1942 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1942
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 アーケード
開発元 カプコン開発部
発売元 日本 カプコン
アメリカ合衆国 ウィリアムス
デザイナー 岡本吉起
プログラマー 岡本吉起
シリーズ カプコン19シリーズ
人数 1人
メディア 業務用基板
(210.50キロバイト
稼働時期 INT 1984121984年12月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE10+(10歳以上)
ヨーロッパ PEGI7
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Fantasy Violence, Mild Blood
ヨーロッパ Violence
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 4 MHz)
サウンド Z80 (@ 3 MHz)
AY-3-8910A (@ 1.5 MHz)×2
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット1536色
テンプレートを表示

1942』は1984年カプコンが発売したアーケードゲームで強制縦スクロールのシューティングゲーム

概要[編集]

第二次世界大戦をテーマに米戦闘機を操って日本軍機と戦うシューティングゲーム。自機はP-38ライトニングで、敵機は実在の機種名ではないものの日本風のネーミングがされている。なお、実在のP-38は陸軍機で当然艦載機でもないため、空母に離着艦する(できる)とは考えにくい。

敵の弾や体当たりをよける手段として宙返りを導入し、追い詰められても挽回でき、しかも地上物が一切配置されていない事と相まってシューティングゲームの中では珍しく、直感でも攻略できる、いわゆる覚えゲーではないゲームの一つとなった。自機を援護してくれるオプションのサイドファイター、ボスキャラクターの超大型機の亜也虎など、見所も多く幅広いプレイヤーから人気を得た。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

8方向レバーと2ボタン(ショット、宙返り)で自機を操作。ショットは2連装で、宙返りは回数制限があり、クリアすると残り回数×1000点のボーナスが加算されて回数がリセットされる。

地上物は存在せず、敵は全て飛行機。ザコは1発で撃墜できるが、小ボス、中ボス的な敵は多くの弾を撃ち込まないと倒せない。緑と灰色の色違いが存在するものは、灰色のほうが耐久力が高い。

毎ステージごとに撃墜パーセンテージが表示され、それに従ってステージクリア時にボーナス点が入る。

ステージでは1~4はミッドウェイ、5~8はマーシャル、9~12はアッツ、13~16はラバウル、17~20はレイテ、21~24はサイパン、25~28は硫黄島、29~32は沖縄

4ステージ毎に敵が全く弾を撃ってこない(但し大型機は除くが、難易度設定次第では全機弾を撃ってくる場合もある)「% AND POINT UP STAGE」と呼ばれる、所謂ボーナスステージがあるが、勿論敵にぶつかるとミス。

残機数が0になるとゲームオーバー。

全部のステージをクリアすると1000万点のボーナスが入り、ゲームエンドとなる。

アイテム[編集]

各ステージに特定回数出現する赤い色の編隊(赤水編隊)を全滅させると、「Pow」が出現。出現場所は固定だが、編隊の動きによって色と機能が異なる。機能には以下の種類がある。

  • 緑 - メインショットが4連装になって攻撃の幅が拡がる。
  • 白(FC版では黄) - 画面上の敵が全滅。
  • 灰(FC版では白) - サイドファイター - 左右に味方が付き、攻撃の幅が拡がると共に敵の攻撃に当たりやすくなる。味方は左右別々に敵弾や敵本体に当たると消滅、または自機がやられると全て無くなる。中ボスにぶつけると一撃で墜落させられる。後述の大ボス・亜也虎との戦闘直前に一時離脱する。
  • 橘 - 一定時間、敵が弾を撃たなくなる。
  • 黄 - 宙返りできる回数が1回増える。次の面には使用回数が初期値に戻る。
  • 黒 - 残機が1機増える。
  • 赤 - ポイント1000点(FC版以外ではボーナスステージの殆どもしくはすでに持っているパワーアップのPowの場合は強制的にこれになる)。
  • 弥七 - 2ステージ以降、ザコを200機落とすごとに左右両サイドの何れから、画面下から徐々に速度を上げつつ上昇する小型機が出現。撃つと弥七になり、取ると5000点ボーナス。

バグ[編集]

