西田暢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西田 暢
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1944-11-02) 1944年11月2日(73歳)
身長
体重
173 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1969年 ドラフト3位
初出場 1970年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西田 暢(にしだ とおる、1944年11月2日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

来歴・人物[編集]

早稲田実業高校では1962年夏の甲子園都予選準々決勝に進出するが、都五商に敗退。卒業後は早稲田大学へ進学。東京六大学リーグでは在学中3度優勝。1965年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)に出場、日本の優勝に貢献した。リーグ通算51試合出場、203打数50安打、打率.246、2本塁打、15打点。ベストナイン(遊撃手)2回。大学同期に八木沢荘六投手がいる。

1966年第2次ドラフト会議サンケイアトムズから2位指名を受けるが拒否し、熊谷組へ入社。1967年から2年連続都市対抗野球大会に出場。1969年には遊撃手として社会人ベストナインに選ばれている。

1969年ドラフト会議中日ドラゴンズから3位指名を受け入団。1973年にはバート・シャーリーの退団により、その後継遊撃手を広瀬宰正岡真二と争うが、レギュラーには定着できなかった。1974年には二塁手として7試合に先発、同年のロッテ・オリオンズとの日本シリーズでも、第1戦に7回から遊撃手として起用されている。1975年には出場機会がなく、同年限りで引退

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 中日 13 4 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1971 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 45 35 31 12 6 2 1 0 10 0 0 1 0 0 3 0 1 6 1 .194 .286 .323 .608
1973 48 46 40 7 8 0 0 2 14 3 1 3 2 0 3 0 1 4 3 .200 .273 .350 .623
1974 57 53 51 10 12 2 0 0 14 4 0 0 1 0 1 0 0 10 1 .235 .250 .275 .525
通算:5年 165 138 126 30 26 4 1 2 38 7 1 4 3 0 7 0 2 21 5 .206 .259 .302 .561

背番号[編集]

  • 39 (1970年 - 1975年)

関連項目[編集]