新韓銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新韓銀行
신한은행, Shinhan Bank
Sungryemun of seoul.jpg
種類 株式会社
本社所在地 韓国の旗 韓国
ソウル特別市中区世宗大路9道20(太平路2)デキョンビル
設立 1982年7月
業種 銀行業
代表者 銀行長(頭取李伯淳
決算期 9月30日
主要株主 新韓金融持株会社(100%)[1]
主要子会社 SBJ銀行
外部リンク http://www.shinhan.com/jpn/index.jsp
特記事項:2001年9月 新韓金融持株会社出帆により子会社化
テンプレートを表示
新韓金融持株会社
신한금융지주회사, Shinhan Financial Group
種類 持株会社
市場情報
韓国証券取引所 055550
NYSE SHG
本店所在地 韓国の旗 韓国
設立 2001年9月
業種 銀行業
代表者 会長代行柳時烈、社長申相勲(職務停止中)
主要株主 BNPパリバ (6.35%), 新韓金融持株会社自社株組合 (4.82%), 韓国国民年金公団 (4.45%), シティバンク、エヌ・エイ (3.08%), サウジアラビア通貨庁 (2.67%), ミレエセット資産運用 (2.46%), THE LAZARD FUNDS INC (1.54%), MIZUHO (1.26%), 三星生命保険 (1.23%), シンガポール政府投資公社 (1.18%), アブダビ投資庁 (1.11%), TAEKYO (1.05%)[2] 外国人投資家42%、在日同胞17%、韓国人投資家41%[3]
主要子会社 新韓銀行, 新韓カード, 新韓金融投資, 新韓生命, 新韓キャピタル, 済州銀行, 新韓信用情報, 新韓プライベートエクイティ, 新韓BNPパリバ資産運用, 新韓マッコーリー金融諮問[4]
外部リンク http://www.shinhangroup.co.kr/main/main.html
テンプレートを表示
新韓銀行
各種表記
ハングル 신한은행
漢字 新韓銀行
発音 シナヌネン
英語 Shinhan Bank
テンプレートを表示

新韓銀行(しんかんぎんこう、韓国語:신한은행)は、大韓民国に所在する銀行。本店はソウル特別市中区に置く。1982年在日韓国人の資本によって韓国では初めての純粋民間資本の銀行として設立された[5]

概要[編集]

1982年に在日韓国人の資本によって設立された。2003年9月に政府の管理下にあった老舗の朝興銀行を買収し、グループ合計で国内での預金高は国内第2位になった。銀行の全株式を新韓金融持株会社が保有し、韓国証券取引所(証券コード:55550)とニューヨーク証券取引所(証券コード:SHG)に株式を上場している。傘下には済州特別自治道を地盤とする地方銀行の済州銀行証券会社(新韓金融投資、2009年グットモーニング新韓証券から変更)、クレジットカード、投資顧問等の子会社を有する。韓国で最も成長著しい金融機関の一つ。韓国外14ヶ国48個(6支店、10現地法人、34現地法人子支店、2代表事務所)の海外営業所を有する[6]フランスBNPパリバと資本提携を結んでいる。韓国での分類は「市中銀行」で銀行コードは26である。

2010年現在、ウリィ金融持株会社(332兆3000億ウォン)、KB金融持株会社(329兆7000億ウォン)に次ぎ、韓国で3位の資産規模の金融グループ(310兆8000億ウォン)に成長したが、ハナ金融持株会社(200兆3000億ウォン)のローンスターからの韓国外換銀行(116兆2000億ウォン)買収により4位となる見込みである[7][8]

日本支店[編集]

日本では、東京都港区虎ノ門の東京支店の他、大阪市中央区船場福岡市中央区天神に支店を、羽田空港国際ターミナルと博多港国際ターミナルに両替所を設けていた[5]

2009年4月に日本現地法人の予備免許を取得、7月27日に営業免許を取得し、9月14日にSBJ銀行として営業を開始。日本にある新韓銀行3支店の営業を引き継いだ。日本ではシティバンクに続いて2番目の外資系銀行となる[9]。現地法人の設立により顧客信頼感の増大、資金調達や営業拡大の容易化など様々なメリットが見込まれている[5][10]