  • ステージクリア時のボーナスや亜也虎のように1万点以上の点数が入るときに、エクステンドの得点を1万点以上越えてしまうと、以後エクステンドしなくなる。
  • 超大型機が出現する前に、やや左前方に位置して連射していると、やがて敵が出なくなりマップも進まなくなってしまう。
  • 100%の撃墜率を達成すると10000点と表示されるが、実際は50000点が加算される(撃墜率99%の場合が20000点であることを考えても表示が誤りだと思われる)。

敵キャラクター[編集]

当作品に登場する敵機は日本海軍の軍用機がモチーフであるが、名称はオリジナルである。括弧内はモチーフとなった軍用機。

黒電
全ステージに登場する灰色の単発戦闘機。画面上部から飛来してくるが、自機の動きに合せ、反転や方向転換をする。
零式艦上戦闘機
黒電改
緑色の黒電。画面上部左右からランダム旋回し攻撃してくる。バルガスに同じアルゴリズムを持つの敵機が登場する。後半ステージには灰色の機体やスピードが遅いタイプも登場する。
(上記と同じく零式艦上戦闘機)
フクスケ(3式ロケット戦闘機)
ロケット戦闘機。画面下部から高速で飛行後、錐もみ回転しながら自機に向かってくる。
(局地戦闘機秋水
BVD(2式タービンロケット戦闘機)
双発ジェット戦闘機。動きは黒電改と同じだがスピードが速い。
(特殊攻撃機橘花
赤水
5機ないし10機編隊で登場する赤色の黒電。全滅させるとPowが出現。
零式艦上戦闘機
昇竜
中型双発攻撃機。画面上部から旋回しながら飛行するタイプと、画面下から低速で飛行するタイプが登場。
(陸上爆撃機銀河
清(23式攻撃機)
中型単発攻撃機。画面下から低速で飛行する。中盤以降、横一列に編隊を組ん壁を形成してくることが多くなる。
(オリジナル)
雷山
中型三発攻撃機。デザインが異なる以外では清と同じアルゴリズムである。
(オリジナル)
大飛龍
大型双発攻撃機。全ステージに登場。画面下から高速で飛行後、左右に旋回しながら自機に向かって扇状に弾幕を張る。最初に撃破した後、ミスにならない限り撃破する度に500点が加算される。続編『1943』では編隊名となる。
一式陸上攻撃機
亜也虎
超大型爆撃機。ステージ7,15,23,32に登場するボスキャラクター。胴体と主翼から弾をばら撒く。耐久力は高いが、前後に動くだけなので弾を当てるのは容易。登場当時のインパクト故以降、19シリーズの象徴的キャラクターとなる。
(長距離爆撃機富嶽

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 1942
日本 198512111985年12月11日
アメリカ合衆国 1986111986年11月
ファミリーコンピュータ マイクロニクス カプコン 320キロビットロムカセット[1] 日本 CAP-19
アメリカ合衆国 NES-NF-USA
-
2 1942
アメリカ合衆国 1986年
ヨーロッパ 1986年
Amstrad CPC
コモドール64
ZX Spectrum
Elite Systems Elite Systems カセットテープ
フロッピーディスク
- -
北米ではコモドール64版のみ発売
3 1942
日本 1987051987年5月
FM-7 アスキー アスキー フロッピーディスク - -
4 1942
日本 1987121987年12月
MSX2 アスキー アスキー フロッピーディスク - -
5 1942
日本 1987年
PC-8801mk2SR
X1
アスキー アスキー フロッピーディスク - -
6 日本 カプコンジェネレーション
第1集 撃墜王の時代

