ベルゴロド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベルゴロド
Белгород
Вид на центральную и северную часть города.jpg
ベルゴロドの市旗 ベルゴロドの市章
市旗 市章
位置
ロシア内のベルゴロド州の位置の位置図
ロシア内のベルゴロド州の位置
座標 : 北緯50度36分 東経36度36分 / 北緯50.600度 東経36.600度 / 50.600; 36.600
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 中央連邦管区
 行政区画 ベルゴロド州の旗 ベルゴロド州
 市 ベルゴロド
地理
面積  
  市域 153.1 km2
標高 130 m
人口
人口 (2008年現在)
  市域 353,043人
その他
等時帯 モスクワ時間 (UTC+3)
郵便番号 308000–308036
市外局番 +7 4722
ナンバープレート 31
公式ウェブサイト : http://www.beladm.ru/

ベルゴロドロシア語:Белгород)はドネツ川流域にあるロシアの都市でベルゴロド州の州都である。モスクワから約580km南、ウクライナの大都市ハルキウ(ハリコフ)から約70㎞北北東に位置する。ウクライナとロシアとの国境線からの距離は約30kmである。高速道路M2が走る。人口は337,030人。

歴史[編集]

セルビアの首都・ベオグラードと同じで、語源的には「白い町」を意味する。この地が石灰岩が豊富であったのに由来する。

1237年バトゥの攻撃を受けたことから史書に初めて登場する。1596年クリミア・ハン国から国境を守るためにボリス・ゴドゥノフの命で要塞が作られて町が再建される。ロシアの領土が南に大きく拡大したために、要塞としての価値を失い、町はクルスクの管轄に移された。ポルタヴァの戦いピョートル1世がこの地を訪れ、竜騎兵の連隊が1917年まで駐屯した。

1941年ナチス・ドイツによって占領される。クルスクの戦いではベルゴロド郊外の村・プロホロフカで史上最大の戦車戦が行われた(プロホロフカの戦い)。その結果、1943年、ベルゴロドは解放された。

2022年4月1日早朝、市内の燃料貯蔵施設で大規模な爆発、火災が発生した。火事の発生を受けて、州知事はソーシャルアプリを通じて(2022年ロシアのウクライナ侵攻を通じて交戦中の)ウクライナ側の攻撃のせいだと主張した[1]。さらに同年7月3日早朝、市内で大規模な爆発が相次いで発生。集合住宅11棟と民家39棟が被害を受け、少なくとも3人が死亡、4人が負傷した。州知事はウクライナ軍による攻撃かどうかの明言は控えた[2]

姉妹都市[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]