オデッサの戦い (1941年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オデッサの戦い
Odessa falls to germans.JPG
ソヴィエト軍のバリケード
戦争第二次世界大戦独ソ戦
年月日1941年8月5日から10月16日
場所オデッサソ連
結果:枢軸軍の辛勝(ピュロスの勝利
交戦勢力
ナチス・ドイツの旗 ドイツ
ルーマニアの旗 ルーマニア
ソビエト連邦の旗 ソ連
指導者・指揮官
ナチス・ドイツの旗 エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
ルーマニアの旗 イオン・アントネスク
ルーマニアの旗 イオシフ・イアコビチ
ソビエト連邦の旗 イワン・ペトロフ
戦力
ナチス・ドイツの旗 ドイツ第11軍(en
ルーマニアの旗 ルーマニア第4軍(en
16万名(開始時点)[1]
約34万名(最大時)
Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg ソ連第9軍(en
Flag of the Soviet Union (1923-1955).svg 独立沿岸警備軍(en
3万4500名(開始時点)[2]
12万名以上(最大時)
損害
9万2545名
戦車19両
野戦砲90門
航空機20[3]
4万1268名[2][4]
装甲列車1両
航空機151
駆逐艦1隻
独ソ戦

オデッサの戦い(ドイツ語:Schlacht um Odessaロシア語:Одесская оборонаアヂェースカヤ・アバローナルーマニア語:Bătălia de la Odessaバタリヤ・デ・ラ・オデッサ)は、独ソ戦中の1941年オデッサを巡って行われた戦闘。ソ連南部ウクライナの重要港湾都市であったオデッサへの侵攻の主力となったのは、ナチス・ドイツと同盟したルーマニア王国であった。ニコラエ・チュペルカ将軍の指揮するルーマニア第4軍は、海軍・空軍の支援の協力のもと1941年8月5日、オデッサへの侵攻を開始した。

当時、オデッサ軍港はガヴリール・ジューコフ(ゲオルギー・ジューコフとは別人)海軍少将指揮下にあった。フィリップ・オクチャーブリスキー海軍中将率いる黒海艦隊は、陸上部隊への支援のため活発な物資輸送や艦砲射撃を行った。10月5日には、司令官がG・P・サフローノフ中将からイワン・ペトロフ少将に交代した。ペトロフ少将は、赤軍と市民の退却作戦を遂行した。一方、ルーマニア軍では9月よりイオシフ・イアコビチ中将が司令官に就任した。10月16日には赤軍はセヴァストーポリへ退却し、ルーマニア軍が町を掌握した。攻囲側の主軸となったルーマニア軍は将官の戦死者を出すなど苦戦し、ドイツ軍の損害と含めて10万名近い戦傷者と行方不明者が発生した。対するソ連軍側は4万名から6万名の損害に留まり、また一時は5倍以上の戦力を持った枢軸軍を2ヶ月間足止めした。

題材とした作品 [編集]

・ボードゲーム

コマンド・マガジン第109号 『オデッサ攻防戦』 国際通信社 *[1]

外部リンク[編集]