エミール・ハーハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エミール・ハーハ
Emil Hácha
Emil Hácha.jpg

任期 1939年3月15日1945年5月4日

任期 1938年11月30日 – 1939年3月15日

出生 1872年7月12日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ボヘミア
死去 1945年6月26日(満72歳没)
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア プラハ
政党 無所属
配偶者 マリア・ハーフヴァ
署名 Emil Hacha signature.svg

エミール・ドミニク・ヨーゼフ・ハーハEmil Dominik Josef Hácha, 1872年7月12日 - 1945年6月26日)は、チェコスロバキアの法律家であり、政治家。チェコスロバキア第二共和国大統領と、ドイツ統治下のベーメン・メーレン保護領の名目的な大統領を務めた。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

農家出身。プラハ・カレル大学で法学の教育を受け、1896年に法学博士を取得。卒業後は、プラハボヘミア国家委員会に務める。1898年から1916年は、地方裁判所勤務する。1902年にマリア・クラウスと結婚し娘ミラダを産むが、1938年1月にマリアと死別している。

チェコスロバキア独立後の1918年ヴィドネーの高等行政裁判所の裁判官を務め、1919年から最高行政裁判所第2所長、1925年から1938年は同裁判所長官を務めた[1]。裁判所での勤務を通して、ハーハは国際法の第一人者として知られるようになった[2]

ハーハは英語文献の翻訳者としての顔も持ち、1939年に『Errors and Delusions』を匿名で出版したが、この本がハーハの著作だと判明したのは2001年のことだった[3]。また、同時期に国会議員に当選した。

チェコスロバキア解体[編集]

ベルリンでヒトラーと会談するハーハ(左から2人目の人物)

1938年11月30日、エドヴァルド・ベネシュミュンヘン協定の結果を受けて大統領を辞任したため、保守的な立場と親ドイツ的な立場から後継大統領に就任した[1]。この時点でチェコスロバキア第一共和国は消滅し、チェコスロバキア第二共和国が成立した。しかしハンガリー王国の圧力を受けて第一次ウィーン裁定によりチェコスロバキア南部の割譲を受け入れざるを得なくなり、チェコスロバキアはいよいよ弱体化した。割譲を受けてチェコスロバキア国内の民族運動は激化し、1939年3月14日にはスロバキアスロバキア共和国、そしてカルパティア・ルテニアカルパト・ウクライナ共和国として独立を宣言した。さらにハンガリーがカルパト・ウクライナの領域に侵攻し、スロバキアへの侵攻も危惧された。

1939年3月14日、窮地に追い込まれたハーハはナチス・ドイツの支援を受けようとベルリン総統官邸アドルフ・ヒトラーとの首脳会談に望んだ[1]。しかし、ヒトラーはハーハを待たせ映画鑑賞を優先するなど意図的に会談を先延ばし、会談に応じたのは翌15日午前1時30分になってからだった[4]。ヒトラーは会談の場でチェコスロバキアのドイツによる併合、すなわちチェコスロバキアの残部であるボヘミアとモラビアの割譲を要求した。

ヒトラーはすでにチェコへのドイツ国防軍進駐命令を出しており、空軍総司令官ヘルマン・ゲーリングは「プラハの空襲を命じた」と言明するなど、ドイツ側首脳はハーハを激しく恫喝した。しかし、実際には大雪のためドイツ空軍はすべて地上待機の状態で、プラハを爆撃できる状況にはなかった[5]。もともと心臓の弱かったハーハは発作を起こして卒倒したものの、ヒトラーの主治医テオドール・モレルの処置で意識を取戻し併合受諾文に署名せざるを得なかった[6]。駐独フランス大使ロベール・クーロンドルは、「ハーハは執務不能の状態で、注射によってかろうじて意識を保っていた」と本国に報告している[7]

傀儡大統領[編集]

左から大統領ハーハ、副総督クルト・ダリューゲ、総督付次官カール・ヘルマン・フランク(1942年9月)

チェコスロバキアの解体後、ベーメン・メーレン保護領の大統領の地位に留まることはできたが、1939年11月にはヒトラーと総督コンスタンティン・フォン・ノイラートへの忠誠を誓わされた[8][9]。ハーハは穏健的なノイラートの下で一定の権限を持っていたが、ラインハルト・ハイドリヒが副総督に就任して以降は一切の権限を奪われ、首相のアロイス・エリアーシらハーハの側近たちは逮捕された。

エンスラポイド作戦によってハイドリヒが暗殺されると、ヒトラーは報復のため1万3,000人のチェコ人を殺害し、ハイドリヒの葬儀に出席したハーハに対して「今後このような事件が起きた場合は、全てのチェコ人の追放を検討する」と恫喝している[10][11]

1945年5月9日、ソ連軍がプラハを占領すると、ハーハは5月13日に逮捕されパンクラック刑務所英語版に収監された。既に病気にかかっていため刑務所内の病院に移されるが、6月26日に病院内で病死した[1]。遺体はヴィノフラディ墓地英語版に墓石も置かれずに埋葬され長年放置されていたが、現在は墓石が置かれている[12]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Snyder "Hácha, Emil" Encyclopedia of the Third Reich p. 134
  2. ^ Mazower Hitler's Empire p. 55
  3. ^ Emil Hácha, in Czech
  4. ^ Evans Third Reich in Power pp. 682–684
  5. ^ 別冊歴史読本 ヒトラー神話の復活 P.108
  6. ^ Fest Hitler pp. 570–571
  7. ^ Robert Coulondre to Georges Bonnet, Minister for Foreign Affairs. Berlin, March 17, 1939., available online here: http://avalon.law.yale.edu/wwii/ylbk077.asp
  8. ^ Kershaw Hitler pp. 170–171
  9. ^ Evans Third Reich in Power pp. 685–686
  10. ^ Evans Third Reich at War p. 277
  11. ^ Mazower Hitler's Empire p. 213
  12. ^ Emil Hacha, hrad.cz, retrieved 20 November 2013
公職
先代:
創設
Flag of Bohmen und Mahren.svg ベーメン・メーレン保護領大統領
初代:1939年 - 1945年
次代:
保護領解体
先代:
エドヴァルド・ベネシュ
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア大統領
第3代:1938年 - 1939年
次代:
ナチス・ドイツへ併合