第三次ハリコフ攻防戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第三次ハリコフ攻防戦
第二次世界大戦東部戦線
Kharkovcounteroffensive.png
1943年1月から3月にかけての東部戦線南部のハリコフにおける戦線の状況。
1943年2月19日 – 3月15日
場所 ウクライナ国家弁務官区(ナチス・ドイツ占領下ハリコフ
結果 ドイツ軍の勝利
衝突した勢力
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
指揮官
ソビエト連邦の旗 フィリップ・ゴリコフ
ソビエト連邦の旗 ニコライ・ヴァトゥーチン
ソビエト連邦の旗 コンスタンチン・ロコソフスキー
ナチス・ドイツの旗 エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
ナチス・ドイツの旗 パウル・ハウサー
ナチス・ドイツの旗 ヘルマン・ホト
ナチス・ドイツの旗 エバーハルト・フォン・マッケンゼン
戦力
346,000 70,000
被害者数
戦死 45,219
戦傷 41,250
戦死・戦傷・行方不明 11,500

第三次ハリコフ攻防戦(だいさんじハリコフこうぼうせん)は、1943年2月19日から3月まで、ハリコフを中心にウクライナで行われたドイツ軍赤軍との戦闘のことである。ドイツではドネツ戦役と呼ばれ、ソ連側ではドンバス・ハリコフ作戦と呼ばれている。ドイツの反撃によりハリコフとベルグラードは再奪還された。

スターリングラードにてドイツ第6軍が包囲されている間、赤軍は南方軍集団に対して広範囲で攻撃を仕掛けていた。1943年2月2日に星作戦とギャロップ作戦を実行し、2月の初旬にドイツの戦線を破ってハリコフ、クルスク、ベルグラードに加え、イジュームルとルハーンシクの奪還に成功した。ソ連の勝利は、部隊にさらなる無理を強いる結果となった。2月2日のドイツ第6軍降伏によって手すきとなった中央戦線は西部に焦点を移し、2月25日には中央軍集団と南方軍集団に対して攻撃を開始した。しかし、これらの数ヶ月にも及ぶ作戦は赤軍に大きな損害を出させ、師団によっては1000名から2000名程度の兵しか戦力として使えなくなってしまった。2月19日にエーリッヒ・フォン・マンシュタインはハリコフに対し、新設された第2SS装甲軍団と2個装甲軍を用いて反撃を仕掛けた。

ドイツ国防軍はハリコフ南部の赤軍機甲部隊に対し側面攻撃をしかけ、包囲殲滅させることに成功した。マンシュタインはこの勝利で3月7日にハリコフの市街地に対する再攻勢をかけるができた。SS装甲軍団は北からハリコフを包囲するよう命じられたにも関わらず、3月11日にハリコフに直接攻撃を行った。4日間の戦闘の後、3月15日に第一SS装甲軍団によってハリコフが再奪還された。ドイツ軍はさらに進軍を続け、ベルグラードを再奪還したため、クルスクを中心とした突出部が形成されて、7月のクルスクの戦いにつながった。ドイツ軍は赤軍に対して90,000名の犠牲を強いた。ハリコフの市街地戦ではドイツ装甲師団にも損害が出て、3月の半ばにこの作戦が終わるころにはおよそ4,300名の死傷者が出た。

このようにマンシュタインの機動防御戦による反撃により東部戦線南部は崩壊を免れた。この戦いは「マンシュタインのバックハンドブロウ(後手からの一撃)」の異名を取り、機動防御戦の教科書として戦史上極めて重要な戦闘の一つに数えられている。

背景[編集]

ソ連軍の攻勢(1月末〜2月中旬)[編集]

