BBCニュース・オンライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BBC News Online
URL http://www.bbc.co.uk/news/
使用言語 32言語[1]
タイプ ニュース
運営者 英国放送協会
スローガン "Whenever you need to know"
営利性 非営利[2]
登録 Required for some services
設立日 1997年11月
現状 Online

BBCニュース・オンライン (BBC News Online) は、イギリス公共放送局である英国放送協会(以下、BBC)インターネットを通して提供しているニュースサイトBBCニュースのオンライン版と位置づけられている。

概要[ソースを編集]

1997年11月に開始され、英国における最も著名なニュースサイトとなっている。毎日1500万人がサイトを訪れている。多くのニュースには、ニュース動画音声が付されている。部分的にではあるが、32もの言語に対応している。重大ニュース発生時は平時より生配信されているBBCワールドサービスのラジオ音声に加え、実況形式によるテキスト記事の更新が行われる他、英国外からのアクセスについては通常本ウェブサイト上では視聴する事が出来ないBBC News Channel、またはBBCワールドニュース報道特別番組[3]の一部の同時放送などから最新の情報を得られる環境が整えられている[4]。 また、スマートフォン向けアプリFacebookTwitterなどのSNSを通じてニュースを発信している。

日本語対応[ソースを編集]

BBC News Japan
URL http://www.bbc.com/japanese/
使用言語 日本語
タイプ ニュース
運営者 BBCワールド ジャパン株式会社
営利性 営利[5]
設立日 2015年10月
現状 Online

概要[ソースを編集]

2015年2月頃よりBBC News Japan名義で日本語によるBBCニュースの記事や動画をTwitter及びYoutubeにて配信をスタート。同年10月にhttp://www.bbc.com/japanese/ドメイン名で日本語版ウェブサイトをオープンした。このウェブサイトではBBCニュースが英語にて配信したニュースの内、国際問題やビジネス関連の話題を中心に記事を厳選した上で、当日内に日本語に翻訳されて配信される[6]。 これに先立ち、2015年6月頃、BBCの求人サイトにおいて、http://www.bbc.com/news/ の日本語翻訳を担当する人材を募集していた[7]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ BBC World Service - Languages”. BBC. 2008年12月19日閲覧。
  2. ^ ただし、英国外からのアクセスには広告が付く。
  3. ^ ブレイキングニュース(BREAKING NEWS)とも呼ばれる
  4. ^ 英国内からのアクセスについてはBBC iPlayerを経由してBBCの全てのテレビ・ラジオ番組が常日頃から配信されている。
  5. ^ BBCによる本ウェブサイト開設の記事(BBC News website launches Japanese language site)によると「商業的であり、イギリスにおけるTVライセンス料からの拠出はされない」という。
  6. ^ BBC、日本語ニュースサイト開設”. 日本経済新聞 (2015年10月15日). 2016年12月18日閲覧。
  7. ^ About the BBC - Careers”. BBC. 2015年6月26日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]