のレコードを借りることができるようになり、またレコードから直接カセットテープに録音することで音質も更に向上させることが可能になったことなどから、1980年代に入りカセットテープやFM放送よりも音質の良いCDの普及が進んでいく中で、エアチェックは次第に廃れ始めた。 さらに、エアチェックの基礎となる「番組表で楽曲編成」が困難な電撃テレフォンジョッキーを中心とするリクエスト番組の構成が(J-WAVEなどで)話題を博したり、楽曲にディスクジョッキーの曲紹介をかぶせる放送の手法が主流となってきた事等から、1990年代前半にはFM放送のエアチェックの需要が急速に無くなっていき、多くのFM情報誌も廃刊や休刊を余儀なくされた。