1943年の初め、ソ連軍はスターリングラードにてドイツ第6軍を包囲した上で、さらにドン川へと攻勢をかけた事で、[1]ドイツ国防軍は戦線崩壊の危機を迎えていた。[2]スターリングラード攻防戦でのソ連の勝利が確定し、1943年2月2日には第6軍の司令官がすべて降伏し、9万にも及ぶ将兵が赤軍の捕虜となり、ドイツB軍集団の第6軍がスターリングラードで壊滅した。[1][3]スターリングラードでのドイツの損害の合計は捕虜も含め、12万[4]から15万[1]にも及んだ。1942年を通してのドイツは人的損害を190万人近く出し、[5]1943年の初めに国防軍は東部戦線において軍の定員を47万人を下回る兵しか充足できなかった。[6]バルバロッサ作戦開始時国防軍は3300両の戦車を保有していたが、[7]1月22日地点で東部戦線の全戦線にて残っていたのはわずか495両だった。[8]さらにこれらの戦車は大半が旧式のもので、全ての戦車が東部戦線全体に分散していた。[9]ソ連軍のドン戦線がスターリングラードでドイツ軍を撃滅した後、スタフカはヴォロネジからロストフまで進軍しドイツのA軍集団を包囲するという攻勢の命令を下した。[10]一方北部では、デミャンスク東方に形成されていたドイツ軍突出部・中部にあたるスモレンスク東方のドイツ軍に攻撃を加え、3月中に奪還した。

1月29日、南西正面軍がドニエプル川まで進出し、ドン軍集団A軍集団との連絡を遮断し、クリミアへ追い詰める「早駆け作戦」が発動された。続いて、2月2日赤軍はヴォロネジ正面軍が引き続き弱体化したドイツB軍集団に攻勢をかけ、ハリコフの奪還を狙う「星作戦」を発動させた。ヴォロネジ方面軍は第3戦車軍を、南西方面軍は第6軍と臨時に編成されたポポフ戦車軍を先方とし、南方面軍は5個軍を先頭として、それぞれの目標へと進撃していった。これは、ドイツ軍の南方3個軍集団(A・B・ドン)を包囲殲滅する作戦であった。星作戦の結果、ソ連はベルゴロド、ハリコフ、クルスクを奪還した。[11]マルキアン・ポポフ少将率いる4個機甲師団が先鋒となり、ドネツ川を渡り、ドイツ軍の背後を取ろうと進軍した。[12]

2月6日、ドン軍集団のマンシュタインが総統大本営でアドルフ・ヒトラーと今後の作戦構想において会談し、ドネツ地域にソ連軍を引き入れて流動的な防御を行うことを主張した。それに対してヒトラーは、ドン川下流の湾曲部に沿う「バルコニー」突出部のドネツ地域全体は何としても保持しなければならないと主張して、マンシュタインの主張を認めなかった。

1943年ハリコフ付近の第1武装親衛隊の兵士たち

2月中旬には戦況はさらに悪化しており、A軍集団はカフカスから後退し、ホリト軍支隊とB軍集団の第4装甲軍は突出部にあるミウス川以東地域から後退していた。2月9日にはソ連軍はクルスク=ベルゴロド=ハリコフ北部のラインまで前進した。2月15日、2個機甲師団がドニエプル川下流のザポリージャに迫った。ザポリージャはロストフ方面への最後の道であり、南方軍集団の本部、及び第4航空艦隊が駐留していた。[13]13日ヒトラーはハリコフの死守を命じたが、15日SS装甲軍団がハリコフから撤退、赤軍によって2月16日に奪還された。[14]ヒトラーは直ちにマンシュタインの本部があるザポリージャに飛んだ。マンシュタインはハリコフへの即時反撃は効果がないと主張したが、突出した赤軍の側面へのマンシュタインの5個機甲師団による攻撃は成功して、ハリコフを再占領することはできると考えた。[15]2月19日赤軍の機甲部隊はドイツの戦線を破り、ザポリージャへと接近した。悪化する戦況の中で総統はマンシュタインに作戦上のフリーハンドを与えた。ヒトラーがこの地を離れた時、赤軍は飛行場から30kmの地点まで迫っていた。[16]19日時点で、南西方面軍はドニエプル川目前まで前進していた。

ソ連軍は星作戦の次の作戦としてギャロップ作戦を発動させた。この作戦はルハーンシクとイジュームを奪還することでドイツをドネツ川から押し出し、戦況をさらに悪化させる事を目的とした。スタフカはこの作戦によってロシアの南方戦線は完全に勝利し、大祖国戦争を勝利することができると考えた。[17][18]

