ハンス・ハインリヒ・ラマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国の政治家
ハンス・ハインリヒ・ラマース
Hans Heinrich Lammers
Bundesarchiv Bild 146-2008-0276, Hans Heinrich Lammers.jpg
生年月日 1879年5月27日
出生地 ドイツの旗 ドイツ帝国
Flag of Prussia 1892-1918.svg プロイセン王国 ルブリニッツ
(現ポーランドルブリニェツ英語版
没年月日 1962年1月4日(満82歳没)
死没地 西ドイツの旗 西ドイツ
Flag of North Rhine-Westphalia.svg ノルトライン=ヴェストファーレン州 デュッセルドルフ
出身校 ブレスラウ大学
ハイデルベルク大学
前職 弁護士
所属政党 ドイツ国家人民党→)
Reichsadler der Deutsches Reich (1933–1945).svg 国家社会主義ドイツ労働者党
称号 一級鉄十字章二級鉄十字章
配偶者 グリツィヴェ・エルフリーデ・ラマース

ナチス・ドイツの旗 無任所大臣
内閣 ヒトラー内閣
在任期間 1937年12月1日 - 1945年4月24日

ドイツ国の旗ナチス・ドイツの旗 首相官房長官
内閣 ヒトラー内閣
在任期間 1933年1月30日 - 1945年4月24日
テンプレートを表示

ハンス・ハインリヒ・ラマース(Hans Heinrich Lammers、1879年5月27日 - 1962年1月4日)は、ナチス・ドイツの政治家。ヒトラー内閣無任所大臣、首相官房長官を務めた。マルティン・ボルマン共にアドルフ・ヒトラーの側近として権勢を振るった。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

シレジアルブリニッツ(現在のポーランドルブリニェツ英語版)に出生。父は獣医であった。ブレスラウ大学ハイデルベルク大学に通い、1904年に法務博士の学位を取得した[1]。1907年に司法試験に合格し、1912年にはボイテン裁判官となった。1913年4月29日、グリツィヴェ・エルフリーデ・テペルと結婚し、1914年と1918年にそれぞれ娘を生んだ。

第一次世界大戦の際には出征して一級鉄十字章二級鉄十字章を受章しするが、1917年に戦傷のため左目を失明した。戦後は弁護士として活動し、ドイツ国家人民党に入党。1920年に内務省に入省し、1922年にはヴィルヘルム・クーノ内閣で内務次官となっている[2]。保守主義者だったラマースはドイツ社会民主党(SPD)の政治家を嫌悪し、ヴァイマル共和政に対しても拒否感を抱いており、そのため1928年に内務大臣カール・ゼーフェリンク(SPD党員)に叱責を受けた。

ナチ党幹部[編集]

1937年、執務中のラマース

1932年3月1日に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に入党(党員番号1,010,355)。すぐさま党の幹部となり、9月24日にプロイセン州で開催された党集会にヨーゼフ・ゲッベルスと共に出席し、党幹部としての活動を開始する[3]。1933年のナチ党の権力掌握後には首相官房長官・国務長官の職責が与えられた[4]。同時に内務大臣ヴィルヘルム・フリックの推薦で、全政府機関の主席法律顧問に任命された。

1937年からヒトラー内閣無任所大臣に就任し、1939年11月30日には国防閣僚会議ドイツ語版のメンバーとなった[2]。同時期にT4作戦にも関与している[5]。ラマースはこうした立場に基づき、全ドイツの政府機構から連絡と諮問を受けると同時に、全ての政治文書をヒトラーに届く前に検閲することが出来た。官僚たちにとって、ラマースはヒトラーに代わりドイツの権威を代表する存在として映り、歴史家のマルティン・キチンは、これらの点からラマースを「ナチス・ドイツにおける最重要人物の一人」と述べている[6]

1933年9月29日には親衛隊(SS)の名誉指導者ともなり、親衛隊上級大佐の階級が与えられた。親衛隊の階級は1935年4月20日に親衛隊少将、1938年1月30日に親衛隊中将、1940年4月20日に親衛隊大将と昇進している[2]

