エンスラポイド作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンスラポイド作戦Operation Anthropoid)は、第二次世界大戦中、大英帝国政府とチェコスロバキア駐英亡命政府により計画されたナチス・ドイツベーメン・メーレン保護領(チェコ)の統治者ラインハルト・ハイドリヒ暗殺作戦のコードネームである。日本語では、「類人猿作戦」などとも訳される。ハイドリヒは、ナチスの秘密警察を束ねる国家保安本部の長官であり、ユダヤ人や他の人種の虐殺に対する「ユダヤ人問題の最終的解決」(ナチスはユダヤ人や少数民族の絶滅政策のことを婉曲的に「最終的解決」と称していた)を行うナチスの主要計画遂行者であった。

背景[編集]

ハイドリヒ副総督就任までの経緯[編集]

1939年3月14日から3月15日にかけて、ドイツ国総統アドルフ・ヒトラーは、チェコスロヴァキアエミール・ハーハ大統領をドイツの首都ベルリンへ召還し、ハーハ大統領に対してまずスロヴァキアを独立させ(独立スロヴァキア)、さらにチェコの部分をドイツ国に編入することを強要した。抗う力を持たないハーハ大統領は併合を認める署名をした。3月16日にこのチェコのドイツ編入領土は「ベーメン・メーレン保護領」と名づけられることとなった。4月5日にはコンスタンティン・フォン・ノイラート男爵がベーメン・メーレン保護領総督として同地に派遣された。また同日、ベーメン・メーレン保護領の警察業務を司る親衛隊及び警察指導者としてカール・ヘルマン・フランクも派遣された[1]。以降、しばらくの間、この二人によってベーメン・メーレン保護領は統治された。

第二次世界大戦中、ベーメンはルール地方と並ぶナチス・ドイツ最大の軍需工業地だった。アルベルト・シュペーアによればドイツ軍の戦車の3分の1、軽機関銃の40%はベーメンで生産していたという[2]。ところが、総督ノイラート男爵は、融和的すぎてストライキや抵抗運動が多発し、同地の兵器生産力が20%近く落ちていた[3]

業を煮やしたアドルフ・ヒトラーは、1941年9月19日から24日にかけてノイラートとフランクを自身の本営「狼の巣」へ呼び出し、チェコ人に寛容すぎる政策を叱責のうえ、ノイラートに長期休暇を命じた。代わりの統治者としてラインハルト・ハイドリヒを副総督に任命することを告げた[4]。ノイラートは、この際にヒトラーに総督職の辞任を申し出たが、却下され、ノイラートは形式的に総督に残留しながら休職処分という形になった[5]。1941年9月27日、正式にハイドリヒをベーメン・メーレン保護領副総督に任命するヒトラーの辞令が下り、ハイドリヒは翌28日にプラハに着任した[4]

ハイドリヒのチェコ統治[編集]

1940年のラインハルト・ハイドリヒ親衛隊中将(当時)

ラインハルト・ハイドリヒは、親衛隊(SS)ハインリヒ・ヒムラーに次ぐ実力者だった人物でゲシュタポ(国家秘密警察)、親衛隊保安部(SD)刑事警察を統括する巨大警察組織国家保安本部(RSHA)の長官であった。彼はナチスに反抗する人間を取り除く役目を担っており、ユダヤ人虐殺計画の主要な遂行者であった。彼はヒトラーやナチスの陰謀のほとんどに参加し、ナチス政権において重要な政治的地位を築いていた。彼はその能力と権力により、多くのナチスの要人や国防軍の高官たちから恐れられていた。その残忍性によって、ハイドリヒは「金髪の獣」「絞首刑人」の通り名で呼ばれていた。

