趙容徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
男子 柔道
オリンピック
1984 ロサンゼルス 95kg超級
1988 ソウル 95kg超級
世界柔道選手権
1985 ソウル 95kg超級

趙容徹(チョ・ヨンチョル、: 조용철: Yong-Chul Cho1961年5月7日 - )は、韓国柔道選手。階級は95kg超級。身長180cm。体重116kg[1]

人物[編集]

1981年の世界選手権95kg超級準決勝では、山下泰裕に開始早々内股で一本負けを喫して、その後の3位決定戦でも敗れ5位に終わった。1984年のロサンゼルスオリンピックでは3位となった。1985年に地元のソウルで開催された世界選手権では、決勝で斉藤仁を相手に開始すぐ立った姿勢から腕挫腋固を仕掛けて一挙に体を捨てると、斉藤は釣り手である左腕の肘を脱臼して試合続行不可能となり、棄権勝ちで優勝を遂げた。この試合に対して日本選手団は、趙が施した立ち姿勢から体を捨てる腕挫腋固はIJF試合審判規定28条で示されているように警告に該当する反則技なのではないかとIJFに質問状を提出したが、結果として徒労に終わった[2][3][4]。1986年にソウルで開催されたアジア大会では、斉藤が出場した95kg超級にはエントリーせず無差別に出場したが、決勝で正木嘉美に指導を取られて敗れた。迎えた1988年のソウルオリンピックの準決勝では斉藤との因縁の再戦となったが、残り20秒になって防御姿勢で指導を取られてリードされると、今度は不用意に場外に出て注意を与えられ、それ以降は戦意喪失して戦いを止めた[5]。その後の3位決定戦には勝ち、銅メダルを獲得している。

主な戦績[編集]

(階級表記のない大会は全て95kg超級での成績)

脚注[編集]

  1. ^ Jo Yong-Cheol Biography and Olympic Results
  2. ^ 「第14回世界選手権特集」近代柔道 ベースボールマガジン社、1985年11月号、63頁
  3. ^ Cho Yong-Chul's illegal waki-gatame
  4. ^ Saito robbed of 1985 World title
  5. ^ 「オリンピックソウル大会柔道競技」近代柔道 ベースボールマガジン社、1988年11月号、74頁

外部リンク[編集]