汎節足動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生物学生物 > 生物の分類 > 汎節足動物
汎節足動物
生息年代: カンブリア紀現世
Aysheaia2.jpg
Macrocheira kaempferi.jpg
葉足動物であるアイシュアイアの復元模型(上)と節足動物であるタカアシガニ(下)
分類
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物亜界 Eumetazoa
階級なし : 前口動物 Protostomia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
階級なし : 汎節足動物 Panarthropoda
学名
Panarthropoda
Nielsen, 1995
英名
Panarthropod
下位分類群

汎節足動物(はんせっそくどうぶつ、Panarthropoda)とは、脱皮動物のうち現存する有爪動物緩歩動物節足動物の3動物門から構成される分類群である[1]。またこれらの最後の共通祖先から派生したとされる絶滅分類群、いわゆる葉足動物をも含む[2]。この分類群の単系統性は神経解剖学[3]分子系統学[4]ミトゲノム解析[5][6])・古生物学[7][8]など多方面の知見から支持される[9]

概要[編集]

現生脱皮動物のうち、有爪動物カギムシ)、緩歩動物クマムシ)、節足動物の3群は単系統群になると考えられており、これを汎節足動物と呼ぶ。これらの最後の共通祖先、およびそれぞれのステムグループ(初期脇道系統)に属すると思われる古生物群、いわゆる葉足動物もこの群に含まれる[2]。これらの動物は、原則として脱皮を行い、体節制はしご形神経系を持ち、先端に爪のある付属肢は1体節の両腹側につき1対ずつある[1][8][10]

変動の経緯[編集]

前口動物
冠輪動物

腕足動物軟体動物環形動物など


脱皮動物

鰓曳動物など



線形動物など


汎節足動物

有爪動物緩歩動物節足動物など




前口動物における汎節足動物の系統的位置。

古典的な動物学では、環形動物節足動物はともに体節付属肢を持つことから、体節動物Articulata)と呼ばれる1つの系統群を成すと考えられていた。この考えにおいて、節足動物と環形動物の両者と共通する特徴を持つとされ、この2つの中間に位置づけられていた舌形動物有爪動物緩歩動物側節足動物(Pararthropoda)である[11][12]。しかし、主に分子系統学の知見から、環形動物は節足動物よりも軟体動物腕足動物などに近縁で、冠輪動物と呼ばれる系統群に含まれると考えられるようになった[13]。同様に節足動物は線形動物鰓曳動物などとともに脱皮動物の系統に含まれるとする説が有力になった[14][13][15]

側節足動物とされた動物群の位置付けも変化した。舌形動物精子の構造と分子系統学の両面から、系統的に節足動物に含まれ、とりわけ甲殻類鰓尾類に近縁であると考えられている[12][15][16][17]。一方で、有爪動物緩歩動物はそれぞれ、節足動物に近縁な独立の動物門とされている[5][12]。その結果、側節足動物は多系統となり、便宜的に用いられるだけになっている[11]

内部系統[編集]

提唱された汎節足動物の3つの内部系統仮説は以下の通り。緩歩動物節足動物に近いとする説(Tactopodaを構成する)[7][6]有爪動物を節足動物に近いとする説(Antennopodaを構成する)、もしくは緩歩動物と有爪動物が単系統群(Lobopodia[注釈 1][18])となり、節足動物はその姉妹群になるとする説[19]という3つの系統仮説がある[18]

汎節足動物

有爪動物門


Tactopoda

緩歩動物門



節足動物門




汎節足動物

緩歩動物門


Antennopoda

有爪動物門



節足動物門




汎節足動物

節足動物門


Lobopodia[注釈 1]

緩歩動物門



有爪動物門




Tactopoda説は、節足動物の脇道系統における葉足動物は緩歩動物らしい形質をもつ種類があるという古生物学的証拠[7]と、節足動物と緩歩動物におけるミトコンドリアDNA遺伝子配列[6]に裏付けられる。また、両者の神経索は有爪動物に見当たらない神経節をもつ。これは有爪動物の系統で退化した汎節足動物の祖先形質、もしくは収斂進化の結果ではないかという見解もあったが、神経解剖学的解析にTactopodaの派生形質として有力視される[20]。Antennopoda説は、節足動物と有爪動物における特殊化した頭部前端の付属肢触角など)と複数節からなる脳神経節という共有形質に基づいた[21]が、いずれの相同性も後に発生学と神経解剖学的見解に疑問視される[22]。緩歩動物と有爪動物においては節足動物に見当たらない葉足などの共有形質が認められるが、それは側系統群である葉足動物から受け続いた汎節足動物の祖先形質に過ぎない[7][2]

日本動物学会によると、2018年においてAntennopoda説が有力とされている[23]が、汎節足動物の内部系統関係は議論的である[18][20]Tactopoda説はミトコンドリアDNA[6]古生物学[7][8]神経解剖学[22]など多方面の見解に示唆されるが、分子系統学的見解は一致な結果は出さず、Antennopoda説[5][4][24]もしくはLobopodia説[5][25]に偏る向きがある[18]。また、緩歩動物が節足動物の内部系統に位置付けられ[5]、更に汎節足動物は非単系統群で、緩歩動物が線形動物姉妹群とされるなど、ロングブランチアトラクションなどによる誤った系統関係として疑問視される解析結果もいくつかある[1][10][18][20]