ハイドリヒは「飴と鞭」の統治でベーメン・メーレン保護領を支配した。ハイドリヒは到着と同時にチェコ全土に戒厳令を敷き、即決裁判所を設置させ、反体制派の指導者層(中産階級のインテリ層)を次々と逮捕して死刑に処した[3]。チェコ首相アロイス・エリアーシも逮捕されて死刑判決を受けた。繰り返される処刑からハイドリヒは「プラハの虐殺者」という新たな通り名を得ることとなった。一方、ハイドリヒは労働者階級に対しては懐柔する政策を取った。労働者の食糧配給と年金支給額を増加させ、チェコの歴史で初めての雇用保険を創出させた。また、カールスバートのリゾートホテルなどを接収して労働者の保養地として開放するなどもした[3][6][7]。そのため労働者階級は中産階級インテリ層の起こす抵抗運動に参加することはなくなり、チェコの抵抗運動は手足を失って死滅していった。

ハイドリヒは、プラハでは「人間味ある総督」に見せようと心がけていた。記者にリナや幼い子らと一緒にいる写真をよく撮らせていた。また一家は重々しいプラハ城に定住せず、プラハ郊外にあるやや田舎のパネンスケー・ブジェジャニ(Panenské Břežany)に所領をもってそこで暮らした。自身の乗用車である「SS-3」のナンバープレートのメルセデス・ベンツオープンカーの状態にしてプラハ市民に自分の姿がよく見えるように走らせることが多かった。威圧的にならぬよう護衛車両をつけることもあまりしなかった。ヒムラーはプラハ訪問中にハイドリヒの個人警護が少なすぎると懸念し、警護をもっと増やすよう命じており、またヒトラーもハイドリヒの警護に無頓着な態度を頻繁に戒めていたが、ハイドリヒは最期まで耳を貸さなかった[8]。結果的にはこれが命取りとなった。

英国・チェコ亡命政府の危機感[編集]

1941-1942年のナチスの支配地域

1941年12月までに、アドルフ・ヒトラーはヨーロッパのほぼ全土を支配していた。このころドイツ軍はソビエト連邦の首都モスクワに迫っており、連合国はソビエト連邦の降伏は近いと考えていた。当時、ベーメン地方はドイツ軍の戦車の3分の1、軽機関銃の40%を生産する重要な軍需産業地だった。ハイドリヒにベーメン・メーレン保護領統治を成功されて軍需生産を活性化されることは、大英帝国はじめ連合国にとって極めて危険なことであった。

またエドヴァルド・ベネシュ大統領率いるチェコスロバキア駐英亡命政府は、1939年3月から始まったドイツ占領以来、ベーメン・メーレン保護領で目に見える抵抗がほとんどなかったことに対し、イギリス情報部からの圧力をうけていた。チェコスロバキア亡命政府は、チェコの人々に希望を与え、チェコスロバキアが連合国側であることを示す何からかの行動を起こす必要があると感じていた。イギリスのスパイ部隊である特殊作戦執行部(Special Operations Executive, SOE)は隊員を訓練し、作戦の計画を立案する支援を行った(cf:MRD Foot SOE and others) 。ヒトラーの後継者と考えられていたラインハルト・ハイドリヒは、ナチスドイツにおける最重要の人物のひとりであった。彼の死はナチスにとって大きな損失であり、たとえ軍事的な影響はないとしても、政治的・心理的な面での大勝利となるだろうと見込まれていた。

作戦[編集]

計画[編集]

イギリスのチェコスロバキア亡命軍から選抜された7人の兵士である、ヨーゼフ・ガブツィクヤン・クビシュと2つの他のグループ(シルバーAシルバーB)は、イギリス空軍により1941年12月28日にチェコスロバキア領内にパラシュートで降下した。これは、SOEの初めての作戦ではなかった。計画ではピルゼン近くで降下する予定であったが、航空機の航法に問題があったため、ガブツィクとクビシュはプラハの東に降下した。兵士たちは協力者と接触するためビルゼンへ移動し、計画した攻撃を行うため、そこからプラハへ移動した。

彼らは暗殺の準備期間、プラハでいくつかの家族や反ナチ組織と接触した。ガブツィクとクビシュは列車内でのハイドリッヒの暗殺を計画していたが、調査の結果これが不可能であることが明らかになった。第2の計画は、ハイドリッヒが住居からプラハへの移動中に、森の道路で暗殺するというものであった。道を横切るケーブルを張り、ハイドリッヒの車を止めて襲撃するという計画であった。しかし何時間かの待ち伏せの後、レジスタンスの戦闘員オパースカがやってきてそれを撤去し、プラハに戻っていった。そこで第3の計画が立てられ、プラハでハイドリッヒを暗殺することになった。

