冬の嵐作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
冬の嵐作戦
Bundesarchiv Bild 101I-457-0065-36, Russland, Panzer VI (Tiger I) und T34.jpg
南西での戦闘後のティーガーと破壊されたT-34[1]
戦争第二次世界大戦独ソ戦
年月日1942年12月12日-23日
場所:スターリングラード南西
結果:ソ連軍の勝利
交戦勢力
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
指導者・指揮官
ナチス・ドイツの旗 エーリッヒ・フォン・マンシュタイン
ナチス・ドイツの旗 ヘルマン・ホト
ソビエト連邦の旗 アレクサンドル・ヴァシレフスキー
ソビエト連邦の旗ロディオン・マリノフスキー
戦力
推計50,000人以上
戦車250両
(12月23日の時点で)
150,000人
戦車630両
砲1,500門
独ソ戦

冬の嵐作戦(ふゆのあらしさくせん、ドイツ語: Unternehmen Wintergewitter)は、第二次世界大戦独ソ戦において1942年12月12日から12月23日に実施された、スターリングラードに包囲された枢軸国軍の救出作戦であるが、ソ連軍に阻止され包囲を解くことは出来なかった。

作戦の背景[編集]

ドイツ第6軍(フリードリヒ・パウルス装甲兵大将)は、既にスターリングラード市街地の約90%を占領し、完全占領を目指してソ連第62軍と熾烈な市街戦を展開していたが、1942年11月19日に、ソ連軍は、スターリングラードの南北で、ウラヌス作戦で反攻に出て、ルーマニア第3軍、ルーマニア第4軍の保持する戦線を突破し、11月23日にはカラチ近郊で、南北の攻勢部隊は手をつなぎ包囲網が完成した。包囲されたのは、のちに判明したことだが、約33万人の枢軸軍である。

包囲された部隊をどうするかが問題となったが、空軍参謀総長ハンス・イェションネク上級大将の”空輸はできると思う”という回答に意を強くしたヒトラーは、24日に、空輸作戦の実施を命じるとともに、第6軍のパウルスには、スターリングラードの現戦線の維持を命じた。更に、優れた統帥力で、ソ連軍の再起を挫いてしまいたいと、第11軍司令部をもとに、エーリヒ・フォン・マンシュタイン元帥を司令官とし、第6軍、第4装甲軍、ルーマニア第3軍からなる、ドン軍集団が新設された。マンシュタインの元で、第6軍の救出作戦、冬の嵐作戦を実施することになったが、ドン軍集団の主戦線は弱体であり、マンシュタインはヒトラーに戦力充填を要求した。この為、A軍集団、OKW予備、他戦線から兵力を移すことになったが、移管元が移管を渋ったり、輸送上の問題もあり、増援部隊の来着には、時間がかかった。

空軍は、空輸作戦の為に、可能なかぎりのJu-52輸送機を全戦域からかき集めたが、その空輸量は、第6軍の要求した戦力維持レベルの700トン/日の半分もいかず、ベスト記録で320トン、ゼロの日もあるという状況であった。11月25日に、第4航空艦隊のウォルフラム・フォン・リヒトホーフェン上級大将は、”空輸には、500機のJu-52が必要だが、第4航空艦隊は298機しか保有しておらず、第6軍には脱出を許可するべきだ”と勧告した[2]が、ヒトラーはこれを拒否した。空輸作戦が低調な為、包囲下の部隊は、たちまち食糧難に陥り、まず馬を殺して食べたので、重装備の移動などが困難になり、ますます戦力低下に拍車をかけた。

作戦開始まで[編集]

ソ連軍のスターリングラード包囲網が完成した後の11月末の時点で、包囲下の部隊からドイツ軍の主戦線への最短路は、西に約40kmのニージネルチスカヤに近いチル川橋頭堡であった。しかし、ここからの攻勢は、ドン河をわたる必要があり、当然ソ連軍もドイツ軍の攻撃を予想していると思われ、ソ連軍の増援も容易であろうと推測された。

そこで、マンシュタインは、包囲網から南西へ約120kmのアクサイ川流域のコテリニコボを攻勢開始点とすることにした。というのも、この場合、進撃しないといけない距離は伸びるが、この正面のソ連軍はそれほど強力でなく、包囲網までの天然の障害もアクサイ川とムイシコワ川であり、ドン河を渡るよりもは容易だからである。

計画では、コテリニコボ周辺のアクサイ川から、LVII装甲軍団が北東へ進撃し、状況によっては、ニージネルチスカヤからXXXXVIII装甲軍団が東に向かって牽制攻撃を行うことになっていた。主攻勢部隊のLVII装甲軍団は、A軍集団からの移管であり、傘下に充当予定の各師団も、OKW予備か他戦線よりの充当であり、12月初めの段階では、戦力蓄積は不十分な状態であった。

一方、ソ連軍は、まずドン方面軍スターリングラード方面軍によるスターリングラードの包囲網を完全にすることを優先し、次に、ボロネジ方面軍南西方面軍が、 B軍集団とドン軍集団の戦線を突破してアゾフ海沿岸に到達し、A軍集団をドイツ軍南翼から切り離す、サターン作戦を準備中であった。

作戦の推移[編集]

