鈴木美教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 美教
Minori Suzuki
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 鈴木 美教
すずき みのり
愛称 みのたん
生年月日 (1994-09-17) 1994年9月17日(27歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 164.0cm
体重 66.5kg
チーム情報
所属 日本競輪学校(当時)
期別 112期
分野 トラックレース
役割 選手
プロ所属チーム
2017年 -
日本競輪選手会静岡支部
グランツール最高成績
最終更新日
2019年8月25日

鈴木 美教(すずき みのり、1994年9月17日 - )は、静岡県河津町出身の女子競輪選手日本競輪学校(当時。以下、競輪学校)第112期生。登録地は静岡県日本競輪選手会静岡支部所属、ホームバンクは伊東温泉競輪場

経歴[編集]

小学校から大学までの10年間、バスケットボールに打ち込む。東京女子体育大学在学中に両親の知人の競輪関係者からガールズサマーキャンプへの参加を打診され、そこでガールズケイリンの存在を知る。両親の知人の紹介で梶原亜湖に弟子入り[1](現在は師弟関係を解消している)。

2016年1月15日、競輪学校第112回適性試験に合格[2]したため、大学は中退。在校成績は5位(28勝)[3]。また、卒業記念レースは2着・3着・5着・2着だった。

2017年7月18日千葉競輪場でデビュー。デビュー戦で初勝利を挙げ、その翌日・翌々日とも1着となり、同期の太田りゆに続いて6人目となるデビュー戦で初優勝かつ完全優勝を果たした(500m走路では史上初)。同年は12月末までの半年間で34戦23勝、優勝6回を数えた。

2018年は、デビューから着実に勝利を積み重ねたことで、特別レースであるガールズケイリンコレクションには2018年松山ステージ(3月)にて112期生では最初に選出され[4]、結果5着。さらに、同年1月に行われた平塚ステージ(5月)出場権をかけた松戸競輪場でのトライアルレースで決勝2着に入り、優勝した太田りゆとともに出場権を獲得、平塚ステージでは3着入賞。7月の松戸競輪場でのガールズケイリンフェスティバルでは予選2レースをともに3着としたが予選敗退となった。8月のガールズケイリンコレクションいわき平ステージにおける出場選手を決める「ガールズケイリン総選挙」では17位となり当初は補欠にも入らなかったが、小林優香加瀬加奈子の欠場、山本レナ引退により順位が繰り上がったため滑り込みで2日目(8月16日)アルテミス賞レースへの出場が決まった[5](結果2着)。そして、同年のガールズグランプリトライアル小倉競輪場)終了(11月22日)時点で獲得賞金が1,297万6,000円となり、地元・静岡県(静岡競輪場)で開催される同年のガールズグランプリ2018に、トライアルレースで優勝した同期の梅川風子とともに獲得賞金ランキング5位で112期生として初のグランプリ選出を果たした[6]。グランプリでは結果7着だったが、最終的に同年の獲得賞金額は1,330万8,000円で第6位であった[7]

2019年は序盤に落車があり長期欠場したことや、累積違反点数によりあっせんが止められたこともあって前年ほどの活躍はできなかったが、2020年は3月のガールズケイリンコレクション福井ステージで選出され6着。また、5月開催予定の静岡ステージ出場権を賭けた1月のトライアルレースで決勝2着となり静岡ステージ出場を決めたが、当初は日本選手権競輪の開催中止[8]によりコレクションも中止となったものの、9月の共同通信社杯競輪最終日に開催地でありホームバンクでもある伊東温泉にて伊東温泉ステージが代替開催されることとなり、同ステージ出場予定選手として選出された[9]

2021年は11月のガールズグランプリトライアル直前の時点で獲得賞金ランキング7位(1,391万6,400円)につけており年末のグランプリ出場の可能性もあったが、そのグランプリトライアル初日予選1で落車し左鎖骨を粉砕骨折するなど大怪我を負う[10]。その後しばらく欠場が続いたが、2022年1月よりレースに復帰している。

脚注[編集]

  1. ^ 生徒インタビューレポート:鈴木美教 - 競輪学校生徒サイト、2017年3月6日
  2. ^ 日本競輪学校第112回生徒入学試験合格者名簿 (PDF)
  3. ^ 競走成績戦法別一覧表(第112回生)総合 (PDF)
  4. ^ ガールズケイリンコレクション2018松山ステージ(FⅡ) 出場予定選手 (PDF)”. KEIRIN.JP (2018年1月23日). 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ “小林優香ガールズドリームレース欠場 落車で脱臼”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年7月31日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/201807310000858.html 2018年8月1日閲覧。 
  6. ^ オッズパーク杯「ガールズグランプリ2018(FⅡ)」出場予定選手の決定について”. ガールズケイリン情報配信サイト (2018年11月22日). 2018年12月27日閲覧。
  7. ^ 獲得賞金ランキング 2018年(女子)”. KEIRIN.JP (2019年1月1日). 2019年8月25日閲覧。 - 『ランキングを表示』をクリック。
  8. ^ “静岡競輪ダービーが59年ぶり中止…G1もコロナ禍”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年4月24日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202004240000178.html 2020年4月24日閲覧。 
  9. ^ 「ガールズケイリンコレクション2020 伊東温泉ステージ」の実施及び出場予定選手について”. ガールズケイリン情報発信サイト(JKA) (2020年6月23日). 2020年6月24日閲覧。
  10. ^ “初日落車の鈴木美教は左鎖骨粉砕骨折などで60日の加療要する見込み/小倉”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年11月19日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202111190001155.html 2021年11月19日閲覧。 

外部リンク[編集]