水上颯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みずかみ そう
水上 颯
生年月日 (1995-08-19) 1995年8月19日(24歳)
出身地 日本の旗 日本山梨県
学歴 開成高等学校卒業
東京大学医学部在籍
職業 タレント
所属 ワタナベエンターテインメント
ジャンル クイズ
活動期間 2012年 -
公式サイト
プロフィール
備考
身長:170cm

水上 颯(みずかみ そう、1995年8月19日 - )は、日本クイズプレイヤー。山梨大学教育学部附属中学校開成高等学校卒業。東京大学医学部に在籍。東京大学クイズ研究会 (TQC) の会員[1]や、ウェブサイト「QuizKnock」のライター[2]としても活動している。ワタナベエンターテインメント所属。

経歴[編集]

山梨県出身[3]。父は整形外科医、母は内科医で共に開業医[4]。山梨大学教育学部附属中学校を卒業後、開成高校に進学。在学中に開成学園クイズ研究部に所属。2012年、青木寛泰や太田凌介とともに日本テレビの第32回『全国高等学校クイズ選手権』に出場し優勝。開成高校の3連覇に貢献した。

2014年・2015年に日本テレビの『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』に出演。2015年には京都大学の井上良を下して史上2人目の2連覇を達成したが、2016年にその井上に決勝で敗北した。

2017年からは、TBSの『東大王』に伊沢拓司(2019年3月にチーム卒業)や鶴崎修功鈴木光とともに東大王チームの大将としてレギュラー出演している。

2017年、公益財団法人 孫正義育英財団の準財団生(平成29年度・1期生)に選ばれ、人材発掘の方法についても助言した。これは、2014年放送の『頭脳王』を視聴した孫正義が水上を気に入り、水上の先輩の先輩を通じて水上に声をかけたことがきっかけである[5][6][7]

2018年1月15日にテレビ朝日にて放送の『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!武田鉄矢からの挑戦状!今 知っておきたい幕末・維新の8傑から出題SP~』で初優勝を果たした。

人物[編集]

『東大王』では「東大医学部のプリンス」、『Qさま!!』では「東大医学部の天才貴公子」、『Knock Out-競技クイズ日本一決定戦-』では「閃光のクイズ貴公子」と呼称される。過去に『頭脳王』では「東大医学部の異端児」とも。

クイズに関して、「クイズをやってる人たちはそれぞれに得意ジャンルがあって、そういう人たちの専門分野に関する話はおもしろいし、興味の幅を広げてくれる。そんな知り合いとの触れ合いで知識を仕入れていくことが僕は多いかな」と述べている[8]

戦績[編集]

  • 日本テレビ 第32回『全国高等学校クイズ選手権』優勝(2012年)
  • 日本テレビ 『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』優勝(2014年、2015年) - 史上2人目の2連覇(最初の連覇達成者は、同じく東京大学に在籍していた亀谷航平)
  • クイズ大会「mono-series'16 東京」同点優勝(2016年)[9]
  • TBS『東大王』3位(2016年)、2位(2017年春)、優勝(2017年秋)
  • テレビ朝日『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』優勝(2018年)[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 瀧靖之『東大脳の育て方』主婦の友社、2017年9月1日。ISBN 9784074249121
  2. ^ [1](QuizKnock)
  3. ^ 頭のいい子に共通する小学校時代の過ごし方”. 東洋経済オンライン. 2017年9月30日閲覧。
  4. ^ 孫さんも一目ぼれした「クイズ王」 目指すキャリアは”. NIKKEI STYLE. 2018年4月1日閲覧。
  5. ^ 財団生紹介”. 孫正義育英財団. 2018年4月1日閲覧。
  6. ^ 孫さんも一目ぼれした「クイズ王」 目指すキャリアは”. NIKKEI STYLE. 2018年4月1日閲覧。
  7. ^ 孫正義「あしなが」財団のホンキ度”. FACTA ONLINE. 2019年4月1日閲覧。
  8. ^ 頭脳バトル『東大王』出演者に突撃!「テレビ局側のドS発言がプレッシャー」”. 主婦と生活社 (2018年1月21日). 2018年2月10日閲覧。
  9. ^ 結果発表(mono-series16)
  10. ^ 「武田鉄矢からの挑戦状!いま知っておきたい幕末維新8傑から出題SP」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]