権勢の低下[編集]

1944年10月、国民突撃隊に訓示を述べるヒムラー(右)と、同席するラマース(中央)とグデーリアン(左)

1943年1月からはヒトラー不在の閣議においては、ラマースがヒトラーを代理することと定められた。ラマースは党官房長マルティン・ボルマンとともにヒトラーの面会相手をコントロールしたため、強大な権力を持った。スターリングラード攻防戦後の1943年2月には、ボルマンとラマースは、党を代表するボルマンと政府を代表するラマースと軍を代表するヴィルヘルム・カイテルによる「三人委員会」を創設した。しかし、ゲッベルスやアルベルト・シュペーアヘルマン・ゲーリングハインリヒ・ヒムラーなど他のナチ党幹部に警戒されて、1944年に「三人委員会」は解散した。さらに、戦局の悪化で党・軍・各省庁がバラバラになっていったことでラマースの影響力も低下し、反対にボルマンの影響力が増大していった[7]

大戦末期の1945年4月24日にゲーリングの「反逆」に関与したとされて逮捕された。ボルマンの陰謀であった可能性があるが、いずれにしてもヒトラーはラマースの銃殺に反対したため、命は助かった。ラマースは5月にアメリカ軍によって解放されたが、オーバーザルツベルクにいた妻エルフリーデはこの拘束の最中に自殺しており、2日後には娘イルゼも自殺した[8]。解放後、ラマースはゲーリングら党や軍の幹部と共にモンドルフ=レ=バン英語版アシュカン収容所に収容された。

死去[編集]

敗戦後の1946年4月8日から9日にかけて、ニュルンベルク裁判の証人として出廷した。その後は彼自身も戦争犯罪人道に対する罪ニュルンベルク継続裁判の1つ「大臣裁判」にかけられ、1949年4月11日に懲役20年の判決を受けた。1951年1月31日に駐ドイツ高等弁務官ジョン・J・マクロイ英語版の指示により10年に短縮された後、さらに恩赦されて12月16日には釈放された[9]。1962年にデュッセルドルフで死去し、妻子の墓があるベルヒテスガーデンに埋葬された。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ Dissertation: Die Rentenschuld des Bürgerlichen Gesetzbuchs
  2. ^ a b c Robert S. Wistrich, Who's Who in Nazi Germany (London and New York: Routledge, 1995), 149.
  3. ^ Lammers, Hans Heinrich (1879-1962) auf Zukunft braucht Erinnerung
  4. ^ Hans Heinz Sadila-Mantau, German political profiles, Terramare Publications, Berlin, 1938
  5. ^ Raimond Reiter: Hitlers Geheimpolitik. Verlag Peter Lang 2008, ISBN 3-631-58146-7, S. 92.
  6. ^ Martin Kitchen, Nazi Germany at War (New York: Longman, 1995), 11.
  7. ^ Klaus Fischer, Nazi Germany: A New History (New York: Continuum, 1995), 312.
  8. ^ NNDB
  9. ^ Robert S. Wistrich, Who's Who In Nazi Germany (New York: Routledge, 2001), p. 149. Nonetheless, there are conflicting reports about his release date. According to Zentner and Bedürftig, in The Encyclopedia of the Third Reich vol. 1 [A-L] (New York: MacMillan Publishing, 1991), p. 254, Lammers was not released until 1954. Dr. Louis Snyder has him released sometime in 1952 in Encyclopedia of the Third Reich (New York: McGraw-Hill, 1976), p. 204, Gerald Reitlinger reported Lammers free in November 1951 in The SS: Alibi of a Nation, 1922-1945 (New York: Da Capo Press, 1989), p. 470, Tim Kirk claims Lammers was released sometime in 1951 in The Longman Companion to Nazi Germany (New York: Routledge, 1995), p. 222, Roderick Stackelberg has him amnestied at an unspecified 1951 date in The Routledge Companion to Nazi Germany (New York: Routledge, 2007), p. 220, as does William Shirer in The Rise And Fall Of The Third Reich (New York: Simon & Schuster, 1990), p. 965 fn.