成田理助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

成田 理助(なりた りすけ、1909年明治42年)8月18日 - 1988年昭和63年)4月1日)は、日本の野球評論家。旧姓は西田

略歴・人物[編集]

長野県上水内郡三輪村(現長野市)で生まれる。旧制長野中学(現長野県長野高等学校)を経て、1934年(昭和9年)に法政大学法文学部法律学科を卒業する。大学在学中は、野球部選手として活躍し、2回の優勝に貢献する。

1934年東京鉄道局に入局。1940年応召。復員後の1949年に退職し、東鉄野球部監督、東京六大学野球審判員。1951年ノンプロ明治座入社とともに野球部監督、全日本軟式野球連盟常任理事。1979年日本社会人野球関東連盟副会長。その後は野球評論家として活動する。

1988年(昭和63年)、心不全にて死去、78歳。

著書[編集]

共著[編集]

共編[編集]

参考文献[編集]