ヨーロッパ Capcom Generations 1
- Wings of Destiny


日本 199808271998年8月27日
ヨーロッパ 199909031999年9月3日
PlayStation
セガサターン
カプコン カプコン CD-ROM PS:日本 SLPS-01535
ヨーロッパ SLES-01881
SS:T-1232G
-
アーケード版の移植、欧州ではPlayStation版のみ発売
7 1942
アメリカ合衆国 200005222000年5月22日
ヨーロッパ 200108242001年8月24日
ゲームボーイカラー カプコン カプコン ロムカセット アメリカ合衆国 CGB-AQ4E-USA
ヨーロッパ CGB-AQ4E-EUR
-
8 1942
カプコンパーティ
日本 200201082002年1月8日
iアプリ カプコン カプコン ダウンロード - -
9 1942
クラブ☆カプコン
日本 200208052002年8月5日
EZアプリ カプコン カプコン ダウンロード - -
10 Capcom Arcade Hits Volume 2
アメリカ合衆国 2003年
Windows カプコン カプコン CD-ROM - -
アーケード版の移植
11 Capcom Coin-Op Collection Volume 1
アメリカ合衆国 200412212004年12月21日
Windows カプコン カプコン CD-ROM - -
アーケード版の移植
12 カプコン クラシックス コレクション
アメリカ合衆国 200509272005年9月27日
ヨーロッパ 200511182005年11月18日
日本 200603022006年3月2日
PlayStation 2
Xbox
Digital Eclipse カプコン DVD-ROM PS2:アメリカ合衆国 SLUS-21316
ヨーロッパ SLES-53661
日本 SLPM-66317
-
アーケード版の移植、日本ではPS2版のみ発売
13 カプコン クラシックス コレクション
日本 200609072006年9月7日
アメリカ合衆国 200610242006年10月24日
ヨーロッパ 200611102006年11月10日
PlayStation Portable クラインコンピュータエンタテインメント カプコン UMD 日本 ULJM-05104
アメリカ合衆国 ULUS-10134
ヨーロッパ ULES-00377
-
アーケード版の移植
14 1942: Joint Strike
アメリカ合衆国 200807232008年7月23日
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
Backbone カプコン ダウンロード - -
リメイク版
15 1942: Joint Strike
アメリカ合衆国 200807242008年7月24日
PlayStation 3
(PlayStation Network)
Backbone カプコン ダウンロード NPUB-30024 -
リメイク版
16 カプコンアーケード
INT 201011042010年11月4日
iPhone
iPad
(iOS)
カプコン カプコン ダウンロード 397347348 -
アーケード版の移植
17 1942
バーチャルコンソールアーケード
日本 201012212010年12月21日
ヨーロッパ 201101212011年1月21日
アメリカ合衆国 201101242011年1月24日
Wii カプコン カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
18 カプコン アーケード キャビネット
日本 201302192013年2月19日
ヨーロッパ 201302202013年2月20日
PlayStation 3
(PlayStation Network)
M2
ゴッチテクノロジー
カプコン ダウンロード 日本 NPJB-00210
-
アーケード版の移植
19 カプコン アーケード キャビネット
日本 201302202013年2月20日
ヨーロッパ 201302202013年2月20日
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
M2
ゴッチテクノロジー
カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
20 Capcom Arcade Cabinet: Game Pack 5
アメリカ合衆国 201304162013年4月16日
PlayStation 3
(PlayStation Network)
M2
ゴッチテクノロジー
カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
21 Capcom Arcade Cabinet: Game Pack 5
アメリカ合衆国 201304172013年4月17日
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
M2
ゴッチテクノロジー
カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
22 Capcom Arcade Cabinet: All-In-One Pack
アメリカ合衆国 201305212013年5月21日
PlayStation 3
(PlayStation Network)
M2
ゴッチテクノロジー
カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
23 Capcom Arcade Cabinet: All-In-One Pack
アメリカ合衆国 201305222013年5月22日
Xbox 360
(Xbox Live Arcade)
M2
ゴッチテクノロジー
カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
24 1942
INT 201703072017年3月7日
Android カプコン カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
25 1942
INT 201703092017年3月9日
iPhone
iPad
(iOS)
カプコン カプコン ダウンロード - -
アーケード版の移植
ファミリーコンピュータ版
  • 当時の他のカプコン作品と同様、本作の移植の出来も微妙であった。グラフィックの再現度も低く(例:背景の島の周囲が、ブロック状に同一のカラーになっている、等)、ちらつきも起こり、音もヘロヘロ。さらに、本作では「ショットボタンを押しても、弾の発射音だけが出て自機から弾が発射されない」(これは、その時点で画面に表示されている自機の弾数に関係なく起こる)現象も発生する。カプコン最初のファミコンソフトでもある。
PlayStation、セガサターン版
  • 『カプコンジェネレーション 第1集 撃墜王の時代』に収録。内容はほぼ、アーケード版に忠実。
PlayStation 3版
  • フルポリゴンリメイクのため、厳密には移植ではない。詳細は『1942: Joint Strike』を参照。日本での発売は未定。
iOS版
  • 『カプコンアーケード』に収録。ソフト自体は無料配信でゲーム内で配布のフリーチケットを使用してプレイ。別途でゲーム単体を購入もできる。