SBJ銀行という名称の「SBJ」は、「Shinhan Bank Japan」の頭文字をとったものである。

沿革[編集]

不正融資・横領・金融実名制違反容疑(新韓事態)[編集]

2010年9月2日、新韓銀行はトゥモローグループ系列のトゥモロー、金剛山ランド両社に行った総額438億ウォンの不正融資により銀行に損害を与えたとして、前銀行長で新韓持株社長申相勲横領背任の疑いで告訴[18]、またトゥモローグループのクク・イルホ会長を含む関係者7人も告訴、ソウル中央地検は10月28日にクク会長を逮捕した[19]金融持株会社の社長を子会社の銀行長が訴えるというこの内紛は「新韓事態(신한사태)」「新韓持株内紛事態」と呼ばれ、羅應燦新韓持株会長の借名口座開設情報をリークした申社長に対する羅会長側からの報復や[20]、羅会長、李伯淳新韓銀行長と申社長の間の後継者争いの可能性が指摘されている[21]。申社長には、2003年に不正融資事件で執行猶予付き有罪判決を受けた元信用組合関西興銀会長[22][23]在日本大韓民国民団(民団)常任顧問[24]、新韓銀行の創業者でもある李熙健名誉会長に支払われるはずだった顧問料15億ウォンの横領疑惑も持たれている[18][20]

羅会長の借名口座開設および横領容疑については、2007年、盧武鉉大統領自殺にも関連する朴淵次泰光実業会長に50億ウォンを贈ったことが確認された羅会長は、2009年初めに韓国検察の調査を受けた時、李名誉会長の顧問料を弁護士費用として流用したとされる[25]

9月14日、取締役会は申社長の職務停止を決定[26]。10月7日、金融監督院は、金融実名制法に違反したとして羅会長と借名口座を管理した新韓銀行の元現職役職員に対し懲戒方針を通知した[27]。10月14日、在日同胞株主が羅会長、申社長と、告発を行った李銀行長三者の即時辞任と、グループ内部からの新経営陣選任を要求、これは金融当局など外部の影響を遮断する意図と見られている[28]。10月30日の理事会で羅会長が辞任、第一銀行銀行長や全国銀行連合会会長を歴任した柳時烈新韓金融非常勤理事(法務法人世宗顧問)が会長代行に就任した[29][30]。11月4日、金融監督院は、実名確認義務に違反し金融秩序を乱したとして新韓銀行にも「機関警告」を行い[31]、また金融監督院の勧告を受け、11月18日金融委員会は在日韓国人名義の借名口座開設時に行員に実名確認を行わないよう指示したとして、羅前会長を金融実名制法違反で重懲戒処分を下した[32]

これに関連して2010年10月22日韓国国会政務委国政監査で、民主党辛建議員が「新韓銀行設立当時、在日同胞の投資金は政府の黙認のもと、非合法的に入ってきた。羅應燦新韓持株会長の借名口座をきちんと把握するには、新韓銀行設立初期の在日同胞投資家を調べなければならない」と主張、これに対し金鍾チャン金融監督院長は「実名制法の枠内で調査する」と答弁、11月8日に予定される新韓銀行に対する総合検査で在日同胞株主の借名口座に対する調査が行われる可能性を示した[33]。日本の金融庁は新韓銀行の日本現地法人SBJ銀行を9月に検査しているが[25]、韓国当局が調査をすれば日本の金融・税務当局も本格的な調査に動き出す可能性があり、在日社会ではこれらの動きを懸念している[33]。11月2日、ソウル中央地検金融租税調査3部は新韓銀行本店にある羅前会長、申社長、李銀行長のオフィスや秘書室などを家宅捜索した[34]。11月8日、金融監督院は、羅会長の金融実名制違反容疑をはじめとして申社長が横領したとされる李名誉会長の顧問料15億ウォンや、李銀行長が在日同胞株主から受け取ったとされる寄託金5億ウォンの使用内訳等を調査する事前検査を開始した[35]。事前検査は12日まで行われ、収集した資料を基に22日から4週間かけて本検査を行った。

