アストロガンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アストロガンガー
ジャンル テレビアニメ
放送時間 水曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1972年10月4日 - 1973年3月28日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 新田雅司ほか
原作 鈴川鉄久
脚本 田村多津夫ほか
プロデューサー 松本美樹(CP)、西條克麿、藤井賢祐
出演者 東美江
吉沢久嘉
飯塚昭三ほか
オープニング 「アストロガンガー」(水木一郎コロムビアゆりかご会
エンディング 「進め! アストロガンガー」(コロムビアゆりかご会)

特記事項:
製作:ナック(現:ICHI)宣弘社
テンプレートを表示

アストロガンガー』は、1972年(昭和47年)10月4日から1973年(昭和48年)3月28日まで日本テレビ系で毎週水曜日19時00分 - 19時30分に全26話が放送された、ナック(現・ICHI)宣弘社製作のロボットアニメ

概要[編集]

マジンガーZ』より2か月早く放映が開始された作品で、人が巨大ロボットに入り込んで敵と戦うSFアニメーション番組の先駆けである。

しかし、『マジンガーZ』以降に頻出したいわゆる巨大ロボットアニメーション作品のように主人公が搭乗し操縦するという形ではなく、意思を持つロボット・ガンガーに主人公・星カンタローが融合することで、その能力が最大限に引き出されるという設定である。意思を持った巨大ロボット、主人公と肉体的に融合する巨大ロボットは、それぞれ他に例があるが、双方の設定を兼ね備えた作品は本作のみである。そのため、巨大ロボットアニメの系譜では、類似作品や継承作品がほとんどない独自な位置の作品であり、巨大ロボットアニメ作品の先駆けとして語られる機会は少ない。

また、ガンガーは人語を話し格闘戦を主にして戦うため、ロボットというよりも巨大ヒーロー色が強い。

ただしこの作品は、企画段階では「少年がヘリコプターのような乗り物で巨大ロボットに合体して操縦する」という設定になっていた。ところが具体的な作業に入る段階になってクレームがつき、「メカニックな取り扱いは駄目、ロボットは生きた金属でできた生き物にしろ、合体もメカ的に行うのではなく少年が宙を飛んで行って溶け込むようにしろ」という、いわゆる当時流行りの変身ものにされてしまい、いろいろと考案したメカニズムが全て破棄されてしまったという経緯がある[1]

なお、企画段階では「アストロンジャンボ」という題名だった。[要出典]

あらすじ[編集]

生物の住む惑星の酸素を狙い環境を破壊するブラスター星人の攻撃で、宇宙では平和な惑星が次々と死滅していた。

ブラスター星人に滅ぼされたカンタロス星の女性科学者マヤは、“生きている金属”を持って地球へと脱出した。マヤは地球人・星博士と出会い、二人の間に息子・カンタローが誕生する。ブラスター星人が地球を狙うことを予期したマヤは、“生きている金属”を海底火山のエネルギーで成長させ、巨大ロボット、ガンガーを誕生させた。しかし、脱出の際に浴びたブラスター星人の光線による後遺症が原因で、マヤは星博士にカンタローの将来とガンガーを託して息を引き取る。

カンタロス星壊滅から10年後、ブラスター星人は地球を次の標的に定め行動を開始したが、怪事件の黒幕がブラスター星人であることを訴える星博士の主張は、世間に受け入れられなかった。カンタローはガンガーと一体化して、地球を守るための戦いを開始する。

キャスト[編集]

その他の出演 - 今西正男江川菜子菅谷政子 ほか

アストロガンガー[編集]

ブラスター星人の地球侵略に対抗するため、星カンタローの母・マヤがカンタロス星の「生きている金属」を使って生成した巨大ロボット。全高40メートル、重量2トン。

自分の意思を持ち、単体での活動も可能。さらに、星博士の息子・カンタロー少年と合体することでその真の能力を発揮する。急激な低温と錆びに弱い[2]。また、カンタローが融合している胸の円盤状の部分を守ろうとして行動が鈍ることもあった。円盤状の部分は普段カンタローがガンガーを呼び出す際に使うペンダントと同じデザインをしており、最終話では分離させたカンタローらを乗せて脱出艇代わりに使用した。

