コンテンツにスキップ

IBM System/23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IBM システム/23 データマスター
製造元 IBM
発売日 アメリカ合衆国の旗1981年7月 (42年前) (1981-07)
日本の旗1982年1月 (42年前) (1982-01)[1]
標準価格 アメリカ合衆国の旗$9,000(2023年時点の$30,163と同等)
日本の旗約280万円[注 1]
販売終了日 1985年 (1985)
OS 内蔵BASIC
CPU Intel 8085 @4.77MHz
メモリ 32KBから128KB RAM,
128KB ROM[2]
ストレージ 8インチ FDD x 2
ディスプレイ グリーンCRT (80x24テキスト)
入力機器 キーボード
重量 43kg
前世代ハード IBM 5120
次世代ハード IBM Personal Computer

System/23 Datamasterシステム/23 データマスター)は、IBM1981年に発表したオールインワンコンピュータである。

概要[編集]

システム/23 データマスターは、IBM PCのわずか1か月前の、1981年7月に発表された。コンピュータ本体の型番は5322。

データマスターは、テキストモードのCRTディスプレイや、キーボードプロセッサメモリ、2つの8インチフロッピーディスクドライブなどの全てを1つのキャビネットに収納した、オールインワンコンピュータであった。プロセッサは8ビットIntel 8085で、256 KBのメモリを管理するバンク切り換えロジックを備えていた。BASICインタープリタが組み込まれていた。外付けで2つ目のキーボードやスクリーンを接続することもできた。

データマスターの目的は、専門家なしで設置や操作ができるコンピュータの供給だった [3]。発表時にはシングルスクリーンのデータマスターは約 9,000 ドルで販売された。データマスター・プロジェクトで得られた設計グループの親密性は、IBM PCへのインテル製CPUの採用に影響した。

日本での販売[編集]

日本ではデータマスターは1982年1月に日本IBMより発表され、3月に特約店から販売が開始された。

簡易言語として、IBM 5110から開発が続けられてきたBRADS (Business Report / Application Development System) の最新版であるBRADS IIIが用意され、BASIC言語より簡単に事務処理プログラムを作成できるとした。また、マニュアルの製作にあたっては、コンピュータの知識がない女性に機械を設置するところから使ってもらい、理解できない点があればマニュアルやマイクロコードを修正した。この作業を約半年かけて16種類のマニュアルを完成させた[4]

一方で、システムが漢字に対応していないことから、日本ではワードプロセッサとしての機能は省略された。このことから、ライバルメーカーやディーラー、マスコミからの関心は薄かった[4]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 64KB RAM、2.2MBのフロッピーディスクドライブ、印字速度が毎秒160字のプリンタからなるシステム構成価格。

出典

  1. ^ 「日本IBM、小型機反撃、代理店方式で卓上小型ビジコンS23データマスター発売へ。」『日経産業新聞』 1982年1月5日、4面。
  2. ^ Bits Passats - System/23 Datamaster” (英語). bitspassats.com (2024年6月19日). 2024年6月19日閲覧。
  3. ^ David J. Bradley "The Creation of the IBM PC", BYTE, ISSN 0360-5280/09, Volume 15, Number 9, September 1990 pp. 414-420
  4. ^ a b 編集部「特別レポート 「IBMシステム/23」にみる日本IBMの新販売戦略」『コンピュートピア』第16巻第5号、コンピュータ・エージ社、1982年、104-111頁、ISSN 0010-4906 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代
IBM 5120
IBM システム/23 次代
IBM PC