アンドレ・ベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレ・ベルト
Andre Berto 2010.jpg
アンドレ・ベルト(2010年)
基本情報
本名 アンドレ・マイク・ベルト
(英: Andre Mike Berto)
通称 マイク
(Mike)
階級 ウェルター級
身長 174cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハイチの旗 ハイチ
誕生日 1983年9月7日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州
マイアミウィンターヘブン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 29
KO勝ち 22
敗け 3
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
世界ボクシング選手権
2003 バンコク ウェルター級

アンドレ・ベルトAndre Berto、男性、1983年9月7日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーハイチ系アメリカ人。元WBC世界ウェルター級王者。元IBF世界ウェルター級王者。

両親はハイチからの移民[1]。父親は藤原組に参戦経験のあるデュセル・バットであり、同い年の兄ジェームズ・ベルトと妹レヴィナ・ベルトはプロの総合格闘家である。

人物[編集]

  • 趣味は、ケーブルテレビのフード・ネットワークを見ながら友人に電話をしたりメールを送ること[2]
  • 試合当日は、ココアバターを体に塗って、戦闘映画を見て闘争心を高める習慣がある[2]

来歴[編集]

幼少期[編集]

1983年9月7日に、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミに、父親デュセルの元で生まれる。10歳のときにポリス・アスレチクリーグ・ジムに入門させられる[2]。このジムに入門したことで、全米警察運動連盟の主催するボクシングの大会に出場することになる。父親は非常に頑固で厳格な人物であり、反抗すると腕立て伏せ500回を命じるほどだった[2]。また、ロードワークにも必ず車で同行していた[2]。10代後半の頃から、生計を立てるため、地元のウィンターヘブンにある「14Kジュエリー・アウトレット」という宝石店に勤め始める。その後8年間勤務し、辞める頃には店長にまでなっていた[2]

アマチュア時代[編集]

2001年、全米選手権に出場するが2回戦で敗退する[3]ナショナル・ゴールデン・グローブライトミドル級(71kg)で出場し優勝した[4]

2002年、全米選手権に出場し決勝で敗退する[5]。ナショナル・ゴールデン・グローブにライトミドル級(71kg)で出場するが準々決勝で敗退した[6]。この階級は今大会をもって廃止された。

2003年、全米選手権に出場、準決勝でティモシー・ブラッドリーから勝利するも決勝で敗退した[7]。ナショナル・ゴールデン・グローブにウェルター級(69kg)で出場し、決勝でティモシー・ブラッドリーを破り優勝を果たした[8]。同年、タイのバンコクで開催された2003年世界ボクシング選手権大会にウェルター級(69kg)出場。準々決勝でダレン・バーカーを破るが、準決勝でロレンソ・アラゴン(キューバの旗 キューバ)に判定負けを喫し、銅メダルを獲得した[9]。勝ったアラゴンはこの大会で優勝した。

2004年アテネオリンピックには両親の生まれたハイチ代表としてウェルター級に出場したが、1回戦で判定負けした。最終的にアマチュア戦績は160戦を越えた。

プロボクサー時代[編集]

2004年12月4日、プロデビュー。本人によれば、神経の集中の持続が妨げられるため、スウィング・バウトが嫌いだったという。試合はベルトが相手を3回TKOで沈め勝利した。

2005年5月6日、アメリカ合衆国コネチカット州マシャンタケットフォックスウッズ・リゾート・カジノでティム・ヒムス(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦、ともに4戦全勝同士で迎えた一戦はベルトが初回わずか130秒で相手を倒し5勝目となった。

2006年には7試合行い全てKO勝利を挙げた実績が評価されESPNから新鋭賞が授与された。また2007年5月19日の試合で勝利した事で14連続KOをマークした。

2007年7月27日、コスモ・リベラ(メキシコの旗 メキシコ)とウェルター級10回戦で対戦。6Rにダウンを奪われるが、それ以外は試合を完全にコントロールし判定決着となったが、3-0の大差の判定で相手を下し危なげない勝利を収めた。自身の連続KO記録は14でストップした。本人によれば、この試合が一番危なかったらしい[2]

着実にキャリアアップしていき地域タイトル挑戦前の戦績は19戦19勝(16KO)。KO率=84%をマーク。

2007年9月29日、NABF北米ウェルター級王座決定戦でデビッド・エストラーダ(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦、立ち上がり相手の強烈なプレスを前に押され気味となるが3回には打ち合いを演じペースを奪還、中盤には相手も徐々に疲れの色を見せ始め8回にはボディブローを当てピンチに陥れるも相手も意地を見せダウンを拒否、しかし疲労とダメージが深い相手はベルトの右アッパーを貰いダウンなんとか立ち上がるもそのままレフリーストップ、11回TKO勝ちで王座を獲得した。また、WBCIBF世界王座挑戦権を獲得した。