スターリングラード攻防戦 1942年11月19日(青)から同年12月24日(緑:スターリングラード攻囲後)にかけての前線の推移

LVII装甲軍団の戦力蓄積は、満足できる状態ではなかったが、これ以上の遅延は、作戦構想そのものが崩れかねないとし、マンシュタインは9日に、12日の作戦開始を決めた。

予定通り、作戦は12月12日に開始された。LVII装甲軍団(キルヒナー大将)の第6装甲師団と第23装甲師団が主攻勢部隊で、この両師団とも編成定数に近い戦力であった。右翼は、ルーマニアV軍団の歩兵師団である。対抗するソ連軍は、第51軍(8個師団)であるが、ドイツ軍の攻勢を阻止できるほど強力ではなかったが、ドイツ軍の進撃を遅らせる努力はした。初日は、ソ連軍の不意を付き、ドイツ軍は、50km近く前進した部隊もあった。

スタフカは、ドイツ軍攻勢の危険性を認め、第2親衛軍(ロディオン・マリノフスキー中将)を、ドイツ軍を阻止するために、派遣することに決めたが、第2親衛軍の現在地(カラチ周辺)から、ムイシコワ川(包囲網南西端から約55km)まで、ドイツ軍より先に到達できるかは、危ぶまれた。

13日には、ソ連軍は、サターン作戦の修正版、リトル・サターン作戦で、南西方面軍は、ニージネルチスカヤのXXXXVIII装甲軍団より西のイタリア第8軍とホリト集団の戦線に攻撃をかけた。イタリア軍は、2日間、なんとか戦線を保持していたが、崩れ始めた。同時に、第5戦車軍と第5打撃軍は、ニージネルチスカヤ近郊のドイツ軍チル川橋頭堡を攻撃し、14日にはドイツ軍は橋頭堡から撤収した。

14日には、マンシュタインはヒトラーを説得して、ヒトラーがチル川からの攻勢の為にキープしていた第17装甲師団を攻勢部隊に加えることに成功し、17日より第17装甲師団は、左翼で攻勢に加わった。

16日には、マンシュタインは、LVII装甲軍団が、ムイシコワ川を越えて包囲網に到達できる見込みは少なくなりつつあるので、第6軍の南西に向かっての攻勢(脱出)を求めたが、ヒトラーはこれを拒否した。

ムイシコワ川へのドイツLVII装甲軍団とソ連第2親衛軍の競争は、結局ソ連軍が勝ち、ドイツ軍の到着前に第2親衛軍はムイシコワ川に布陣した。 17日から21日まで、ムイシコワ川で、激戦が続いたが、LVII装甲軍団は、ついにソ連軍の防衛線を破ることはできなかった。

19日には、マンシュタインは、軍集団情報参謀のアイスマン少佐をスターリングラードに送って、パウルスの説得を試みたが、パウルスと第6軍参謀長のアルツゥール・シュミット少将は、今の第6軍には脱出作戦をやれる燃料も力もないと、脱出作戦の発動について否定的な回答を行い[3]、これを受けて、改めて、ヒトラーは、脱出作戦の発動を拒否した。

23日には、第6装甲師団はチル川戦線へ転用され、事実上、救出作戦は打ち切りとなった。第51軍と第2親衛軍は、22日よりムイシコワ川の線で攻勢に出て、24日には、ドイツ軍をアクサイ川まで押し戻してしまった。

24日には、ソ連第3親衛軍の第24戦車軍団は、タチンスカヤのドイツ軍空輸作戦飛行場を襲撃し、ソ連軍の主張では300機以上、ドイツ軍の主張では72機の航空機が破壊され、空輸作戦に大打撃を与えた。(タチンスカヤ飛行場襲撃(英語版))

作戦の結果[編集]

ブラウ・冬の嵐作戦後、1942年11月から1943年3月にかけての前線の推移

本作戦が失敗したことにより、第6軍を含む包囲されている部隊の命運は、決まった。空輸作戦は、その後も続行されたが、空輸作戦の飛行場が、ソ連軍の手におちるなどし、空輸量はやがて生存レベルにも届かなくなった。戦後のパウルスの回顧録では、12月下旬には、最初の餓死者が出たという。結局、スターリングラードの枢軸軍は、2月2日には、すべて降伏してしまった。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ティーガーIを装備した部隊はこの作戦に参加していないので無関係な写真と思われる。ヒトラーは、ティーガーIを装備した503重戦車大隊をマンシュタインに約束していたが、この部隊は輸送中で、この作戦には参加出来なかった。
  2. ^ Ziemke & Bauer III 2013, 1796.
  3. ^ ジュークス 1961, p. 177.

参考文献[編集]

  • Horst Scheibert 『奮戦!第6戦車師団;スターリングラード包囲環を叩き破れ』富岡吉勝(訳)、大日本絵画、1988年、ISBN 4-499-20520-4
  • ジュークス, ジェフレー 加登川幸太郎訳 (1961), スターリングラード, サンケイ新聞社出版局 
  • Ziemke, Earl F.; Bauer III, Magna E (2013), Stalingrad to Berlin:The German Defeat in the East, Pickle Partner Publishing 

冬の嵐作戦を題材とした作品[編集]

  • ガブリール・エギアザーロフ監督 『スターリングラード大攻防戦』、1972年 ソ連映画