鈴木光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鈴木光(すずき ひかる、1998年 - )は、日本クイズプレーヤー。筑波大学附属中学校筑波大学附属高等学校卒業。現在は東京大学文科一類に在籍。東京大学クイズ研究会に所属。二卵性の双子で姉がいる。

経歴[編集]

1998年、東京生まれ。3歳から4歳の2年間インターナショナルスクールの幼稚園に通っていた。小学2年の時に英検2級に、中学3年の時に英検1級にそれぞれ合格。高校1年の時、Z会が主催する高校生対象の学力コンテスト「超難問コロシアム」の本選へ友人とともに出場[1]

高校2年の時、スタンフォード大学が日本の高校生向けに行なう通信教育プログラムを受講し、論文が表彰された[2]。同年、アジア太平洋青少年リーダーズサミットに参加[3]。その後、推薦入試で東京大学文科一類に合格。

2017年11月12日、TBSのクイズ番組『東大王』の入れ替え戦で2017秋ベスト4に進出。その結果を受け、2017年11月19日放送の第14回より水上颯伊沢拓司鶴崎修功とともに東大王チームとしてレギュラー出演している。

人物[編集]

  • 東大王では、スタンフォード大学の通信教育プログラムで論文が表彰されたことに因み、「スタンフォードが認めた才媛」と紹介される。
  • 子どもの頃はピアノとスイミング、書道を習っていた。
  • 中学・高校では軽音楽部に所属し、ギターとヴォーカルを務めた。
  • 好きなアーティストは、邦楽では椎名林檎および東京事変ONE OK ROCK。椎名林檎の中では『幸福論』が、ONE OK ROCKの中では『Cry out』がもっとも好きな楽曲である。そのほか、山崎まさよしの『One more time, One more chance』やSMAPの『夜空ノムコウ』など、2000年代前後にリリースされた楽曲を好む傾向にあると語っている。洋楽ではドイツのバンドJuliドイツ語版[4][5][6]
  • 将来の夢は、海外の大学院に進学し、企業法務の弁護士になること[7]

出典[編集]

  1. ^ 「美しすぎる東大王」鈴木光が語る 2ページ目文春オンライン
  2. ^ 「美しすぎる東大王」鈴木光が語る 4ページ目文春オンライン
  3. ^ アジア太平洋青少年リーダーズサミット(2015年度)”. 筑波大学附属高等学校 (2015年9月28日). 2018年8月4日閲覧。
  4. ^ 「美しすぎる東大王」鈴木光が語る 3ページ目文春オンライン
  5. ^ 鈴木光 (2018年8月3日). “鈴木光さん(@hikaru.suzuki.lily) • Instagram写真と動画”. 2018年8月4日閲覧。
  6. ^ 鈴木光 (2018年8月25日). “鈴木光さん(@hikaru.suzuki.lily) • Instagram写真と動画”. 2018年10月7日閲覧。
  7. ^ 美しき「東大王」と学ぶ「生きにくい世の中を渡っていくための教養術」”. 文春オンライン (2018年4月15日). 2018年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

鈴木光 (hikaru.suzuki.lily) - Instagram