ドイツ第6軍の降伏により、包囲していた6個軍がコンスタンチン・ロコソフスキーの元に再編成され、ロコソフスキーの部隊は第2戦車軍と第70軍によって強化された。[19]これらの戦力はドイツの中央軍集団と南方軍集団の繋ぎ目であるハリコフに再配置され、ドンバス作戦に用いられた。[20]この作戦はデスナ川を渡りドイツ中央軍集団を攻撃する事でオリョールにおけるドイツの突出部を殲滅する作戦であった。[19]もともとは2月12日から15日の間に作戦が開始される予定だったが、軍の展開が遅れたためスタフカは2月25日に作戦を延期した。[21]その間にソビエト第60軍はドイツ第2装甲軍の第4装甲師団をクルスクから追い出そうとし、同時にドイツ第2装甲軍団をドイツ軍の側面へと向かわせた。これらのロコソフスキーの攻撃によりドイツ軍の前線の間に60kmほどの裂け目が生じた。[22]ソビエト第14軍と48軍はドイツ第2装甲軍の右翼を攻撃し、わずかに前進した間、[23]ロコソフスキーは2月25日に攻勢を開始し、ドイツ軍の戦線を突破し、南部にてドイツ第2装甲軍とドイツ第2軍の間を分断し、包囲を形成しつつあった。しかしドイツ軍の予想外の抵抗によりこの作戦の大幅に遅れ、[23]ロコソフスキーは中央と左翼において限定的な前進しか行えなかった。[24]一方ソビエト第2戦車軍団はドイツ後方を160km前進することに成功し、それに伴い、ソビエトの軍の側面の距離は100kmも増加した。

赤軍の攻勢は続きマンシュタイン元帥は第3SS装甲師団(第4装甲軍団指揮下)によって強化されたSS装甲軍団を用いれば反撃できると判断したが、ヒトラーは7つの補充が完了していない戦車師団、自動化師団のみを直近の反撃のために使う許可を出した。リヒトホーフェン元帥指揮下の第4航空部隊は部隊を再編成し、出撃回数を1月の250回から2月には1000回に増加さっせ、ドイツ軍の航空優勢を確保した。[25]2月20日、赤軍はザポロージャに対して無謀な進軍を行い、[26]これがドネツ戦役として知られるドイツの反撃の狼煙となる。[27]

両軍の戦力[編集]

1943年の1月13日から4月3日にかけて、推定500,000名の赤軍の兵士がヴォロネジ=ハリコフ攻勢として知られる作戦に参加していた。[28][29]東部戦線全体では6,100,000名の兵士が従軍しており、659,000名の兵士が負傷のため、戦闘不能であった。一方ドイツ軍は東部戦線全体で2,200,000名の兵士が従軍しており、またノルウェーに100,000名の兵士が駐屯していた。結果として、赤軍は2月初旬にはドイツ軍と比較して、2倍以上の人員を展開していた。[30]しかしこの戦いの間の戦線の拡大と損害の増加により、マンシュタインの反撃が始まった時、ドイツは局地的に数の優位を活かすことができた。例として、戦車の数を比較するとマンシュタインの350台の戦車は赤軍の戦車と交戦した際、7対1の比率で数で勝っており、物資と燃料の補給もドイツの戦車の方が行き渡っていた。[31]

ドイツの戦力[編集]

エーリッヒ・フォン・マンシュタイン元帥は第三次ハリコフ攻防戦の南方軍集団の司令官であった。

反撃開始時、マンシュタインは第48機甲軍団とSS装甲軍団からなる第4装甲軍[32]、第40機甲軍団と57機甲軍団からなる第1装甲軍を有していた。[33]第48軍団は第6機甲師団、第11機甲師団、第17機甲師団から構成されており、SS装甲軍団は第1SS装甲師団、第2SS装甲師団、第3SS装甲師団から構成されていた。[32]2月の初めに、SS装甲軍団の戦力の合計はおよそ20,000名ほどであった。第4装甲軍と第1装甲軍はソ連側の突出部の南方に位置していた。SS装甲軍団はこの突出部の北部に展開しており、南方軍集団の北部の戦線を維持していた。[34]