葉足動物と他の汎節足動物の系統関係については該当項目を参照のこと。

注釈[編集]

  1. ^ a b ここでの「Lobopodia」は有爪動物と緩歩動物からなる単系統群の名として用いられており、通常のLobopodia(葉足動物)の用法とは異なる。詳細は葉足動物を参照。

参考文献[編集]

  • 公益社団法人日本動物学会『動物学の百科事典』丸善出版、2018年9月28日。ISBN 978-4621303092

出典[編集]

  1. ^ a b c Telford, Maximilian J; Bourlat, Sarah J; Economou, Andrew; Papillon, Daniel; Rota-Stabelli, Omar (2008-04-27). “The evolution of the Ecdysozoa”. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences 363 (1496): 1529–1537. doi:10.1098/rstb.2007.2243. ISSN 0962-8436. PMC: 2614232. PMID 18192181. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2614232/. 
  2. ^ a b c Ortega-Hernández, Javier (2015-10-05). “Lobopodians” (English). Current Biology 25 (19): R873–R875. doi:10.1016/j.cub.2015.07.028. ISSN 0960-9822. PMID 26439350. https://www.cell.com/current-biology/abstract/S0960-9822(15)00831-3. 
  3. ^ Persson, Dennis K.; Halberg, Kenneth A.; Jørgensen, Aslak; Møbjerg, Nadja; Kristensen, Reinhardt M. (2012-11-01). “Neuroanatomy of Halobiotus crispae (Eutardigrada: Hypsibiidae): Tardigrade brain structure supports the clade panarthropoda” (英語). Journal of Morphology 273 (11). doi:10.1002/jmor.20054/abstract. ISSN 1097-4687. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jmor.20054/abstract. 
  4. ^ a b Rota-Stabelli, Omar; Daley, Allison C.; Pisani, Davide (2013-03-04). “Molecular Timetrees Reveal a Cambrian Colonization of Land and a New Scenario for Ecdysozoan Evolution”. Current Biology 23 (5): 392–398. doi:10.1016/j.cub.2013.01.026. ISSN 0960-9822. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960982213000298. 
  5. ^ a b c d e Rota-Stabelli, Omar; Kayal, Ehsan; Gleeson, Dianne; Daub, Jennifer; Boore, Jeffrey L.; Telford, Maximilian J.; Pisani, Davide; Blaxter, Mark et al. (2010-01-01). “Ecdysozoan Mitogenomics: Evidence for a Common Origin of the Legged Invertebrates, the Panarthropoda” (英語). Genome Biology and Evolution 2: 425–440. doi:10.1093/gbe/evq030. https://academic.oup.com/gbe/article/doi/10.1093/gbe/evq030/573488. 
  6. ^ a b c d Hyun Ryu, Shi; Lee, Jimin; Jang, Kuem-Hee; Hwa Choi, Eun; Ju Park, Shin; Chang, Cheon; Kim, Won; Hwang, Ui Wook (2008-01-01). “Partial mitochondrial gene arrangements support a close relationship between Tardigrada and Arthropoda”. Molecules and cells 24: 351–7. https://www.researchgate.net/publication/5667274_Partial_mitochondrial_gene_arrangements_support_a_close_relationship_between_Tardigrada_and_Arthropoda. 
  7. ^ a b c d e Budd, Graham E. (2001-1). “Tardigrades as ‘Stem-Group Arthropods’: The Evidence from the Cambrian Fauna” (英語). Zoologischer Anzeiger - A Journal of Comparative Zoology 240 (3-4): 265–279. doi:10.1078/0044-5231-00034. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S004452310470025X. 
  8. ^ a b c Smith, Martin R.; Ortega-Hernández, Javier (2014-08-17). “Hallucigenia’s onychophoran-like claws and the case for Tactopoda” (英語). Nature 514 (7522): 363–366. doi:10.1038/nature13576. ISSN 0028-0836. https://www.nature.com/articles/nature13576. 
  9. ^ “Origin and evolution of the panarthropod head – A palaeobiological and developmental perspective” (英語). Arthropod Structure & Development 46 (3): 354–379. (2017-05-01). doi:10.1016/j.asd.2016.10.011. ISSN 1467-8039. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803916301669. 
  10. ^ a b Edgecombe, Gregory D. (2009-06-01). “Palaeontological and Molecular Evidence Linking Arthropods, Onychophorans, and other Ecdysozoa” (英語). Evolution: Education and Outreach 2 (2): 178–190. doi:10.1007/s12052-009-0118-3. ISSN 1936-6434. https://doi.org/10.1007/s12052-009-0118-3. 
  11. ^ a b 武田正倫「側節足動物たちと節足動物との系統関係」『無脊椎動物の多様性と系統(節足動物を除く)』、165-166頁。
  12. ^ a b c 白山義久「総合的観点からみた無脊椎動物の多様性と系統」『無脊椎動物の多様性と系統(節足動物を除く)』白山義久(編集)、岩槻邦男・馬渡峻輔(監修)、裳華房、2000年、p.24。ISBN 4785358289