一方、ある在日韓国人株主の名義を新韓銀行が盗用し、50以上の口座を開設・管理してきたとの疑惑も提起されている。これに対し新韓銀行は「2つの口座はともに本人の意思によって開設され、解約されたもの」であり金融実名制に背くものではないと釈明している[36]

2013年1月16日、ソウル中央地裁は申相勲、李伯淳らに対して判決を下し、申相勲と李伯淳に金融持株会社法違反によりそれぞれ懲役1年6カ月、執行猶予2年を宣告、これに対し両者は控訴した[37]。一方、トゥモローグループと金剛山ランドに不正融資したという背任容疑と李熙健顧問料の横領疑惑には無罪が言い渡された。なお、羅應燦は「新韓事態の衝撃で認知症を患い、治療を受けている」として2012年11月14日の公判を欠席している[38]

2007年大韓民国大統領選挙後、李明博大統領就任式直前の2008年2月、羅会長の指示で李大統領の兄である李相得ハンナラ党国会議員の元に送られたという「南山3億ウォン疑惑」については[39]、2013年2月、ソウル中央地検金融租税調査3部が本格的捜査に着手した[40]

一審判決後、申相勲は韓国日報のインタビューに答え、新韓事態の本質は”内部軋轢争いではなく(朴淵次50億ウォン事件発覚により会長職を追われそうになった)羅前会長が組織私有化のために行った権力型不正”と規定、また50億ウォンの出処について羅前会長は、1991年新韓銀行頭取に就任した時に、李名誉会長と一部の在日韓国人株主たちがお祝いにくれた30億ウォンに利子などが付いたものだとしているがこれはありえず、羅前会長が管理してきたとされる多数の在日株主の借名口座との関連を指摘している[41]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新韓フィナンシャルグループ―一目でわかる新韓銀行グループ, 新韓銀行.
  2. ^ 投資情報―株式情報, 新韓銀行.
  3. ^ ”【ニュース分析】新韓事態、なぜ日本で…国内株主は?”, 中央日報, 2010.09.10.
  4. ^ 銀行の紹介―新韓ネットワーク, 新韓銀行.
  5. ^ a b c “新韓銀行日本法人SBJ銀行に予備免許”. 統一日報. (2009年4月28日). http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=48498 2009年5月5日閲覧。 
  6. ^ 銀行の紹介―海外営業店, 新韓銀行.
  7. ^ ”ハナ金融、外換銀行買収に名乗り”, 東亜日報, NOVEMBER 17, 2010 06:56.
  8. ^ ハナ金融が外換銀行買収、4兆6888億ウォン, 聯合ニュース, 2010/11/25.
  9. ^ “新韓銀行日本法人、今年第3四半期設立へ”. 中央日報. (2009年4月29日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=114728 2009年5月5日閲覧。 
  10. ^ “新韓銀行、日本法人設立に向け予備免許取得”. 朝鮮日報. (2009年4月29日). http://www.chosunonline.com/news/20090429000009 2009年5月5日閲覧。 
  11. ^ 銀行の紹介―沿革, 新韓銀行.
  12. ^ ”<経済インデックス>8月6日〜8月12日”, 東洋経済日報, .2003/08/15.
  13. ^ ”継承者育てない組織文化、官治から自律経営へ移行の影響も 新韓金融騒ぎ”, 東亜日報, SEPTEMBER 17, 2010.
  14. ^ “「SBJの預金は日本でのみ運用」、新韓銀[金融]”. エヌ・エヌ・エー. (2012年1月26日). http://news.nna.jp/free/news/20120126krw006A.html 2013年2月16日閲覧。 
  15. ^ “韓国の新韓銀行、「日本の預金は韓国に送金しない」”. 中央日報. (2012年1月20日). http://japanese.joins.com/article/554/147554.html 2013年2月16日閲覧。 
  16. ^ “한국계 은행 ‘불법대출’ 칼 뺀 日… 넉달 간 치밀한 준비(韓国系銀行の「不法融資」剣を抜いた日本... 4ヶ月間の緻密な準備)” ((朝鮮語)). 世界日報. (2014年5月23日). http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=022&aid=0002670785&date=20140523&type=1&rankingSectionId=101&rankingSeq=5 2014年6月29日閲覧。 
