東部占領地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東部占領地域(とうぶせんりょうちいき、ドイツ語: Generalbezirk、またはGeneralkommissariat genannt)は、ナチス・ドイツ独ソ戦以降に占領した地域の区分の総称。アルフレート・ローゼンベルクが大臣である東部占領地域省de:Reichsministerium für die besetzten Ostgebiete)の管轄下に置かれ、国家弁務官ドイツ語: Reichskommissar)が現地の統治に当たった。

ウクライナ[編集]

ウクライナの行政区分図

ウクライナ国家弁務官区ドイツ語: Reichskommissariat Ukraine)は、現在のウクライナの領域の大部分を統治した。1941年9月に設置されたが、1943年以降はソ連軍によって占領地域を失い、1944年3月には解体された。

  • 国家弁務官Reichskommissar
  • 行政委員Generalkommissar
  • クリミア行政地区委員(Generalkommissar für den Generalbezirk Krim (Teilbezirk Taurien))
  • ジトーミル行政地区委員(Generalkommissar für den Generalbezirk Shitomir)
  • キエフ行政地区委員(Generalkommissar für den Generalbezirk Kiew)
  • ニコライエフ行政地区委員(Generalkommissar für den Generalbezirk Nikolajew)

オストラント[編集]

オストラントの行政区分図

オストラント国家弁務官区ドイツ語: Reichskommissariat Ostland)は、現在のバルト三国ベラルーシの領域を統治下に置いた。1944年後半からソ連軍によってドイツ軍が包囲され、1945年1月以降はクールラントに包囲されたまま終戦を迎えた(クールラント・ポケット)。

  • 国家弁務官Reichskommissar
  • 行政委員Generalkommissar
  • ラトビア行政委員(Generalkommissar für Lettland )
  • 白ロシア行政委員(Generalkommissar für Weißruthenien)

関連項目[編集]