Defection

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Defection
茅原実里シングル
初出アルバム『D-Formation
Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK
B面 raison pour la saison
不確定性原理
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル GloryHeaven
作詞・作曲 奥井雅美(作詞)
菊田大介(作曲)
プロデュース 斎藤滋
チャート最高順位
茅原実里 シングル 年表
Freedom Dreamer
2010年
Defection
KEY FOR LIFE
(2011年)
Planet patrol
(2011年)
D-Formation 収録曲
X-DAY
(8)
Defection
(9)
暁月夜(あかつきづくよ)
(10)
Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK 収録曲
OPENING
(1)
Defection
(2)
raison pour la saison
(3)
Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK 収録曲
Defection
(2)
raison pour la saison
(3)
覚醒フィラメント
(4)
Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK 収録曲
MC 02
(10)
不確定性原理
(11)
輪舞-revolution
(12)
テンプレートを表示

Defection」(ディフェクション)は、茅原実里の楽曲。奥井雅美が作詞、菊田大介が作曲を手掛けた。茅原の10枚目[注 1]シングルとして2011年2月9日GloryHeavenから発売された。

概要[編集]

前作「Freedom Dreamer」から、約7ヶ月ぶりのリリース。11枚目のシングル「KEY FOR LIFE」と同時発売であり、自身初のシングル2枚同時リリースとなった。
また、2作にはテーマがあり、本作は「スタイリッシュサイド」となっており、「KEY FOR LIFE」と対極のテーマとなっている[5]。2作の大きなテーマとしては「原点回帰」というテーマがあるとのこと[5]。収録曲は前作同様、3曲入りとなっている。

本作と「KEY FOR LIFE」を引っ提げてのコンサートツアー『Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜』が2011年2月12日から5月8日まで全国のライブハウス『Zepp』で開催された。また、シングル作品を引っ提げてのコンサートツアーは初である。

チャート成績[編集]

2011年2月9日付のオリコン週間シングルチャートで15位を獲得。初動売上は0.8万枚であり、前作から0.1万枚減少した。

7枚目のシングル「PRECIOUS ONE」から3作連続で続いていた週間チャートへのトップ10入りの記録が閉ざされた。オリコン週間シングルチャートで自身のシングルが2作同時にTOP20入りを果たすのは初の記録となった。

2011年2月9日付のオリコンデイリーチャートで9位を獲得した。同チャートで同時発売の「KEY FOR LIFE」が10位を獲得したことにより、茅原の作品としては初となるトップ10に2作同時のランクインとなった。また、茅原のシングルのトップ10入りは「PRECIOUS ONE」から4作連続。2011年2月度のオリコン月間シングルチャートで49位を獲得。推定売上枚数は1.0万枚を記録した。また、茅原のシングルの月間チャート入りは「PRECIOUS ONE」から4作連続。

2011年2月21日付のBillboard JAPAN HOT 100で78位、Billboard JAPAN Hot Singles Salesで14位、Billboard Hot Animationで5位を獲得した。なお、茅原の作品がBillboard Hot Animationにランクインするのは初。

2011年2月7日から2月14日調査分のサウンドスキャンの週間シングルCDソフトTOP20では8位[2]、2011年2月19日放送分のCOUNT DOWN TV内のThis Week's TOP 100では20位を獲得した[1]。また、ドワンゴが運営しているウェブサイトの2011年度上半期ランキングでは、「アニメロミックス 着うた」で76位[3]、「超!アニメロ 着うたフル」で96位を獲得した[4]

批評[編集]

CDジャーナルは、「テンポの速いトランス風のダンスナンバー。ボーカルは暴力的、無機質なエレクトロサウンドに挑むような表情豊かで感情的なバランスがとれた物になっている。」と批評した[6]

収録曲[編集]

  1. Defection [4:12]
    作詞:奥井雅美、作曲・編曲:菊田大介Elements Garden
    作詞は歌手奥井雅美が手掛けており、奥井はインドに旅行に行っているときに作詞を行った[7]。奥井には、茅原がそのとき自分が抱えていた悩みや葛藤などの想いを奥井にメールし、ものすごく素直にぶつかっていける歌詞になり、自分の中に力がみなぎってくるような歌になったとのこと[8]
    初めて楽曲を聴いた時の印象は「とても曲のスピードが速く、かっこいい曲」であり、レコーディングでは滑舌を重点的に意識していたと語っている[9]
  2. raison pour la saison [5:28]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:菊田大介(Elements Garden)
    ロックテイストが強い曲で、レコーディング時に室屋光一郎ヴァイオリンソロを聴いて失神しそうになったと語っている[10]
  3. 不確定性原理 [4:40]
    作詞:田代智一こだまさおり、作曲:田代智一、編曲:藤田淳平(Elements Garden)
    レコーディング時にしっくりこないところがあり、アレンジを直すことになった。アレンジのし直しは、1作目のオリジナルアルバム『Contact』に収録されている「ふたりのリフレクション」以来4年ぶり[11]。また、アレンジが凄くトリッキーであり、どの楽器の音を聴いたらいいのかが分からず楽曲に入りづらかったと語っている[12]
    楽曲が難しくレコーディングで一番苦労した曲であったという[12]レコーディングは半泣きで行ったという[10]。また、本曲は「原点回帰」ということでテレビアニメ涼宮ハルヒの憂鬱』で茅原が演じるキャラクター「長門有希」のキャラクターソングである「雪、無音、窓辺にて。」の作曲を手掛けた田代智一が本作も手掛けており、楽曲がロックで驚いたが、茅原は新しい世界を開いてくれたと語っている[10]
    表題曲の「Defection」に通ずる葛藤や迷いが詰め込んである楽曲であり、「本当の自分自身を探している」というような、どうにもならない自分の中の心の叫びが描かれており、茅原自身も心の中にあるものを全部吐き出す気持ちで歌ったという[12]
    ドラムが生で入っており、とても聴きごたえがある1曲になったと茅原は語っている[12]

