ミンスクの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミンスクの戦い
Bundesarchiv Bild 101I-137-1009-17, Weißrussland, Minsk, Ruinen.jpg
1941年7月のミンスク
戦争第二次世界大戦独ソ戦
年月日1941年6月22日 - 1941年6月29日
場所ソビエト連邦 ベラルーシ
結果:ドイツ軍の勝利
交戦勢力
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
指揮官
ナチス・ドイツの旗 フェードア・フォン・ボック(ドイツ中央軍集団) ソビエト連邦の旗 ドミトリー・パヴロフ(ソビエト赤軍西部戦線)
戦力
750,000 675,000
損害
航空機 276機 戦死者 417,000(ソ連の推測による)
捕虜 287,704(ドイツ軍による)
火砲 1,500
戦車 2,500
航空機 1,669
独ソ戦

ミンスクの戦い:Battle of Białystok–Minsk、ビアウィストク=ミンスクの戦い)は、バルバロッサ作戦発動後、1941年6月22日から29日にドイツ国防軍のソ連国境侵入時にドイツ中央軍集団によって行われた戦いであり、ドイツ軍はミンスクでソビエト赤軍を包囲した。

前夜[編集]

ドイツ中央軍集団(司令官フェードア・フォン・ボック)は、ポーランドを越えて、ビアウィストクミンスクスモレンスク経由で、モスクワへの進撃をするよう命令された。中央軍集団には第3装甲軍(司令官ヘルマン・ホト第2装甲軍(司令官ハインツ・グデーリアン)の2個装甲軍が所属しており、9個装甲師団、6個自動車化歩兵師団及び騎兵師団が所属、その他、2個軍には33個歩兵師団が所属していた。また、中央軍集団は2個航空艦隊の支援を受けることができた。

それに対するソビエト赤軍西部戦線(司令官ドミトリー・パヴロフ)は国境線に第3、第4、第10軍、また、ソビエト赤軍最高司令部所属として将兵を持たない第13軍が司令部のみで存在、西部方面軍には、全部で25個狙撃兵師団、騎兵師団、13個戦車師団、7個自動車化歩兵師団が所属していた。独ソ国境線に配置されたソビエト赤軍はドイツ軍を刺激しないようにせよとのスターリンの命令を受けていたため、ドイツ国境の防衛線は手薄であった。

ドイツ軍はソビエト赤軍西部戦線を他の方面軍から切り離し、包囲するためにビアウィストク、ナヴァフルダク、ミンスクの西へと進撃した。

編成[編集]

ソビエト赤軍

  • 西部戦線(司令官ドミトリー・パヴロフ
    • 第3軍(司令官 V.I.クズネツォフ)
      • 第4狙撃軍団
      • 第11機械化軍団
    • 第4軍(司令官A.コロブコフ)
      • 第28狙撃軍団
      • 第14機械化軍団
    • 第10軍(司令官K.D.ゴルベ)
      • 第1狙撃軍団
      • 第5狙撃軍団
      • 第6騎兵軍団
      • 第6機械化軍団
      • 第13機械化軍団
  • 後方
    • 第13軍(司令官P.フィラトフ。6月24日に編成)
    • 第20機械化軍団
    • 第4空挺軍団

ドイツ軍

作戦[編集]

Invasion1941.jpg

ドイツ軍は初期段階として、西部方面軍の戦力を大きく撃滅するために孤立化させ、飛行場を占領することを目的とした。北西方面でソビエト第11軍がドイツ軍の陽動に引っかかり、ドイツ軍はビアウィストクで突出したソビエト赤軍の包囲を開始した。ビアウィスクを越えたミンスクは鉄道基地があり、モスクワへ向かう鉄道、道路が整備された重要地点であった。

北では第3軍がソビエト第11軍を寸断、ネマン川を渡った。第2装甲軍はブク川を横断、6月23日までには国境から60km進撃した。両装甲軍の目的はミンスクの東で合流して包囲を完成させることであり、ソビエト赤軍の撤退を阻止しなければならなかった。ソビエト赤軍を包囲するドイツ装甲軍の作戦は順調に進み、ソビエト第4軍、第9軍の突出部を寸断、ビアウィストクでソビエト赤軍を包囲し始めた。6月23日、ソビエト第10軍は開戦前に立てられた計画に従い、反撃を試みたが、失敗に終わった。