2008年2月9日、米国・カリフォルニア州テメキュラのペチャンガリゾート&カジノで元欧州王者で世界挑戦の経験もあるマイケル・トラバント(ドイツの旗 ドイツ)と対戦、スピード、パワーで相手を明白に上回り徐々に防戦一方の展開となっていき5回には右ストレートで顔面をとらえ6回にも続け様にコンビネーションを決め続けた。試合は6回終了後のインターバルでトラバント陣営がギブアップして試合終了、6回終了TKO勝利によりNABF王座の初防衛に成功した。

世界王座獲得[編集]

2008年6月21日、当時、WBC世界ウェルター級タイトルを保持していたフロイド・メイウェザー・ジュニアが引退を機に空位となった王座をランキング2位のミゲール・ロドリゲス(メキシコの旗 メキシコ)とWBC世界ウェルター級王座決定戦で対戦、初回から正確な左右のパンチを駆使しペースを牽制そのままペースが一方的になっていき6回に左で強烈なコンビネーションをお見舞いし7回にダウンを2つ追加した所で試合ストップ7回TKO勝ちで全勝(21戦21勝)のまま世界王座を獲得した。

2008年9月27日、カリフォルニア州カーソンホーム・デポ・センター(現スタブハブ・センター)にて、元IBFスーパーフェザー級王者のスティーブ・フォーブスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、ベテランの巧みなディフェンス技術に手を焼く場面もあったが、全体的に手数を多く出していきダウンこそなかったものの大差の判定で勝利し初防衛に成功した[10]

2009年1月17日、ミシシッピ州ビロクシのボーリヴァージュリゾート&カジノで元WBA世界ウェルター級王者のルイス・コラーゾアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦、リッキー・ハットンを苦しめた元王者に苦戦を強いられるも激闘の末3-0の僅差判定勝ちでクロスゲームを制し2度目の防衛に成功した。

2009年5月30日、IBF世界ジュニアウェルター級王者ファン・ウランゴコロンビアの旗 コロンビア)と対戦、序盤から持前のスピードとテクニックを使い終始挑戦者の攻撃を空転させていき自分は強いパンチを1発当てたらすぐに引くという器用さも見せ試合が終われば3-0の大差判定勝ちで3度目の防衛に成功するとともにウランゴの2回級制覇を阻止した。

2010年1月30日、WBA王者シェーン・モズリーアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と王座統一戦を行う予定であったが[11]、1月12日のハイチ地震で自身の親族にも影響が出るなど試合ができるコンディションではないとして辞退を申し入れ、試合は消滅した[1]

2010年4月10日、フロリダ州サンライズバンクアトランティック・センターにて元WBOウェルター級王者カルロス・キンタナプエルトリコの旗 プエルトリコ)と対戦、自身の試合間隔が空いてしまい約11ヶ月ぶりのリングとなったが立ち上がりはサウスポー相手に若干のやり難さを見せるも、途中から被弾覚悟で果敢に攻めていきペースを掴むと中盤以降も離す事なく試合を進めていき、8回に一気に集中攻撃を浴びせた所で試合は止まり、8回TKO勝ちで4度目の防衛に成功した[12]

2010年11月27日、ネバダ州ラスベガスMGMグランドにてファン・マヌエル・マルケスvsマイケル・カティディスのアンダーカードに登場し、同級10位のフレディ・ヘルナンデス(メキシコの旗 メキシコ)と対戦、試合は初回127秒で相手を沈めワンパンチで試合を決める速攻劇を見せ5度目の防衛に成功した[13]

2011年4月16日、同級5位のビクター・オルティスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦、強打者同士の一戦は予想を超える熱戦でダウン応酬の展開が続く激しい試合となった。まずはスタートから飛ばしていた挑戦者が初回終了間際にダウンを奪い、負けじと次の回に王者も右を当て返し挑戦者からダウンを奪った、その後もスタートダッシュで息切れしだした相手に徐々に王者がパンチを当てていき6回には強烈な右を当て2度目のダウンを奪う、ダメージが深いと見るや一気に攻め込むもラウンド終了間際にオルティスが左フックを当て逆にダウンを奪い返したその後も試合はどちらが勝つかわからない展開となっていき両者残された体力を精一杯使い乱打戦を繰り広げるも最後は判定へ結果終盤失速した王者がポイントを落とし0-3の判定で破れ、6度目の防衛に失敗し、WBC世界ウェルター級王座から陥落した[14][15]

