一宮市立朝日東小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一宮市立朝日東小学校
過去の名称 尾西市立朝日東小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 一宮市
設立年月日 1907年
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 494-0012
愛知県一宮市明地字江端8
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

一宮市立朝日東小学校(いちのみやしりつあさひひがししょうがっこう)は、愛知県一宮市明地にある公立小学校

概要[編集]

  • 旧・尾西市の小学校であり、元は旧・中島郡朝日村の小学校であった。校区は玉野、西萩原字祐久東、西萩原字若宮北(一部)、蓮池字郷西(一部)、蓮池字下松山(一部)、東加賀野井字東川原(一部)、明地(大部分)[注釈 1]、祐久(大部分)[注釈 2]である[1]
  • 児童は主に一宮市立尾西第二中学校に進学する。

沿革[編集]

  • 1907年(明治40年)1月 - 玉野学校と萩蓮学校を統合し、東朝日尋常小学校として開校。玉野分教場、萩蓮分教場を設置。
  • 1908年(明治41年)9月26日 - 現在地に校舎(木造平屋建)が完成する。
  • 1918年(大正7年)4月13日 - 実業補習学校を併設する。
  • 1924年(大正13年)4月28日 - 玉野分教場を改築する。
  • 1926年(大正15年)12月12日 - 萩蓮分教場を改築する。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 東朝日国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 朝日村立朝日東小学校に改称する。玉野分教場を玉野分校、萩蓮分教場を北分校に改称する。
  • 1952年(昭和27年)9月12日 - 玉野分校の校舎を新築する。
  • 1953年(昭和28年)11月2日 - 北分校の校舎を新築する。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 起町と朝日村が合併し尾西市が発足。同時に尾西市立朝日東小学校に改称する。
  • 1956年(昭和31年)4月5日 - 新校舎(本館・鉄筋コンクリート造3階建)が完成する。
  • 1959年(昭和34年)5月29日 - 本館を増築する。
  • 1965年(昭和40年)
    • 3月20日 - 玉野分校、北分校を廃止。
    • 4月23日 - 校舎を増築する。
  • 1967年(昭和42年)5月10日 - 校舎を増築する。
  • 1969年(昭和44年)7月11日 - プールが完成する。
  • 1972年(昭和47年)2月14日 - 校舎(新館)が完成する。
  • 1976年(昭和51年)4月3日 - 大徳小学校を分離する。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 尾西市と木曽川町が一宮市に編入される。同時に一宮市立朝日東小学校に改称する。

交通アクセス[編集]

  • 名鉄バス起線「朝日東小学校前」バス停より徒歩約5分。
名鉄一宮駅バスターミナルより27系統。

参考文献[編集]

  • 新学制40周年記念誌 伸びゆく学校 (中島地方教育事務協議会・中島地方小中学校長会 新学制40周年記念誌伸びゆく学校編集委員会 1988年) P.58 - 59

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 明地字西七丁原の一部は一宮市立朝日西小学校校区。
  2. ^ 祐久字九百坪の一部、祐久字外浦、祐久字西川田、祐久字東川田は一宮市立朝日西小学校校区。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]