6月24日、パブロフは作戦将校ボルディンに、ビアウィストク周辺で形成されたドイツ軍の包囲を解くために、第6、第11機械化軍団、第6騎兵軍団でフロドナへ反撃を行うよう命令した。この攻撃でソビエト赤軍は大損害を被ったが、多少のソビエト赤軍将兵が包囲から脱出することができた。

6月25日、ドイツXXXXVII装甲軍団がスウォニム周辺を突破、パブロフは包囲を避けるためにスウォニムのシチャラ川周辺に突出部を形成していた部隊に撤退を命令せざるを得なかった。ソビエト赤軍の大部分はドイツ軍に撃破された上、輸送車両や燃料が足りないために徒歩で撤退せざるをえなかった。この撤退のため、ミンスク南側は手薄になった。

開戦5日後、第2装甲軍と第3装甲軍はミンスクの東で合流、包囲が完成した。両装甲軍は国境からモスクワまで3分の1行程、321キロ進んだ。それは当時、驚異的な出来事であった。

6月28日、第9、第4両軍はビアウィストク東で合流、ソビエト第10軍が包囲されているビアウィストクの小包囲と、ソビエト第3、13軍が包囲されたナヴァフルダクの大包囲を形成した。17日、ソビエト赤軍西部戦線は625,000から420,000の将兵を失った。 6月29日、ベラルーシーの首都ミンスクはドイツ軍が占領した。

第20機械化軍団、第4空挺軍団による2回目の反撃も包囲を破るには至らず、6月30日、完全包囲が完成した。第4軍の一部がベレジナ川を渡って東へ脱出することができただけで、結局、ドイツ軍に包囲されるか撃破されたソビエト赤軍は第3、第10、第13軍と第4軍の一部で総計20個師団であった。

ドイツ空軍の2個空中艦隊は空から進撃支援を行い、ソビエト赤軍航空機約1、669機を撃破したが、276機が撃墜され、208機が損傷した。しかし1週間後、ドイツ空軍は東部戦線へ3個航空艦隊を派遣、航空機総数960機となった。

結果[編集]

包囲網の中でドイツ軍が驚くほどにソビエト赤軍は激しく戦い、そのためドイツ軍は多大な犠牲を払った。また、ドイツ軍歩兵部隊の機動力が低かったため、(ヒトラーが懸念していたが)包囲を完成させるのが遅れ、多くのソビエト赤軍将兵が包囲網から脱出しまうこととなった。結局、ソビエト赤軍将兵290,000人が捕虜となり、砲門約1,500門、戦車2,500両が破壊されたが、250,000人が脱出することができた。

ヒトラーはドイツ軍の勝利がビアウィストク、ミンスクでの勝利が限定的であったと非難し、両装甲軍司令官へ包囲網に隙間が存在することを、さらに非難した。そのため、両装甲軍は隙間を埋めるための歩兵連隊が到着するまでの1週間を無為に過ごさねばならなかった。そのため、装甲軍の東への進撃が止められ、ソビエト赤軍にドニエプル川ダウガヴァ川以東の防衛強化を行う時間を与えてしまい、両装甲軍司令官はひどく悔しがった。

しかし、ここまでのドイツ軍の早い進撃はスモレンスクの攻略の可能性を導き出しており、そこからモスクワへの攻撃が可能となると推測された。そして、ドイツ軍内ではこの戦いの結果、ソ連との戦いはすでに結果が見えているという雰囲気が流れ始めていた。

ソビエト赤軍西部戦線司令官ドミトリー・パヴロフとその参謀たちはモスクワに呼び戻され、敗戦の責任を批判され、銃殺、その家族も(NKVD命令書NO.00486によれば祖国に対する裏切り者とされている。)拘留された。 スターリン批判後の1956年、彼らの名誉は回復された。

参考文献[編集]

  • Bergström, Christer (2007). Barbarossa - The Air Battle: July-December 1941. London: Chervron/Ian Allen. ISBN 978-1-85780-270-2.
  • Ziemke, E.F. 'Moscow to Stalingrad'
  • David M. Glantz, House, Jonathan When Titans Clashed (1995)
  • David M. Glantz, Barbarossa: Hitler's Invasion of Russia 1941 (2001) ISBN 075241979X
  • The initial period of war on the Eastern Front, 22 June-August 1941 : proceedings of the Fourth Art of War Symposium, Garmisch, FRG, October 1987 / edited by David M. Glantz ISBN 0714633755.
  • Bryan I. Fugate and Lev Dvoretsky, Thunder on the Dnepr : Zhukov-Stalin and the defeat of Hitler's Blitzkrieg
  • Geyer, H. Das IX. Armeekorps im Ostfeldzug