玉野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玉野駅
MT-Tamano Station-Building.jpg
駅舎 (2022年1月)
たまの
TAMANO
BS07 山崎 (1.4 km)
(1.5 km) 萩原 BS09
所在地 愛知県一宮市玉野字河端19番地
北緯35度15分58秒 東経136度44分52秒 / 北緯35.26611度 東経136.74778度 / 35.26611; 136.74778座標: 北緯35度15分58秒 東経136度44分52秒 / 北緯35.26611度 東経136.74778度 / 35.26611; 136.74778
駅番号 BS  08 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 尾西線
キロ程 18.7 km(弥富起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
789人/日
-2020年-
開業年月日 1924年大正13年)10月1日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

玉野駅(たまのえき)は、愛知県一宮市玉野字河端19番地にある、名古屋鉄道尾西線である。駅番号はBS08

概要[編集]

一宮市に所在する鉄道駅では最西端、最南端に位置する。尾西線では当駅と開明駅のみ旧尾西市内に位置する。普通列車停車駅であり、道路(終日歩行者専用)のすぐ横に駅がある。玉野 - 萩原間には桜の名所萬葉公園があり、玉野 - 山崎間では車内から銀杏の黄葉を見ることができる。

本数は毎時4本で、名鉄名古屋まで約40分、名鉄一宮まで約15分、津島まで約18分で結ぶ。市内のほか、自動車以外の交通手段が少ない津島市愛西市、稲沢市西部の会社員や、駅近辺の高等学校に通う生徒の通勤・通学手段であり、また新聞等の輸送も行っている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

4両編成まで対応した単式1面1線のカーブしているホームを持つ地上駅。ホーム形状は三河線(山線)平戸橋駅と似ている。カーブしている場所にホームを建設したため、ホームは大きく湾曲しており、ホームと電車の間に隙間と段差が生じている。これにより、他の尾西線各駅での到着では流れない「ホームと電車の間が開いています。足元にご注意ください」という旨の自動アナウンスが当駅到着の際車内に流れる。また、ホームにはミラー・モニターテレビが設置されている。

現在の駅は駅舎建築の際に北側一部ホームを撤去し、その分南側にホーム延長したため、自動改札導入以前の駅とホームの場所と入り口の場所が異なっている。

簡易委託乗車券発売駅であったが、2007年10月25日をもって玉小商店での販売が終了した。新たに設置された自動券売機は当初2台設置されていたが、現在は1台(ICカード未対応タイプ)のみ。自動精算機も1台設置済み。

2台設置されている自動改札機(1台はICカード専用タイプ)でmanacaが利用可能である。上屋は約1両分。ホームにはアサヒ飲料自動販売機が1台設置されている。

のりば
路線 方向 行先 備考
BS 尾西線(名鉄一宮〜津島)[4] 下り 名鉄一宮ゆき[5]  終日名鉄一宮ゆき
上り 津島方面[5]  津島経由須ヶ口・名古屋方面の列車は平日朝のみ

配線図[編集]

玉野駅 構内配線略図

一宮方面
玉野駅 構内配線略図
津島方面
凡例
出典:[6]


利用状況[編集]

  • 「移動等円滑化取組報告書」によると、2020年度の1日平均乗降人員は789人であった[7]
  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は979人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中225位、尾西線(22駅)中18位であった[8]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は1,022人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中218位、尾西線(23駅)中15位であった[9]
  • 『愛知統計年鑑』によると1日平均の乗車人員は2010年度438人である。平成22年度の年間乗車人員は159,710人、そのうち定期利用者は127,950人だった。

駅周辺[編集]

以前は一宮市循環バス i-バス尾西南コース「玉野駅」バス停も設置されていたが、平成25年10月1日のダイヤ改正により廃止された。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
BS 尾西線(名鉄一宮〜津島)
山崎駅(BS07) - 玉野駅(BS08) - 萩原駅(BS09)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「地方鉄道駅設置並営業哩程変更」『官報』1924年10月16日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、874頁。 
  3. ^ “トランパス15駅に導入/名鉄、14日から”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2007年12月7日) 
  4. ^ 各駅詳細情報”. 名古屋鉄道. 2021年10月7日閲覧。
  5. ^ a b 玉野(BS08)(たまの) 路線一覧”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  6. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  7. ^ 令和2年度 移動等円滑化取組報告書(鉄道駅) (PDF)”. 名古屋鉄道. 2021年10月3日閲覧。
  8. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。 
  9. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。 
  10. ^ 愛知県立尾西高等学校 交通アクセス

関連項目[編集]

外部リンク[編集]