DAKARA (BOOWYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DAKARA
BOØWYシングル
初出アルバム『MORAL+3
B面 LET'S THINK
リリース
規格 12インチシングル
録音 1981年4月9月
STUDIO BIRDMAN
STARSHIP STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル ビクターInvitation
作詞・作曲 氷室狂介
チャート最高順位
BOØWY シングル 年表
季節が君だけを変える
1987年
DAKARA
1988年
INSTANT LOVE

OH! MY JULLY Part I
(1988年)
テンプレートを表示

DAKARA』(ダカラ)は、日本のロックバンドであるBOØWYの8枚目のシングルである。

1988年2月3日ビクター音楽産業Invitationレーベルから12インチシングルの形態でリリースされた。

概要[編集]

アルバムMORAL+3』との同時発売だった。

BOØWYの解散後に発売されたシングルで、ファーストアルバムの再リリース盤『MORAL+3』(1988年)に収録された未発表曲3曲のみを収録している。シングルのタイトルは「DAKARA」であるが、シングルの中では2番目の収録曲となっている。

元々シングル用として制作された作品ではなく、解散後のリリースであった。また、BOØWYの解散に伴って過去に在籍したレコード会社から様々な作品が次々とリリースされていた事に対して、当時氷室京介は不快感を示していた[1]

なお、氷室京介は本シングルについて、『「OUT」と「DAKARA」はファースト(『MORAL』、1982年)の時ボツになった曲で「LET'S THINK」は二枚目(『INSTANT LOVE』、1983年)の時』と語っている。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1988年2月3日 ビクターInvitation 12inchEP VIH-12011 2位
2 1989年2月21日 ビクター/Invitation 8センチCD VDRM-12016 -

収録曲[編集]

  1. OUT!! (2:10)
    原題は「REY'S OUT」。当時所属していた音楽事務所の関係者に対する皮肉を歌っている。
  2. DAKARA (3:51)
    • 作詞・作曲:氷室狂介 / 編曲:布袋寅泰
    原題は「SINGER」。本楽曲では深沢によるサックス演奏が収録されている。それとは別にサビ以外のメロディーを変更してライブでのみ演奏されているバージョンは「DAKARA PART II」と呼ばれている。
  3. LET'S THINK (4:53)
    • 作詞:氷室狂介 / 作曲・編曲:布袋寅泰
    上記2曲に比べ、ニューウェーブ色が強い作品。アルバム『MORAL』の頃よりも、『INSTANT LOVE』の頃に近いアレンジの楽曲。このシングルの3曲の中で、唯一公式のライブ音源、映像が発表されている。それぞれライブアルバム『“GIGS” CASE OF BOØWY COMPLETE』(2007年)とDVD-BOX“GIGS” BOX』(2007年)に収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊カドカワ1991年4月号 総力特集氷室京介70ページ