暗殺[編集]

手榴弾の破片で右側のフェンダーを破壊されたラインハルト・ハイドリヒのメルセデスベンツ

1942年5月27日、ハイドリッヒは、パネンスケー・ブジェジャニ(Panenské Břežany)にある自宅から、プラハ城までのいつもの通勤経路を通っていた。

彼は、いつもは付いている警察の護衛を、このときは急ぎのため付けていなかった。ガブツィクとクビシュはブロフカ病院の近くのトラムの停留所でハイドリッヒを待っていた。アルチークは車が接近してくるのを確認するために、ガブツィクとクビシュの北約100mの位置にいた。ハイドリッヒのオープントップのメルセデスベンツが近づくと、ガブツィクは車の正面に飛び出て射撃しようとした。ハイドリッヒは運転手のSS軍曹クラインに車を止めるように命令し、ガブツィクを射殺しようと立ち上がった。その時、クビシュが改造した対戦車手榴弾をハイドリッヒの車めがけて投げ込んだ。手榴弾は車の中には入らなかったものの、その破片は車の右側のフェンダーを破壊し、ハイドリッヒの体には車体からの破片や繊維が突き刺さった。ハイドリッヒはなおも反撃しようとしたが、負傷のためにすぐに倒れた。運転手のクラインはガブツィクが追いかけて殺害した[要出典]。ハイドリッヒはその負傷のため、一週間後に死亡した。

陰謀説[編集]

ハイドリッヒの上司のハインリヒ・ヒムラーは、自分自身で彼の安否を確認しようとし、ヒムラーが派遣した彼の個人的な医師が現地につくまで、チェコの医師や軍医にはハイドリッヒを治療する許可が出なかった。6月4日、ハイドリッヒは死亡した。ヒムラーが送った医師たちは、ハイドリッヒの車に使用していた馬の毛が手榴弾の爆発で破片とともに彼の体に入り、自分たちの薬では治療できない全身の感染を引き起こし、彼は「敗血症」で死亡したと報告した。しかし、ヒムラーはハイドリッヒを恐れていた節もあり、これらの診断の内容が妥当かどうかは、一部の人間の間で憶測を生んだ。因みに、ハイドリッヒは冷徹な仕事ぶりからSS内部でも敵が多く、武装SSの指揮官のヨーゼフ・ディートリヒに至っては「あの雌豚も遂にくたばったか!」と歓喜したという。

この他、手榴弾に仕込んであったイギリスの開発した生物兵器、ボツリヌス菌神経毒により死亡したという説もある。

結果[編集]

報復[編集]

ヒトラーは、SSとゲシュタポにハイドリッヒを殺した人間をボヘミア中から探し出し、「血の報復」をすることを命令した。最初、ヒトラーは広範囲のチェコの人々を殺そうとした。しかし協議の結果、彼はその責任を数千人に限定した。チェコはすでにドイツ軍にとって重要な工業地域となっており、見境の無いチェコ人の殺害は生産性を減らすと考えられたからである。結局、1万3千人の人々が殺害された。有名な事件として、リディツェ(Lidice)とレジャーキ(Ležáky)の村の完全な破壊がある。

イギリスの戦時首相であるウィンストン・チャーチルはこれに激怒して、ナチスが破壊したチェコの村ひとつにつきドイツの三つの村を破壊することを提案した。しかしその一方で連合国は報復を恐れ、以後はナチスの高官を暗殺する同様の作戦計画を中止した。ハイドリッヒが殺された2年後、フォックスレイ作戦で連合国側はヒトラーを目標とした作戦を試みるが、中止した。エンスラポイド作戦は、ナチスの高官暗殺計画で唯一成功した例となっている。

暗殺者の逮捕[編集]

聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂の、ラインハルト・ハイドリヒ暗殺の実行者達が立てこもった地下室の窓と、その上に設けられた実行者達を記念する銘板。窓の周りに銃撃の跡が残っている。

暗殺の実行者は、プラハの二つの家族にかくまわれ、後にプラハにある正教会大聖堂聖ツィリル・メトデイ正教大聖堂に隠れた。聖ツィリル聖メトデイに捧げられたものであった。ゲシュタポは、(サボタージュを目標としたグループ「アウトディスタンス」の)チューダが100万ライヒスマルクの報奨金目当てにチームのその地の接触先を密告するまで、暗殺者たちを発見できなかった。

カレル・チュルダ(Karel Čurda)は、ジズコフ(Zizkov)のモラヴェック家の家族を含む、インドラ(Jindra)のグループに提供されたセーフハウスを密告した。6月17日午前5時、モラヴェック家の住まいがゲシュタポの手入れを受けた。家族はゲシュタポがアパートを捜索する間廊下に立たされていたが、モラヴェック夫人はトイレに行く許可を受け、青酸カプセルで自殺した。夫は家族のレジスタンスとの関係を知らなかったが、息子のアタと共にペケック・パラク(Pecek Palac)に連れて行かれた。ここでアタは一日中拷問にあった。彼はブランデーで酔わされ、水槽に入った母親の切断された首を見せられた。最終的に、アタ・モラヴィックはゲシュタポに彼が知っていることを全て話してしまった。SSは教会を包囲したが、700人以上のナチスの部隊が作戦を行ったにもかかわらず、ナチスは降下兵を生きたまま捕らえることができなかった。ハイドリッヒを殺したクビシュを含めた3人は、銃撃戦の末に大聖堂で殺害された。ガブツィクを含んだ4人は、捕虜になるのを避けるため地下室で自殺した。

チュルダはドイツの偽名とドイツ人妻を得たが、戦後の1947年、自殺に失敗してナチス協力の罪で処刑された。

政治的影響と余波[編集]

作戦の成功は、大英帝国とフランスにミュンヘン会談の内容を破棄させた。これは、ナチスを敗北させた後、ズデーテンラントはチェコスロバキアに戻されることへの同意を意味する。チェコスロバキアのドイツ人を追い出す、という考えへの同意でもあった。

ハイドリッヒはナチスの重要人物の1人であったため、二つの大きな葬儀が行われた。ひとつはプラハで行われ、数千人のSSがトーチを持ってプラハ城まで並んだ。二つ目はベルリンで催され、参列したヒトラーはハイドリッヒの枕元にドイツ勲章(German Order)と血の勲章(blood order)のメダルを置いた。

この作戦の話は、1943年の映画「死刑執行人もまた死す」(Hangmen Also Die)、1964年の映画「暗殺」(Attentat)と1975年の映画「暁の七人」(Operation Daybreak)の元となった。 ロックグループBritish Sea Powerの歌、"A Lovely Day Tomorrow"の下敷きとなった。

元々B面の歌は、チェコのバンドThe Ecstasy of St. Theresaにより、2004年限定版として英語とチェコ語(Zítra bude krásný den)で再録音された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

日本語版文献[編集]

英語版文献[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 阿部良男著『ヒトラー全記録』(柏書房)406-407ページ
  2. ^ 大野英二著『ナチ親衛隊知識人の肖像』(未來社)68 - 69ページ
  3. ^ a b c 大野英二著『ナチ親衛隊知識人の肖像』(未來社)70 - 71ページ
  4. ^ a b 阿部良男著『ヒトラー全記録』(柏書房)512-513ページ
  5. ^ ジャック・ドラリュ著『ゲシュタポ・狂気の歴史』(講談社学術文庫)384 - 385ページ
  6. ^ ゲリー・S・グレーバー著『ナチス親衛隊』(東洋書林)182 - 183ページ
  7. ^ ナチス親衛隊ルパート・バトラー著『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』(原書房)146 - 147ページ
  8. ^ 『ヒトラーの秘密警察 ゲシュタポ 恐怖と狂気の物語』144ページ、162ページ