収録作品[編集]

CD[編集]

楽曲 発売日 タイトル 備考
Defection 2011年8月26日 Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK 1枚目のライブ・アルバム
2012年2月29日 D-Formation 4枚目のオリジナルアルバム。
raison pour la saison 2011年8月26日 Minori Chihara Live Tour 2011 〜Key for Defection〜 LIVE CD+PHOTO BOOK 1枚目のライブ・アルバム。
不確定性原理

DVD、Blu-ray Disc[編集]

発売日 タイトル 備考
Defection
2012年4月4日 Message 04 4作目のミュージッククリップDVD
2012年7月2日 Minori Chihara Live 2011 "SUMMER CAMP 3" LIVE Blu-ray 5作目のライブ・ビデオ。
2012年11月14日 Minori Chihara Live 2012 ULTRA-Formation LIVE Blu-ray 6作目のライブ・ビデオ。
2013年1月25日 Minori Chihara Live 2012 ULTRA-Formation LIVE DVD

クレジット[編集]

Performed by 茅原実里
Producer 斎藤滋Lantis
Mastering Engineer 袴田剛史(FLAIR MASTERING WORKS)
Art direction & design 後藤まどか(SMC)
Photography PAK OK SUN(CUBE)
Styling 谷口美夏
Hair & Make-up 清水恵美子
A&R 岩下由希恵(Lantis)
Creative producer 小島冬樹(Lantis)
Promotion producer 鈴木めぐみ(Lantis)
Sales promotion producer 佐橋計(Lantis)
Sales promotion 臼倉竜太郎(Lantis)
Executive promoter 松村起代子(Lantis)
Fan Club Staff 片野安則
安田まどか
橋本葉子
成田奈穂(ROM SHARING)
Special thanks Elements Garden
Smile Company
F.M.F
ロデオドライヴ
Artist Brand Management 瀬野大介(avex Planning & Development
Artist Management Assistant 大塚裕介(avex Planning & Development)
佐々木真理英(avex Planning & Development)
Supervisor 本多健二(avex Planning & Development)
Executive supervisor 伊藤善之
Executive producer 井上俊次(Lantis)
青木義人(avex Planning & Development)
Special supporter m.s.s members
Very special thanks ALL FANS

参加ミュージシャン[編集]

Defection
Guitar 加藤大祐
Strings 大先生室屋ストリングス
Mix engineer 淺野浩伸(Redefine)
raison pour la saison
Guitar 加藤大祐
Strings 大先生室屋ストリングス
E.Violin 室屋光一郎
Mix engineer 淺野浩伸(Redefine)
不確定性原理
E.Guitar 山本陽介
Bass 田辺トシノ
Drums 佐野康夫
Mix engineer 白井康裕

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 歌手活動再開前の「ずっと...一緒/負けない〜一途バージョン〜」を含めれば11枚目

出典[編集]

  1. ^ a b This Week's TOP 100 Ranking Date : 2011/02/19”. COUNT DOWN TV (2011年2月19日). 2011年12月11日19:36閲覧。
  2. ^ a b 週間 CDソフト TOP20 2011年2月7日〜2011年2月13日 調査分”. サウンドスキャン (2011年2月14日). 2011年12月11日19:35閲覧。
  3. ^ a b アニメロミックス2011年上半期「着うた」ダウンロードランキング”. アニメロミックス (2011年6月1日). 2011年12月11日19:23閲覧。
  4. ^ a b 超!アニメロ2011年上半期「着うたフル」ダウンロードランキング”. 超!アニメロ (2011年6月1日). 2011年12月11日19:28閲覧。
  5. ^ a b Pick-up Voice』Vol.39(2011年3月号)、音楽専科社、2011年1月27日、 12頁。
  6. ^ 茅原実里 / Defection”. CDジャーナル (2011年2月9日). 2011年8月23日閲覧。
  7. ^ 茅原実里のradio minorhythm』第189回より。
  8. ^ 『Pick-up Voice』Vol.39(2011年3月号)、音楽専科社、2011年1月27日、 13頁。
  9. ^ アーティスト・声優 茅原 実里 インタビュー(前編)”. JUGEM (2011年2月10日). 2011年6月12日閲覧。
  10. ^ a b c アニカン』Vol.92(2011年2月号)、MG2、2011年1月26日、 40頁。
  11. ^ minorhythm(茅原実里) (2010年11月27日). “今日もレコーディング~♪”. 茅原実里blog. 2011年1月11日閲覧。
  12. ^ a b c d 。『茅原実里のradio minorhythm』第197回より。

外部リンク[編集]