  13. ^ a b Adoutte, A.; Balavoine, G.; Lartillot, N.; Lespinet, O.; Prud'homme, B.; de Rosa, R. (2000-04-25). “The new animal phylogeny: Reliability and implications” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 97 (9): 4453–4456. doi:10.1073/pnas.97.9.4453. ISSN 0027-8424. PMC: PMC34321. PMID 10781043. http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.97.9.4453. 
  14. ^ Lake, James A.; Raff, Rudolf A.; Garey, James R.; Rivera, Maria C.; Linford, Lawrence S.; Turbeville, James M.; Aguinaldo, Anna Marie A. (1997-05). “Evidence for a clade of nematodes, arthropods and other moulting animals” (英語). Nature 387 (6632): 489–493. doi:10.1038/387489a0. ISSN 1476-4687. https://www.nature.com/articles/387489a0. 
  15. ^ a b 上島励「節足動物の分子系統学、最近の展開」『節足動物の多様性と系統』石川良輔(編集)、岩槻邦男・馬渡峻輔(監修)、裳華房、2008年、31-37頁。ISBN 9784785358297
  16. ^ Riley, J.; Banaja, A. A.; James, J. L. (1978-08-01). “The phylogenetic relationships of the pentastomida: The case for their inclusion within the crustacea”. International Journal for Parasitology 8 (4): 245–254. doi:10.1016/0020-7519(78)90087-5. ISSN 0020-7519. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0020751978900875. 
  17. ^ Lavrov, Dennis V.; Brown, Wesley M.; Boore, Jeffrey L. (2004-03-07). “Phylogenetic position of the Pentastomida and (pan)crustacean relationships” (英語). Proceedings of the Royal Society of London. Series B: Biological Sciences 271 (1538): 537–544. doi:10.1098/rspb.2003.2631. ISSN 0962-8452. PMC: PMC1691615. PMID 15129965. https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rspb.2003.2631. 
  18. ^ a b c d e “Segmentation in Tardigrada and diversification of segmental patterns in Panarthropoda” (英語). Arthropod Structure & Development 46 (3): 328–340. (2017-05-01). doi:10.1016/j.asd.2016.10.005. ISSN 1467-8039. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803916301487. 
  19. ^ 宮崎勝己「節足動物全体の分類体系・系統の現状」『節足動物の多様性と系統』、14-15頁。
  20. ^ a b c Mayer, Georg; Martin, Christine; Rüdiger, Jan; Kauschke, Susann; Stevenson, Paul A; Poprawa, Izabela; Hohberg, Karin; Schill, Ralph O et al. (2013). “Selective neuronal staining in tardigrades and onychophorans provides insights into the evolution of segmental ganglia in panarthropods” (英語). BMC Evolutionary Biology 13 (1): 230. doi:10.1186/1471-2148-13-230. ISSN 1471-2148. http://bmcevolbiol.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2148-13-230. 
  21. ^ Mayer, Georg; Whitington, Paul M.; Sunnucks, Paul; Pflüger, Hans-Joachim (2010-08-21). “A revision of brain composition in Onychophora (velvet worms) suggests that the tritocerebrum evolved in arthropods”. BMC Evolutionary Biology 10 (1): 255. doi:10.1186/1471-2148-10-255. ISSN 1471-2148. PMC: PMC2933641. PMID 20727203. https://doi.org/10.1186/1471-2148-10-255. 
  22. ^ a b Martin, Christine; Mayer, Georg (2015-08-25). “Insights into the segmental identity of post-oral commissures and pharyngeal nerves in Onychophora based on retrograde fills”. BMC Neuroscience 16 (1): 53. doi:10.1186/s12868-015-0191-1. ISSN 1471-2202. PMC: PMC4549126. PMID 26303946. https://doi.org/10.1186/s12868-015-0191-1. 
  23. ^ 日本動物学会2018 pp.55-56, 70-71, 78-79
  24. ^ Rota-Stabelli, Omar; Daley, Allison C.; Pisani, Davide (2013-03-04). “Molecular Timetrees Reveal a Cambrian Colonization of Land and a New Scenario for Ecdysozoan Evolution”. Current Biology 23 (5): 392–398. doi:10.1016/j.cub.2013.01.026. ISSN 0960-9822. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960982213000298. 
  25. ^ Marlétaz, Ferdinand; Peijnenburg, Katja T.C.A.; Goto, Taichiro; Satoh, Noriyuki; Rokhsar, Daniel S. (2019-1). “A New Spiralian Phylogeny Places the Enigmatic Arrow Worms among Gnathiferans” (英語). Current Biology 29 (2): 312–318.e3. doi:10.1016/j.cub.2018.11.042. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0960982218315410.