片岡源馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片岡利和から転送)
移動先: 案内検索

片岡 源馬(かたおか げんま、天保7年10月9日1836年11月7日) - 明治41年(1908年11月2日)は、江戸時代後期(幕末)の武士土佐藩士)、明治時代の官僚。維新後は片岡利和(としかず)と称した。男爵。次代は従五位男爵片岡丈人

来歴[編集]

天保7年(1836年)10月、土佐藩士・永野源三郎の次男として生まれたが、家老深尾氏の家臣・那須橘蔵の養子となって那須盛馬と称した。文久元年(1861年)、武市瑞山が結成した土佐勤王党に参加するが、八月十八日の政変を契機として前藩主山内豊信が勤王党弾圧を開始したことから、謹慎に処されている。元治元年(1864年)、長州藩を頼って脱藩し、後に京都大坂十津川などに潜伏して尊王攘夷活動を推進した。慶応元年(1865年)、片岡源馬(利和)と改名。陸援隊の結成の際は、中岡慎太郎とともに参与している。戊辰戦争では嘉彰親王を擁して越後にて柏崎軍監をつとめ、戦後は慰労金として2万匹を下賜される。

維新後は新政府に出仕し軍防局管轄軍曹を経て1869年2月に東京府小参事、のち明治天皇侍従をつとめる。北海道探検などを行い、1902年には天皇の命によって千島列島の調査探検を実施している。1900年5月、維新の功によって男爵を授けられる。1906年5月29日、錦鶏間祗候に任じられ[1]、同年5月31日、貴族院勅選議員となる[2]1908年11月2日死去。享年73。墓所は青山霊園にあるが、現在無縁墳墓の看板が立てられており、撤去されてしまう可能性がある。片岡利和の墓所は危機に瀕している。

栄典[編集]

外国勲章佩用允許

備考[編集]

  • 脱藩の際、仲間が病気になって歩行が難しくなると、その仲間を長州まで背負って歩くなど人情味のある人物とされる。
  • 京都潜伏中、新選組沖田総司斎藤一等と遭遇して斬り合いとなり、逃走したものの深手を負ったとされる。
  • 近江屋事件後、中岡慎太郎の短刀を形見として譲り受けている。
  • 侍従として明治天皇の信頼は篤く、互いに相撲をとって戯れたと伝えられる。
  • 甥にあたる広井勇は実父の死後上京し、11歳の時から片岡家で書生として住んでいた。後に広井は東京帝国大学教授となり、「港湾工学の父」と称される。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6873号、明治39年5月30日。
  2. ^ 『官報』第6875号、明治39年6月1日。
  3. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  4. ^ 『官報』第1935号「叙任及辞令」1889年12月9日。
  5. ^ 『官報』第2534号「叙任及辞令」1891年12月9日。
  6. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。
  7. ^ 『官報』第5053号・号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  8. ^ 『官報』第6466号「宮廷録事 - 恩賜」1905年1月21日。
  9. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年9月28日。
  10. ^ 『官報』第6873号「叙任及辞令」1906年5月30日。
  11. ^ 『官報』第7608号「叙任及辞令」1908年11月4日。
  12. ^ 『官報』第6594号「叙任及辞令」1905年6月24日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]