  17. ^ 金融庁(及び財務局等)が検査実施中※の金融機関(平成26年6月16日現在)”. 金融庁 (2014年6月16日). 2014年6月29日閲覧。
  18. ^ a b ”新韓銀行、申相勲前銀行長を不正融資疑惑で告発”, 統一日報, 2010年09月08日.
  19. ^ ”トゥモローグループ会長、会社資金横領で逮捕”, 朝鮮日報, 2010/10/28.
  20. ^ a b ”<トピックス>新韓銀行で内紛発生”, 東洋経済日報, 2010/09/10.
  21. ^ ”新韓持株社長を新韓銀行が告訴、後継構図で葛藤?”, 中央日報, 2010.09.03.
  22. ^ ”李元会長ら3被告に有罪 関西興銀の不正融資事件”, 共同通信, 2003/03/24.
  23. ^ ”やみ市から全国一 怪物が… 逮捕の元関西興銀会長”, 共同通信/京都新聞, 2002.01.25.
  24. ^ ”顧問に60人を推戴”, 民団新聞, 2009-04-30.
  25. ^ a b ”日本金融庁、先週から新韓銀行を検査”, 中央日報, 2010.09.17.
  26. ^ ”申相勲新韓持株社長が職務停止に”, 中央日報, 2010.09.15.
  27. ^ ”金融監督院「新韓金融持株の羅應燦会長を懲戒」”, 中央日報, 2010.10.08.
  28. ^ ”在日同胞株主「新韓経営陣3人、即時退陣すべき」”, 中央日報, 2010.10.15.
  29. ^ ”新韓金融会長、借名口座問題で辞意”, 朝鮮日報, 2010/10/28.
  30. ^ ”新韓金融の羅会長が辞任、後任に外部人材も”, 朝鮮日報, 2010/11/01.
  31. ^ ”金融監督院、前新韓金融会長に重懲戒”, 朝鮮日報, 2010/11/05.
  32. ^ "羅応燦・元新韓金融会長、借名口座で重懲戒処分", 朝鮮日報, 2010/11/19.
  33. ^ a b 新韓持株内紛事態、在日同胞株主の借名口座に飛び火, 中央日報, 2010.10.28.
  34. ^ ”新韓3首脳の事務所を家宅捜索”, 東亜日報, NOVEMBER 03, 2010.
  35. ^ (朝鮮語) ”"신한금융 종합검사 다 살펴볼 것" 금감원장 기자간담회”, 韓国経済新聞, 2010-11-08/2010-11-09修正.
  36. ^ ”「在日同胞株主名義で口座を開設…新韓銀行が組織的に不法管理」”, 中央日報, 2010.10.07.
  37. ^ “新韓事態 ソウル地裁、申相勲(グループ前社長)と李伯淳(前銀行長)に有罪判決 懲役1年6カ月・執行猶予2年 両者は控訴へ”. 統一日報. (2013年1月23日). http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=72313&thread=01r04 2013年2月15日閲覧。 
  38. ^ “羅応燦・元新韓金融会長、認知症理由に公判欠席”. 朝鮮日報. (2012年11月15日) 
  39. ^ “"イ・ペクスン銀行長の指示で準備…MB就任 5日前 伝達"”. ハンギョレ. (2012年7月16日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/12115.html 2013年2月15日閲覧。 
  40. ^ (朝鮮語) “검찰 '남산 3억' 의혹 규명… 신한사태 본격수사 착수”. ハンギョレ. (2013年2月11日). http://news.hankooki.com/lpage/society/201302/h2013021119514021950.htm 2013年2月15日閲覧。 
  41. ^ (朝鮮語) “[신상훈 전 신한지주 사장 인터뷰]"신한사태는 라응찬발 권력비리… MB정권 실세와 유착 조사해야"”. 韓国日報. (2013年2月8日). http://news.hankooki.com/lpage/economy/201302/h2013020802325721500.htm 2013年2月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]