2009年のイギリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2009年のイギリスでは、2009年イギリスに関する出来事について記述する。

概要[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

  • 10月1日 - 最高裁判所発足。これまでは、最高裁判所の役割は上院が兼務してきたが、司法の現代化の一環として立法府から独立。14世紀以来600年以上にわたっていた上院兼務の歴史は幕を下ろした [51]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

  • .

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “英中銀が50bp追加利下げ、過去最低水準の1.50%”. ロイター. (2009年1月8日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35772620090108 
  2. ^ アジア系に「パキ」 士官学校時代、差別語使い英王子謝罪」 産経新聞2009年1月11日付. 2009年5月16日閲覧.
  3. ^ ヘンリー英王子、差別語使用で研修受講へ」 産経新聞2009年2月13日付. 2009年5月16日閲覧.
  4. ^ 「対テロ戦は誤り」ミリバンド英外相 米国の同盟国では異例の発言」 産経新聞2009年1月16日付. 2009年5月16日閲覧.
  5. ^ 英外相「“テロとの戦い”は誤り」に波紋」 産経新聞2009年1月29日付. 2009年5月16日閲覧.
  6. ^ 英外相「“テロとの戦い”は誤り」演説要旨」 産経新聞2009年1月29日付. 2009年5月16日閲覧.
  7. ^ 駐インド中国大使館公式サイトWen Jiabao Arrives at London for Official Visit to Britain” 2009年2月1日発表. 英語. 2009年4月17日閲覧.
  8. ^ 中国首相に靴投げる 英大学で講演中、命中せず」 産経新聞2009年2月3日付. 2009年4月16日閲覧.
  9. ^ 「卑劣な行為」強い表現で批判 温首相に靴、中国報道官」 産経新聞2009年2月3日付. 2009年4月16日閲覧.
  10. ^ 英中銀が政策金利を50bp引き下げ過去最低水準の1.00%に | マネーニュース | 金利・債券 | Reuters 2009年2月5日付
  11. ^ 英中銀、0.5%利下げ 量的緩和も表明」日経ネット 2009年3月5日付
  12. ^ Gary DuffyBrazil's Lula raps 'white' crisisBBCニュース・オンライン2009年3月27日付. 英語. 2009年5月24日閲覧.
  13. ^ 「経済危機は『青い眼の白人』の責任」、ブラジル大統領AFPBB News2009年3月28日付. 2009年5月24日閲覧.
  14. ^ 危機克服へ政策総動員 G20、オバマ米大統領ら首脳集結」 産経新聞2009年4月2日付. 2009年4月27日閲覧.
  15. ^ WRAPUP1:G20が危機脱却に向けた協調を確認、財政総額5兆ドルで世界成長4%押し上げロイター2009年4月3日付. 2009年4月3日閲覧.
  16. ^ G20閉幕 2010年末までに実質経済成長率2%を達成」 産経新聞2009年4月3日付. 2009年4月27日閲覧.
  17. ^ ロンドンで金融デモ暴徒化 金融街シティー」 産経新聞2009年4月2日付. 2009年5月2日閲覧.
  18. ^ 大規模デモで1人死亡 ロンドン金融街、63人逮捕」 産経新聞2009年4月2日付. 2009年5月2日閲覧.
  19. ^ MPs' expenses: Full list of MPs investigated by The Telegraphデイリー・テレグラフ2009年5月8日付. 英語. 2009年7月2日閲覧.
  20. ^ 木村正人 「ブラウン英政権危うし 支持率低下、不明瞭手当、国会運営…」 産経新聞2009年5月12日付. 2009年7月2日閲覧.
  21. ^ さらに続く英議員経費スキャンダル、国民の怒り激化AFPBB News2009年5月23日付. 2009年7月2日閲覧.
  22. ^ 木村正人 「英議会、経費不正で大揺れ 国民の怒り頂点に」 産経新聞2009年6月9日付. 2009年7月2日閲覧.
  23. ^ 木村正人 経費不正暴露報道の裏に米人女性ジャーナリストの奮闘 産経新聞2009年6月9日付. 2009年7月2日閲覧.
  24. ^ 木村正人 「英下院、議員経費公開もほとんどが“墨塗り” 収まらぬ有権者の怒り」 産経新聞2009年6月19日付. 2009年7月2日閲覧.
