バルガス (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルガス
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1~2人(交代プレイ)
テンプレートを表示

バルガス』(VULGUS)は、1984年5月カプコンから稼働した縦スクロールシューティングゲーム。カプコン初のゲーム。全3面構成のループゲーム。

ゲームのルール[編集]

自機を8方向レバーで操作し、ボタン1でショット、ボタン2でキャノン砲を撃って敵を倒す。キャノン砲はPOWアイテムを取るたびに1つストックが増える。この武器は、複数の敵をまとめて倒したり(一度に多く倒すと高得点)、耐久力が高い敵(中型機やバルガス)を倒すときに使う。このゲームでは、キャノン砲を上手に使うことが重要である。

昆虫をモチーフにしたと思われる中型機のデザインや、ハイポイントエリア(背景が宇宙になる。敵が弾を撃たなくなる(但し小型のみ)。中型機やフォーメーション編隊などが多く登場し、点数稼ぎのチャンスである)のアイデアは、後の『エグゼドエグゼス』に引き継がれる。また、本作の敵キャラクター「弥七」、アイテムの「佐吉」は後のカプコン製ゲームにも登場することになる。

アイテム[編集]

『バルガス』に登場するアイテムは5種類。うち3種類は、自分自身を強化するのではなく、敵を一定時間弱体するという一風変わったものになっている(このシステムは、『1942』に引き継がれた)。

  • S
敵の移動速度が下がる。
  • D
敵弾が遅くなる。
  • E
敵の数が減る。
  • ☆(佐吉)
S、D、Eを取っていくうちに登場し、10000点ボーナス。
  • POW
キャノン砲のストックが1発増える。15発までストックするとS、D、EがPOWの代わりに登場する。

移植作品[編集]

1998年10月15日発売の『カプコンジェネレーション ~第3集 ここに歴史始まる~』に収録。
2006年3月2日発売の『カプコン クラシックス コレクション』に収録。
2006年9月7日発売の『カプコン クラシックス コレクション』に収録。