武器は装備されておらず、主に格闘で敵を倒す。空を飛ぶことも可能。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「アストロガンガー」
作詞 - 雨宮雄児 / 作曲・編曲 - 小森昭宏 / 歌 - 水木一郎コロムビアゆりかご会
エンディングテーマ - 「進め! アストロガンガー」
作詞 - 雨宮雄児 / 作曲・編曲 - 小森昭宏 / 歌 - コロムビアゆりかご会

各話リスト[編集]

(カッコ内は登場ロボット、モンスター)

  1. 行くぞ ガンガー(ビッグアイバー、ブラポット)
  2. 生きているロボット(ホースタンカー、リトルラフター)
  3. 燃える島の陰謀(サイボーグ犬、グリーンバー)
  4. 恐怖の虹(セブンエイスター)
  5. ガンガーの秘密を探れ(バネッタキラス)
  6. 錆ついたガンガー(OXガスター)
  7. 宇宙爆撃隊(マグネッダー)
  8. 宇宙の猟犬 - ハウンド -(ファイヤーストーンロボット)
  9. 怪しいおばあちゃん ヘッドエレッカー(ヘッドエレッカー)
  10. 強いぞ! ガンガー(ワイルドボア、にせアストロガンガー)
  11. 地球はぼくらのものだ!(アスファルター)
  12. 流れ星の降る谷(アイアンコメット)
  13. 白い昿谷の決闘!!(ブラスター9)
  14. 白夜の対決(バッドスノー)
  15. オーロラの秘密(ブラックフェアリー、ブラスターモンスーン)
  16. ブラスター宣戦布告(コルヒドラ)
  17. 戦慄のスパイモンスター(モンスター、大山次郎)
  18. チェイン・メイルの渦(ブラスター33、ブラスター34)
  19. 時限爆弾ロボット・デスター(デスター)
  20. レンズマー分身作戦(レンズマー)
  21. ロボット部隊がやって来た!(名称不明)
  22. 宇宙の幽霊船(ブラックワルダー)
  23. カンタロスの決斗 ブラスター・ソニック(ソニックブラスター)
  24. あの胸のペンダントを狙え!(ミリオンスター)
  25. ブラスター・デビル - 悪魔の眼 -(ブラスター・デビル)
  26. スペース・パンサー(スペース・パンサー)

漫画[編集]

映像ソフト[編集]

2007年にラインコミュニケーションズからDVDBOX1・2が発売されたほか、全8巻の単品売りも行われた。

海外での展開[編集]

日本文化開放韓国では、1970年代に日本テレビが提携していた東洋放送テレビジョンで『쨩가의 우주전쟁』(チャンガの宇宙戦争)の題名で放送された。当時ヒットしたようで、韓国ドラマ『メリー&テグ恋のから騒ぎ』『星を射る』『シングルパパは熱愛中』などの劇中で現地語バージョンの主題歌が歌われるほか、少女時代新韓銀行クレジットカードのCMにおいて替え歌でカバーしている。

ただこのアニメは『黄金バット』『妖怪人間ベム』と異なり純粋な日本製で、東洋放送は現地語に吹き替えて放送しただけであった。それが原因だったどうか定かではないが、東洋放送は1980年に全斗煥言論統廃合政策で韓国放送公社に強制吸収合併されてしまった。一方でアメリカ製アニメが多かったMBC・文化放送は、事実上韓国放送公社の子会社化されて生き残った。

脚注[編集]

  1. ^ 杉山卓『青春アニメ・グラフィティ テレビ編』p.240 (1981/集英社文庫)
  2. ^ 『53年度版全怪獣怪人大百科』(ケイブンシャ・1978年) p.368
  3. ^ DVDパッケージ裏に記載あり。

関連事項[編集]

日本テレビ 水曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
やったぜ!天才
※19:00-19:26
NNNニューススポット
※19:26-19:30
アストロガンガー