  25. ^ 英議員ら7600万円返還 不正経費請求で182人」 産経新聞2009年6月20日付. 2009年7月2日閲覧.
  26. ^ 英当局が議会の経費不当請求問題で捜査を検討」 産経新聞2009年5月16日付. 2009年7月5日閲覧.
  27. ^ “再送:英国の格付け見通しをネガティブに下方修正=S&P”. ロイター. (2009年5月21日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-38141220090521 
  28. ^ 英下院議長が17世紀以来の異例の辞任 親族による経費不正請求で」 産経新聞2009年5月20日付. 2009年7月2日閲覧.
  29. ^ 英下院議長が任期途中で辞任、経費問題で300年ぶり異例の引責AFPBB News2009年5月20日付. 2009年7月2日閲覧.
  30. ^ さらに続く英議員経費スキャンダル、国民の怒り激化AFPBB News2009年5月23日付. 2009年7月2日閲覧.
  31. ^ Home Secretary Smith to step downBBCニュース・オンライン2009年6月2日付. 英語. 2009年7月5日閲覧.
  32. ^ a b c 選挙結果にらみ「ブラウン降ろし」公然化」 産経新聞2009年6月4日付. 2009年7月3日閲覧.
  33. ^ In full: Blears and Brown lettersBBCニュース・オンライン2009年6月3日付. 英語. 2009年7月5日閲覧.
  34. ^ Brown pressure after Blears quitsBBCニュース・オンライン2009年6月3日付. 英語. 2009年7月5日閲覧.
  35. ^ ブラウン英首相ピンチ! 閣僚辞任表明、2日間で3人目」 産経新聞2009年6月5日付. 2009円7月3日閲覧.
  36. ^ 英現役閣僚がブラウン首相に退陣要求、経費スキャンダルでAFPBB News2009年6月5日付. 2009年7月3日閲覧.
  37. ^ 山口昌子 「「勇敢さと無欲さが進路を変える」米大統領が演説 ノルマンディー上陸作戦65周年」 産経新聞2009年6月7日付. 2009年6月28日閲覧.
  38. ^ 木村正人 「英女王招待されず 「侮辱だ」と大騒ぎ 仏の上陸作戦記念行事」 産経新聞2009年5月29日付. 2009年6月28日閲覧.
  39. ^ a b 木村正人 「英・閣僚が退陣要求、首相は内閣改造 攻防激化」 産経新聞2009年6月6日付. 2009年7月3日閲覧.
  40. ^ a b 英ブラウン首相、続投を表明 内閣改造記者会見でAFPBB News2009年6月6日付. 2009年7月3日閲覧.
  41. ^ 木村正人 「英労働党273議席以上失う」 産経新聞2009年6月6日付. 2009年7月4日閲覧.
  42. ^ 英与党、欧州議会選でも惨敗」 産経新聞2009年6月8日付. 2009年7月4日閲覧.
  43. ^ 山口昌子・木村正人 「欧州議会選、経済危機背景に中道右派勝利 極右政党も台頭」 産経新聞2009年6月8日付. 2009年7月4日閲覧.
  44. ^ James KirkupMinister Jane Kennedy quits the Governmentデイリー・テレグラフ2009年6月8日付. 英語. 2009年7月5日閲覧.
  45. ^ James KirkupGordon Brown loses minister Jane Kennedy after elections disasterデイリー・テレグラフ2009年6月8日付. 英語. 2009年7月5日閲覧.
  46. ^ ケネディ英閣外相が辞任表明「首相は辞任すべきだ」」 産経新聞2009年6月8日付. 2009年7月4日閲覧.
  47. ^ 【新型インフル】英国で死者 米州以外で初めて」 産経新聞2009年6月15日付. 2009年6月29日閲覧.
  48. ^ Woman with swine flu died from H1N1 virusデイリー・テレグラフ2009年6月18日付. 英語. 2009年6月29日閲覧.
  49. ^ 英下院公式サイトMPs’ Allowances published online” 2009年6月19日発表. 英語. 2009年7月5日閲覧.
  50. ^ 木村正人 「英下院、議員経費公開もほとんどが“墨塗り” 収まらぬ有権者の怒り」 産経新聞2009年6月19日付. 2009年7月2日閲覧.
  51. ^ 英国に最高裁誕生 600年の上院兼務に幕」 産経新聞2009年10月1日付. 2009年10月3日閲覧.


関連項目[編集]