お子様ランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
お子様ランチの一例

お子様ランチ(おこさまランチ)とは、ファミリーレストランなどで子供(一般的に小学校低学年以下)向けに用意されているメニューのことである。

ランチ」と呼ばれているが、ランチタイム以外でも注文できる店がほとんどである。また、子供向けのメニューであり、年齢制限がある(すなわち大人が食べることは出来ない)場合もある。

歴史[編集]

1930年(昭和5年)12月1日に、東京府東京市日本橋にあった三越の食堂部主任であった安藤太郎が数種類の人気メニューを揃えた子供用定食を考案し発売した[1]。当時は「御子様洋食(異説で「――定食」)」と称されており、値段は30銭。世界恐慌の暗い時代でもあり、子供には楽しい気持ちになってもらおうとしての開発という[2]

1931年[3]、日本橋三越から3ヵ月後には上野松坂屋の食堂にも「お子さまランチ」の名で登場。こちらの名称が普及し、現在に至っている。

1960年代、松坂屋が当時人気だった『ウルトラマン』のおもちゃをおまけに付けたところ、休日には1,000食もの注文を受けるほどの爆発的な人気を得るようになったという。

2010年(平成22年)1月13日より、松坂屋は呉服店から百貨店への業態転換100周年を記念し、1932年(昭和7年)当時のお子様ランチを復刻メニューとして提供している。

特徴[編集]

食品サンプル(鉄道博物館日本食堂
北播磨余暇村公園いこいの森「レストラン・ココロン那珂」
東急ストア(テイクアウト販売の簡易容器)
内容

一般的に、何点かの料理を1つのに盛るように区切られたランチプレートが用いられる。プレートには子供向けのキャラクターが描かれているものや、新幹線飛行機といった乗り物を模ったものが多い。凝ったものでは、蒸気機関車型のプレートに盛り、煙突部分にドライアイスを仕込む、といった例もある[2]

ご飯は、チキンライスオムライスチャーハンふりかけご飯といった色鮮やかなものが山形に盛られる。そのてっぺんには、登山家が登頂の記念に旗を立てることに因み、爪楊枝と紙で作られた小さな旗(殆どの場合は国旗)が立てられることが多い(これらは「国旗爪楊枝」や「フラッグピック」などの名称で製造・販売されているものである)。なお、三越の初代「御子様洋食」の旗は「丸の中に『越』の字」という社旗であったが、それでは夢が無いということで、後に日の丸などの国旗へと変更されたという。

おかずには、ハンバーグエビフライ唐揚げナポリタンフライドポテトなど、子供に人気の高い料理が添えられる。

ファミリーレストランなどでは、オレンジジュースを代表とする飲み物や、プリンこんにゃくゼリーといったデザートの類、キャラメルチョコレートなどの菓子、そして小さな玩具(古くはミニカー・吹き上げパイプ・吹き戻し紙風船など)が、おまけとして付いてくるところもある。

提供状況

店やメニューによっては、注文するに当たり“小学生まで”としている場合がある。理由は、子供連れの家族を狙った客寄せの意味が大きく、多種類の料理を盛り付ける手間が掛かり、あまり利益が上がらないためである。

しかし、子供が食べきれるように惣菜は多種ながらも少なめに盛り付けてあるため、食が細めの女性高齢者に好まれることも多い(そのため、高齢者については注文を受け付ける店もある)。

なお、国際線航空便の機内食では、特別食(スペシャルミール)の一つとして、子供向けの食事(チャイルドミール)が用意されており、食器や盛り付けなどに工夫が凝らされている。ただし、事前に航空会社旅行会社ツアーの場合)に申し込む必要がある。

脚注[編集]

  1. ^ 三越の広報サイト
  2. ^ a b 菊地武顕「あのメニューが生まれた店」62頁 平凡社
  3. ^ 読売新聞 2013年10月29日 夕刊15面広告

関連項目[編集]

外部リンク[編集]