ドイツ軍はおよそ70,000名の兵力を有していたのに対し、赤軍は210,000名の兵力を有していた。[35]ドイツ国防軍の戦力は低下しており、特に1942年6月から1943年2月の青作戦の損害は深刻であったため、ヒトラーは80万人の新兵を補充することを目的にカイテルラマースボルマンの3名による委員会を発足させた。このうち、半数は「非基幹産業」から集める予定であった。[36]この人員補充の効果は1943年の5月になってもあまり見られなかったものの、ドイツ軍の戦力はバルバッロサ以来最大の950万人の兵力を確保した。[37]

1943年の初め、ドイツ軍は重度の損害に悩まされた。[38]機甲師団が100台以上の戦車を持つ事はあまりなく、平均で70台か80台の戦車しか使う事が出来なかった。[39]ハリコフの戦いの後、グデーリアンはドイツ軍の機械化を推進する計画を開始した。グデーリアンの努力にも関わらず、ドイツの機甲師団は本来の戦力を13,000名から17,000名の編成で構成している所を、10,000名から11,000名しか充足することが出来なかった。[40]6月までに各機甲師団に100台から130台の戦車を配備した。[41]SSの師団は一般的には他の師団より状態が良く、150台の戦車と自走砲大隊を持ち、歩兵と偵察部隊はトラックにより自動化され、[37]19,000名の編成で構成されていた。[42]この時、ドイツ戦車の大半が未だにIII号戦車IV号戦車によって構成されていたが、第2SS装甲師団にはティーガーIが配備された。[43]

第4装甲軍はヘルマン・ホト将軍によって指揮されており、第1装甲軍はエバーハルト・フォン・マッケンゼン将軍の指揮下にあった。[44]第6、11、17装甲師団はそれぞれ、ヴァルター・フォン・ヒューナースドルフ[45]ヘルマン・バルク[46]フリードリーン・フォン・ゼンガー・ウント・エッターリン[47]によって率いられていた。SS装甲軍団はパウル・ハウサー将軍によって指揮されていた。ハウサーは第3SS装甲師団の指揮官でもあった。[48]

赤軍の戦力[編集]

1月終わりから2月の初めにかけ、ドイツ南方軍集団に対する守りとして、ブリャンスク、ヴォロネジと南西戦線を含む前線の赤軍の強化が開始された[49]これらの戦線の部隊はそれぞれマークス・レイテル[50]フィリップ・ゴリコフ[51]ニコライ・ヴァトゥーチン[52]によって率いられていた。2月25日、ロコソフスキー元帥の中央戦線がこの戦いに加わった。[22]

経過[編集]

ドイツ軍の第一次反攻(2月19日〜3月6日)[編集]

ドイツ軍側は、B軍集団を解消し、マンシュタインのドン軍集団を南方軍集団へ改組。第1装甲軍は南方軍集団へ移され、クライストのA軍集団は第17軍のみを隷下に置いてクバニ橋頭堡へ撤収と、組織的な再編を完了。マンシュタインは着々と反撃の準備を進めた。

一方、ソ連軍は急進撃による補給不足が、しだいに深刻化しており、特にポポフ戦車軍は「すべての車両、動かず」という悲鳴のような状況報告を行っていたが、ドイツ軍戦線は崩壊状態にあると状況を誤認した南西方面軍はさらなる進撃を強要していた。

2月19日にヒトラーが、飛行機を利用してドニエプル川河畔のザポリージャの南方軍集団司令部を訪問、マンシュタインに即時のハリコフ奪還と戦線の死守を要求するが、マンシュタインはドニエプルと南方軍集団の背後に侵入しつつあるソ連軍の先鋒の撃破を優先するよう説得をしていた時、ザポリージャ近郊のポルタワにソ連軍が出現したという情報が入った。そのお陰で、ヒトラーはザポリージャから退避することになり[53]、マンシュタインに作戦指導を一任した。こうして、フリーハンドを得たマンシュタインは、即刻反撃を命じる。

