ドネツ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドネツ川
ドネツ川
延長 1,053 km
水源の標高 215 m
平均流量 200 /s
流域面積 98,900 km²
水源 中央ロシア高地
河口・合流先 ドン川
流域 ロシアウクライナ
テンプレートを表示

ドネツ川(ウクライナ語: Сіверський Донець[1]: 、ロシア語: Северский Донец[2]、通常は単にDonets)は東ヨーロッパ平原の南に位置する川である。


ウクライナで4番目に長い川(参考:ウクライナの川の一覧英語版)である。ベルゴロド北方の中央ロシア高地に発し、ウクライナの南東部(ハルキウ州ドネツィク州ルハーンシク州)を貫流し、再びロシア(ロストフ州)を流れ、アゾフ海からおよそ100Km[* 1]上流で、ドン川に合流する。 ウクライナで4番目に大きく[* 2]東ウクライナ英語版で最も大きな川である。東ウクライナで真水の取水源として重要であ る。ドネツ盆地(一般に、ドンバスとして知られる)はこの川の名前に由来する。ドンバスはウクライナの重要な採炭英語版地域である。 下流の315km程は水運が可能であり、ウクライナのドネツ盆地の石炭採掘工業に大きく貢献する。

語源[編集]

ドン(Дон)およびその指小形ドネツ(Донец)[* 3]はイラン系サルマタイ語 Dānu(川)に由来する。V.Abaevによれば、ドンはイラン系スキタイ・サルマタイ語 Dānu(川)に由来する。スキタイ・サルマタイ人は、紀元前1100年から中世初期の間、この地域から黒海の北方にかけて居住していた。 紀元前2世紀にプトレマイオスはドン川をTanaisとして知った。そして西ヨーロッパ人はドン川が「小Tanais」すなわちドネツと呼ばれる重要な支流を持つと認識した。

スラヴ名Северский Донец(ラテン翻字例: Severcky Donets)は、 その川がシヴェーリア人(Severians)の地から流れ出している事実に由来する。

イタリア系ポーランド人歴史家en:Alexander Guagnini(1538-1614)は次のように書いた。 「シヴェーリア公国に淵源を持ち(それ故Donets Severskyと呼ばれた)、アゾフの上でTanaisに流れ込む小さなTanaisもある」と。

地理学と水文学[編集]

ドン川の西側に位置するドネツ川
ドネツ川流路(ロシア語)

ドネツ川は、東ウクライナ最大の川であり、ドン川最大の支流である。全長は1,053km、流域面積は98,900平方km。全長の大部分950kmはウクライナを横断して拡がる。年間の平均流量(毎秒)は源流付近で25立方メートル、ドン川との合流点で200立方メートルである。

ドネツ川源流はベルゴロドの北、プロホロフカ地区、Podolkhi村近くの中央ロシア高地海抜200メートルの地点に位置する。

その流域には3,000以上の川があり、内425は10km以上、11は100km以上の長さがある; 内1011の川は直接ドネツ川に流れ込む。 これらの河川群の元は大部分が融雪水であり、その結果、水の供給量は年間通じて一定ではない。春の大増水(spring flood)はおよそ2ヶ月間、2月から4月まで続く。この期間の水位は3メートルから8メートル増加する。洪水(excessive flood)は川沿いに建設された豊富な人工貯水池のおかげで滅多にない。

川幅は大部分30から70メートルの範囲であり、時に100-200メートル、貯水池地域では4kmに及ぶ。川底は砂質で平坦でなく、深さは0.3から10メートル、平均2.5メートルである。

ドネツ川は12月半ば頃から3月後半まで凍結し、20–50 cmの厚い氷で覆われる。ドン川河口から218km、海抜5.5メートルの位置で合流する。ドネツ川の高低差は195メートル、平均勾配は0.18m/kmである。

脚注[編集]

  1. ^ ラテン文字翻字例 Siverskyi Donets
    カナ表記はウクライナ語の日本語表記参照
  2. ^ ラテン文字翻字例 Severcky Donets
    カナ表記はWikipedia:外来語表記法/ロシア語参照

訳注[編集]

  1. ^ 直線距離で約130km
  2. ^ 流域面積
  3. ^ Дон + ец :-ец はロシア語の接尾辞で時に指小形を表す