苅安賀駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
苅安賀駅
MT-Kariyasuka Station-Building for Tsushima.JPG
かりやすか
KARIYASUKA
BS10 二子 (1.2km)
(0.7km) 観音寺 BS12
所在地 愛知県一宮市大和町苅安賀上西之杁130
駅番号 BS  11 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 尾西線
キロ程 22.5km(弥富起点)
乗降人員
-統計年度-
945人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1900年明治33年)1月24日
備考 無人駅駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

苅安賀駅(かりやすかえき)は、愛知県一宮市大和町苅安賀にある、名古屋鉄道尾西線である。駅番号はBS11

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅

かつてはタブレット交換のために駅員が配置されていたが、新一宮駅(現:名鉄一宮駅)-森上駅間の自動信号化に伴い、1995年に無人化された。

manacaが利用可能。旧木造駅舎は昭和2年に建てられたものであったが、トランパス対応工事に併せて取り壊された。

現在は、一宮駅側、津島駅側共に新しい駅舎及び改札が設置されている。改札外の構内踏切で互いの往来も可能。非常電話もホーム上に設置済み。当駅で、反対電車と行き違いするものの、高架駅後は行き違い設備を隣駅の観音寺駅に移す予定。

のりば
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 BS 尾西線 津島方面[2] 下り 一宮ゆき[3]  終日一宮ゆき
2 上り 津島ゆき[3]  津島経由須ヶ口・名古屋方面の列車は平日朝のみ
苅安賀駅 構内配線略図

一宮方面
苅安賀駅 構内配線略図
津島方面
凡例
出典:[4]


利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は945人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中228位、尾西線(22駅)中19位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は751人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中249位、尾西線(23駅)中19位であった[5]

駅周辺[編集]

高架計画[編集]

名鉄尾西線苅安賀駅ー観音寺駅付近の高架事業

岐阜稲沢線における苅安賀1号踏切によって慢性的に発生している渋滞を解消するために観音寺駅-当駅間の高架計画が存在し、2024年平成36年)度の完工を目途として、仮線用地の確保等が進んでいる[6]。完工後の当駅は高架駅となり、隣駅の観音寺駅に行き違い施設が移設される予定である[7]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
BS 尾西線 津島方面
二子駅 - 苅安賀駅 - 観音寺駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ 苅安賀駅 - 電車のご利用案内、2018年2月25日閲覧
  3. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月25日閲覧
  4. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  5. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  6. ^ 愛知県道路事業(道路改良事業)(PDF)
  7. ^ 名鉄尾西線苅安賀駅付近鉄道高架化事業(PDF)
  8. ^ 鉄道省 編 『鉄道停車場一覧 附・関係法規、線路図運賃早見表 昭和2年版』p.258 鉄道教育会 1927年 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  9. ^ 鉄道省 編 『鉄道停車場一覧 昭和12年10月1日現在』p.363 川口印刷所出版部 1937年 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  10. ^ “トランパス15駅に導入/名鉄、14日から”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2007年12月7日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]