まず、ミウス川以東地域から後退したホリト軍支隊を、ミウス川沿いに配置して、南方面軍の5個軍の進撃を阻止させ、第4装甲軍を南方軍集団左翼に、北カフカスから後退した第1装甲軍を南方軍集団右翼に秘密裏に配置変更して、ドニエプル川へと伸び切った南西方面軍を、第4装甲軍のSS装甲軍団が西方から、第4装甲軍の第48装甲軍団が南方から、第1装甲軍の第40装甲軍団が東方からの3方向で突入して攻撃を開始。この攻撃で南西方面軍は、ポポフ戦車軍、第6軍、第1戦車軍が壊滅的な打撃を受けたことにより包囲殲滅され壊走した。この反撃により、ドイツ軍は3月始めにはドネツ川=ミウス川の線までソ連軍を押し戻した。

ドイツ軍の第二次反攻(3月初旬〜中旬)、クルスクの戦いへ[編集]

1943年3月、ハリコフに入るSS装甲軍団配下の第2SS装甲師団ダス・ライヒ所属の4号戦車

3月7日、南西方面軍を包囲殲滅した第4装甲軍の第48装甲軍団とSS装甲軍団は、ヴォロネジ方面軍の側面を攻撃する為にハリコフ方面に、同じ目的でケンプ軍支隊が、ベルゴロド方面に前進を開始。ソ連軍は西方へ進撃していた第3戦車軍を呼び戻し、ハリコフの防衛に当たらせるが、側面を攻撃されたことにより、ヴォロネジ方面軍の第3戦車軍、第40軍、第69軍は撃破され、逆に包囲の危機に晒されてしまい壊走した。15日にはあえなくハリコフを奪還され、3月中旬にはドイツ軍はベルゴロドも回復した。こうして、スターリングラードの包囲以降続いていたドイツ軍南翼の危機は回避され、むしろソ連軍南翼が崩壊状態に追い込まれた。

次はクルスクで突出している部分へ攻勢をかけるべきであったが、春の泥濘期に入ったこと、突出部北部の中央軍集団が冬期戦の目処がついたことによって部隊の休養を宣言したことなどがあり、双方の軍事行動は一旦中止された。

ドイツはこのクルスク突出部を攻撃する「ツィタデレ作戦」を5月初旬に開始する事を決めていたが、延期に延期が続き、7月からのクルスクの戦いでは十分に整えられたソ連軍の備えに苦しみ、敗退する事になる。

結果[編集]

これらの戦いで赤軍は戦死者を45,200名、戦傷者を41,200名ほど出した。[54][55]1943年の4月から7月の間に赤軍は軍の再編成を進め、後にクルスクの戦いとして知られるドイツの再攻勢に備えた。この戦いでのドイツ軍の損害は推測する事は、SS装甲軍団の調査結果以外から難しいが、武装親衛隊の各師団は最も激しい戦いが行われていた時点に展開されていた。3月17日までにSS装甲師団は160名の将校と4300名の徴兵した兵士を失い、おおよそ戦力の44%を失った。[48]

軍事歴史家のべヴィン・アレクサンダーはドイツにとって第三次ハリコフ攻防戦は東部戦線での最後の大きな勝利であると記述している。[56]

ハリコフでの勝利の後、ヒトラーには2つの戦略が提案された。1つ目は後手を取るもので、第三次ハリコフ攻防戦で行った事をクルスクで再現するものであった。いずれ来るソビエトの攻勢に備えて待機し、一度赤軍に進軍させた後、敵の後方に反撃を行い、包囲してしまうものであった。2つ目は先手を打ち、中央軍集団と南方軍集団によって、[57]クルスクの突出部を包囲するものであった。最終的にはヒトラーの判断により、先手を打ち、クルスクの戦いが生じた。[58]

題材とした作品[編集]

