オデッサの戦い (1941年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オデッサの戦い
Romanian troops in odessa WWII.jpg
包囲後のオデッサでルーマニア軍
戦争第二次世界大戦独ソ戦
年月日1941年8月5日から10月16日
場所オデッサソ連
結果:枢軸軍の辛勝
交戦勢力
ルーマニアの旗 ルーマニア
ナチス・ドイツの旗 ドイツ
ソビエト連邦の旗 ソ連
指導者・指揮官
ルーマニアの旗 イオン・アントネスク
ルーマニアの旗 イオシフ・イアコビチ
ナチス・ドイツの旗 エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
ソビエト連邦の旗 イワン・ペトロフ
戦力
ルーマニアの旗 ルーマニア第4軍(en
16万名(開始時点)[1]
約34万名(最大時)
ナチス・ドイツの旗 ドイツ第11軍(en
Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg ソ連第9軍(en
Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg 独立沿岸警備軍(en
3万4500名(開始時点)[2]
12万名以上(最大時)
損害
9万2545名
戦車19両
野戦砲90門
航空機20[3]
4万1268名[2][4]
装甲列車1両
航空機151
駆逐艦1隻
独ソ戦

オデッサの戦い(オデッサのたたかい、ドイツ語: Schlacht um Odessaロシア語: Одесская оборонаアヂェースカヤ・アバローナルーマニア語: Bătălia de la Odessaバタリヤ・デ・ラ・オデッサ)は、独ソ戦初期の1941年8月から10月まで、黒海沿岸の軍港都市であるオデッサを巡って行われた戦闘。攻略は、ルーマニア軍が担当したが、ソ連軍の堅固な防衛陣地を破るのに難渋し、約2ヶ月の攻囲の末、大損害をだして、オデッサは陥落した。

背景[編集]

1940年に、ソ連からの強圧で、ベッサラビアと北ブコビナの割譲を余儀なくされたので、ルーマニアのイオン・アントネスク政権は、ドイツ側にたってバルバロッサ作戦に参加し、旧領回復を図ることにした。しかし、ドニエストル河以東は、ルーマニアの勢力圏であったことはなく、大ルーマニア構想の版図にも含まれることはなかったので、更に、東へ軍を進めることについては、国内で異論もあった。[5]

一方、緒戦の敗退で、ソ連大本営は、7月末には、ドニエストル河での防衛を諦め、オデッサを除いて、主防衛線は、更に東へ後退させることを決定した。オデッサは、黒海艦隊の重要基地であり、ウクライナ第3の大都市であるので、引き続き防衛することにした。

ドイツ軍は、既に、兵員不足に悩んでいたので、7月末に、ヒトラーは、アントネスクと交渉して、ブーク河とドニエストル河の間を、ルーマニアの管理下(独ソ戦がドイツ勝利の場合、ルーマニア領になる可能性が高い)とするかわりに、ドニエストル河以東でのルーマニア軍の軍事作戦参加を、とりつけたのだった。

こうして、8月始めには、オデッサは、陸上からは包囲されたが、黒海の制海権は、ソ連黒海艦隊が握っていたので、包囲は不完全であり、ソ連軍の補給・増援は、海路で行われていた。

経過[編集]

ニコラエ・チュペルカ将軍の指揮するルーマニア第4軍は、海軍・空軍の支援の協力のもと1941年8月5日、オデッサへの侵攻を開始した。

当時、オデッサ軍港はガヴリール・ジューコフ(ゲオルギー・ジューコフとは別人)海軍少将指揮下にあった。黒海艦隊(フィリップ・オクチャーブリスキー海軍中将)は、陸上部隊への支援のため活発な物資輸送や艦砲射撃を行った。10月5日には、独立沿岸軍司令官がG・P・サフローノフ中将からイワン・ペトロフ少将に交代した。ペトロフ少将は、赤軍と市民の退却作戦を遂行した。一方、ルーマニア軍では9月よりイオシフ・イアコビチ中将が司令官に就任した。10月には、ソ連大本営は、情勢分析した結果、オデッサの守備兵をクリミア防衛に転用することに決め、10月15日および10月16日に、オデッサの守備隊は、黒海艦隊によりセヴァストーポリへ海路撤収し、ルーマニア軍が町を掌握した。攻囲側の主軸となったルーマニア軍は将官の戦死者を出すなど苦戦し、ドイツ軍の損害と含めて10万名近い戦傷者と行方不明者が発生した。対するソ連軍側は4万名から6万名の損害に留まり、結果的に、一時は5倍以上の戦力を持った枢軸軍を2ヶ月間足止めした。

題材とした作品 [編集]

・ボードゲーム

コマンド・マガジン第109号 『オデッサ攻防戦』 国際通信社 *[1]

脚注[編集]

  1. ^ Axworthy (1995), p. 50.
  2. ^ a b Glantz (1995), p. 293
  3. ^ http://www.worldwar2.ro/operatii/?article=7
  4. ^ 6万名説あり(Axworthy,Mark. Third Axis Fourth Ally: Romanian Armed Forces in the European War, 1941–1945. p. 58.)
  5. ^ 同じような状況下で、フィンランド軍は、旧領を回復した後、ドイツ側から再三、レニングラード攻撃を要請されたが、軍を進めることはなかった。

外部リンク[編集]