開発[編集]

本作の制作者の1人である岡本吉起(元カプコン専務取締役 現株式会社ゲームリパブリック代表取締役社長)が、『ゲームセンターCX』に出演した際のクリエイターインタビューで以下のような制作時のエピソードを語った。

宙返りシステムについて
他社のゲームでプレイヤーがピンチに陥った時のどうにもできない状況が嫌で、その不満を解消すべく「自分ならこうする」という発想の元に導入した。
サイドファイター
当時の岡本自身があまりゲームをプレイしてるわけでもなく、有名なナムコのゲームくらいしか知らなかったことから、ナムコの『ギャラガ』のデュアルファイターの仕様を参考に取り入れた。
Powと弥七
当時創業間もなかったカプコンを、いち早くプレイヤーに広く認知させる為に、いくつかの共通したキャラクターを全てのゲームに登場させようという、ブランディング戦略を元に登場させていた。このため初期のカプコンのゲームには「Pow」と「弥七」などが多く使用されていた。
亜也虎(あやこ)
当時カプコンに在籍していた森安也子という女性のサウンドスタッフがネーミングの由来。彼女の体格が大きかったことから「デカいの出すかぁ」という発想の元に誕生した。以後19シリーズのほとんどに登場する定番キャラクターとなった。なお、そのデザインは全ての作品で異なる。

スタッフ[編集]

アーケード版
  • ゲーム・デザイン、プログラム:岡本吉起
ファミリーコンピュータ版
  • 音楽:森安也子
  • 編曲:森安也子、坂口由洋

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 4/5stars (AC)[2]
2/5stars (FC)[3]
3.5/5stars (C64)[4]
3/5stars (GBC)[5]
Computer and Video Games 9/10点 (C64)[4]
Crash 63/100点 (ZX)[6]
Eurogamer 8/10点 (AC)[2]
Game Informer 5.5/10点 (GBC)[5]
GameSpot 4.5/10点 (GBC)[5]
IGN 5/10点 (GBC)[5]
NintendoLife 5/10stars (Wii)[7]
Sinclair User 5/5stars (ZX)[6]
Your Sinclair 8/10点 (ZX)[6]
ファミリーコンピュータMagazine 16.06/30点 (FC)[1]
Aktueller Software Markt 9/10点 (CPC)[8]
9/10点 (C64)[4]
9/10点 (ZX)[6]
Commodore Force 72/100点 (C64)[4]
Commodore User 68/100点 (C64)[4]
Zzap!64 58/100点 (C64)[4]
ACE 4/5stars (ZX)[6]
Electric Playground 4.5/10点 (GBC)[5]
アーケード版

1998年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、「派手なパワーアップもなく、ずるい攻撃もなく、激しい弾よけも必要としないので、とくに一般プレイヤーからの支持を受け、超ロングヒットのゲームとなった」、「宙返りしている間は無敵状態になっているというアイデアが新しい」、「護衛機を中型機に体当たりさせたときの隠しボーナスや隠れキャラの弥七などもあり、最終ステージクリア時には1千万点のボーナスなど話題になった」、「この1942を始めとして、以下1943、1943改、1941と続き、1942シリーズを確立することに成功した」と紹介されている[9]

ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.06点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「"宙返り"という発想が珍しかった。ゲームバランスは良。画面がちらつき、敵や弾が見づらいのが少し難点」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.00 2.42 2.84 2.52 2.52 2.76 16.06

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 219頁。
  2. ^ a b 1942 for Arcade (1984) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年2月11日閲覧。
  3. ^ Miller, Skyler. “1942 - Legacy”. Allgame. 2014年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月21日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 1942 for Commodore 64 (1986) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e 1942 for Game Boy Color (2000) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年2月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e 1942 for ZX Spectrum (1986) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年2月11日閲覧。
  7. ^ 1942 for Wii (2010) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年2月11日閲覧。
  8. ^ 1942 for Amstrad CPC (1986) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2018年2月11日閲覧。
  9. ^ 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 74頁、 ISBN 9784881994290

外部リンク[編集]