ボードゲーム
  • 国際通信社 ジャパン・ウォーゲーム・クラシックス第3弾 『ドイツ戦車軍団』 「ハリコフ攻防戦」[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Glantz (1995), p. 141
  2. ^ Cooper (1978), p. 451
  3. ^ McCarthy & Syron (2002), pp. 177–178
  4. ^ McCarthy & Syron (2002), p. 177
  5. ^ Megargee (2000), p. 193
  6. ^ Cooper (1978), pp. 451–452
  7. ^ Cooper (1978), p. 270
  8. ^ Cooper (1978), p. 452
  9. ^ Cooper (1978), p. 452
  10. ^ Glantz (2009), p. 110
  11. ^ Glantz (1999), p. 10
  12. ^ Glantz (1995), pp. 143–144
  13. ^ Glantz (1995), p. 144
  14. ^ McCarthy & Syron (2002), pp. 178–179
  15. ^ McCarthy & Syron (2002), p. 179
  16. ^ Krause & Phillips 2005, pp. 162–163
  17. ^ Nipe (2000), pp. 54–64, 67ff, 100
  18. ^ Glantz (1995), pp. 143–147.
  19. ^ a b Glantz (1996), p. 125
  20. ^ Glantz (1999), p. 11
  21. ^ Glantz (1995), p. 145
  22. ^ a b Glantz (1996), p. 128
  23. ^ a b Glantz (1995), p. 146
  24. ^ Glantz (1996), p. 132
  25. ^ Glantz (1996), p. 124
  26. ^ McCarthy & Syron (2002), pp. 179–180
  27. ^ Glantz (1995), p. 147
  28. ^ Glantz (1995), p. 296
  29. ^ Language Policy in the Soviet Union by L.A. Grenoble & Eastern Europe and the Commonwealth of Independent States
  30. ^ Glantz (1995), p. 303
  31. ^ McCarthy & Syron (2002), pp. 179–180
  32. ^ a b von Mellenthin (1956), p. 252
  33. ^ McCarthy & Syron (2002), p. 181
  34. ^ McCarthy & Syron (2002), p. 181
  35. ^ Glantz (1991), pp. 152–153
  36. ^ Glantz (1999), p. 15
  37. ^ a b Glantz (1999), p. 16
  38. ^ Clark (1965), p. 294
  39. ^ Clark (1965), p. 297
  40. ^ Glantz (1999), pp. 16–17
  41. ^ Glantz (1999), p. 16
  42. ^ Slaughterhouse, p. 393
  43. ^ Clark (1965), p. 304
  44. ^ McCarthy & Syron (2002), p. 180
  45. ^ Slaughterhouse, p. 163
  46. ^ Slaughterhouse, p. 165
  47. ^ Slaughterhouse, p. 167
  48. ^ a b Reynolds (1997), p. 10
  49. ^ McCarthy & Syron (2002), p. 181
  50. ^ Slaughterhouse, p. 301
  51. ^ McCarthy & Syron (2002), p. 180
  52. ^ Slaughterhouse, p. 304
  53. ^ そこには、ヒトラーが訪問の際に使用した飛行場が近くにあった。
  54. ^ Glantz (1995), p. 296; this figure includes personnel losses between 19 February and 15 March 1943.
  55. ^ McCarthy & Syron (2002), pp. 180–181
  56. ^ Alexander, Bevin. How Hitler Could Have Won World War II: The Fatal Errors That Led to Nazi Defeat (Three Rivers Press: 2001), p 168
  57. ^ BattleField: The Battle of Kursk
  58. ^ Cooper (1978), p. 456

参考文献[編集]

  • 第2次大戦 欧州戦史シリーズ、『クルクス機甲戦』、学習研究社、1998年、ISBN 4-05-601989-4
  • Cooper, Matthew (1978). The German Army 1933–1945. Lanham, Maryland: Scarborough House. ISBN 0-8128-8519-8.
  • Glantz, David M. (1991). From the Don to the Dnepr: Soviet Offensive Operations, December 1942 – August 1943. Routledge. ISBN 0-7146-4064-6.
  • McCarthy, Peter; Mike Syryon (2002). Panzerkieg: The Rise and Fall of Hitler's Tank Divisions. New York City, New York: Carroll & Graf. ISBN 0-7867-1009-8.
  • Megargee, Geoffrey P. (2000). Inside Hitler's High Command. Lawrence, Kansas: Kansas University Press. ISBN 0-7006-1015-4.
  • Reynolds, Michael (1997). Steel Inferno: I SS Panzer Corps in Normandy. New York City, New York: Sarpedon. ISBN 1-885119-44-5.

関連項目[編集]