2011年9月3日、再起戦のリングがいきなりの世界戦となりIBFウェルター級王者のジャン・ザベック(スロベニアの旗 スロベニア)との世界タイトルマッチを行い、5ラウンド終了後、右目を負傷したザベック側のセコンドからストップが掛かりここで試合がストップ、5回終了TKOによりIBF世界ウェルター級王座を獲得した[16]

2011年11月、ビクター・オルティスと再戦を優先するため、IBF世界ウェルター級王座を返上した。

2012年4月16日、ビクター・オルティスとの再戦が発表されたが[17]、自身が薬物検査で陽性反応を示した問題があったため試合は中止、オルティスは代わりにホセシート・ロペスと対戦する事となった[18]

2012年11月24日、上記の理由があったためしばらくリングから遠ざかっていたが、1年振りとなる試合でWBC世界ウェルター級暫定王者のロバート・ゲレーロアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)に挑み、1Rと2Rにダウンを奪われ0-3(3者とも110-116)の判定負け。復帰戦を白星で飾ることはできなかった[19]

2013年7月27日、米国・テキサス州サンアントニオAT&Tセンターヘスス・ソト・カラスメキシコの旗 メキシコ)と生き残りをかけたサバイバルマッチを行い、しぶとく攻めてくる相手に対し序盤がらペースを掴めず、相手に流れていくという悪循環になっていき6回や7回には自分の所にペースを掴み返すように努めるもソト・カラスの絶え間なく続く攻撃にダメージが蓄積されていき、一矢報いたい王者は11回にボディーショットを放ち相手からダウンを奪う、しかし相手はダメージはあまりなくすぐに反撃にあい、最終回に自身もダウンを喫しなんとか立ち上がったがレフリーが試合終了を宣告した、12回48秒TKOを負けで2連敗となりトップ戦線後退を余儀なくされた[20]

2014年9月6日、約1年ぶりの復帰戦をシンシナティのU.S.バンク・アリーナにて、エイドリアン・ブローナーVSエマニュエル・テイラーの前座でスティーブ・アップシャー・チェンバースと対戦し10回判定勝利を収めた。2連敗の後の約3年ぶりの白星となった。

戦績[編集]

  • プロボクシング:32戦29勝(22KO)3敗

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 地震の打撃深刻 モズリ-ベルト戦中止 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年1月19日
  2. ^ a b c d e f g 「チャンピオン・ファイル アンドレ・ベルト」『ボクシング・ワールド 競馬最強の法則3月号増刊』株式会社ベストセラーズ、平成21年3月20日発行、30頁
  3. ^ US National Championships - Colorado Springs -March 13-17 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  4. ^ 74.US National Golden Gloves - Reno - April 30 - May 5 2001”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  5. ^ Unites States National Championships - Las Vegas -April 2-6 2002”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  6. ^ 75.US National Golden Gloves - Denver - June 18-23 2002”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  7. ^ 113.Unites States National Championships - Colorado Springs - March 24-28 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  8. ^ 76.US National Golden Gloves - Las Vegas - May 26-31 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  9. ^ 12.World Championships - Bangkok, Thailand - July 6-12 2003”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2013年12月1日閲覧。
  10. ^ アンドレ・ベルト フォーブスを下し初防衛 「AFPBB News」 2008年9月28日
  11. ^ モズリーVS.ベルト決まる 1.30ウェルター級統一戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年11月15日
  12. ^ ベルト、キンタナをTKO WBCウェルター級 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年4月11日
  13. ^ 11.27マルケス&ベルト戦リポート ボクシングニュース「Box-on!」 2010年12月1日
  14. ^ ベルトも王座すべる オルティス殊勲! WBC世界ウェルター級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年4月17日
  15. ^ オルティス新王者 ベルト6度目防衛ならず スポニチアネックス 2011年4月18日
  16. ^ ベルト、IBFで復活 ザベックに負傷TKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」 2011年9月6日
  17. ^ オルティス×ベルト2 記者発表 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年4月19日
  18. ^ オルティスはロペスと対戦 ベルトが薬物反応でアウト ボクシングニュース「Box-on!」 2012年5月24日
  19. ^ ゲレロ、ベルトとの肉弾戦制す ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月26日
  20. ^ サーマンがチャベスをKO ベルトは最終回ストップ負け ボクシングニュース「Box-on!」 2012年7月29日

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
フロイド・メイウェザー・ジュニア
第34代WBC世界ウェルター級王者

2008年6月21日 - 2011年4月16日

次王者
ビクター・オルティス
空位
前タイトル保持者
ジャン・ザベック
第16代IBF世界ウェルター級王者

2011年9月3日 - 2011年11月(返上)

空位
次タイトル獲得者
ランドール・ベイリー